凶悪の作品情報・感想・評価・動画配信

凶悪2013年製作の映画)

上映日:2013年09月21日

製作国:

上映時間:128分

3.6

あらすじ

「凶悪」に投稿された感想・評価

神キャスティング。
内容見なくても絶対におもしろいって確信してたし、実際に観て最高だった。
ピエール瀧が出てるヤクザ系の映画って名作ばっかです。
リリーフランキーのサイコパス具合もハマりすぎてます。
ほのか

ほのかの感想・評価

3.0
見終わっても胸糞悪い感じが残る

リリーフランキー怖いよなあ
奥さんに言われた楽しかったんでしょ、とか
最後にリリーフランキーに言われたこととか
うーん

このレビューはネタバレを含みます

リリーフランキーが本当に怖いのとこんなん本当にあったんかという気持ち、原作読みたい よく聞く言葉もやった側が言うのは違うこともあるよなと法廷のシーンで思った
ののも

ののもの感想・評価

4.0
リリーフランキーこえーーー
みんな流石の演技だった見事に入り込んだ
作中ずっと漂う不穏の雰囲気がもうなんとも言えんかった怖い
辛いシーン多すぎて休み休み見た(笑)心に残る映画だった体力使う
新潮45編集部編の「凶悪」が原作。
ノンフィクションです。
限りなく再現ドラマと捉えていいかも。
活字にし難い部分、行間を見事なまでに映像化したと思う。

実在した事件でその内容が狂気に満ち溢れている。
事もなげに、むしろ愉快な程に人を殺めていく人間が存在している。
現代の日本で。
映像化で原作にフィルター掛ける部分は掛けてはいるけど、その狂気は十二分に表現されていた。

更に原作には描かれる筈のない編集者の内面に迫った部分。
編集者藤井の気持ちの変化も狂気とは行かないがそっち系だったと思う。
ある程度までいったら、警察・司法に委ねてしまうもの。
けれど藤井は止らない。

「怪物と闘う者は、自らが怪物とならぬよう心せよ」byニーチェ
拘置所で対峙する藤井に"先生"が指さして「(ネタバレ自粛)」。
藤井の妻も「楽しかったんでしょ? こんな狂った事件・・・・・・・・・・・」
どちらも原作にはないシーン。
これはこれで軽い戦慄を覚えた。
自身が"正義"と定義しているものは、他者からすると"狂気"かもしれないね。
それならば、その狂気が一線を越えさせないものは何?
Ruuu

Ruuuの感想・評価

3.5
最後まで陰湿な空気が保たれていて、尚且つ後味がとても悪い。
『血』の生々しさが痛いほど伝わる演出、そしてリリーフランキーがめちゃくちゃ怖かった。とってもハマり役。
ピエール瀧とリリーフランキーの演技がえぐい。胸糞すぎてずっとしかめっ面して見てた。実話を元にしていると書いてあったので実際の事件についても調べてみたが、なかなか忠実に再現されているようです。山田くんが法廷で怒鳴ったセリフに共感。生きて罪を償う、は本人が口にする言葉ではないと個人的に感じました。
Na

Naの感想・評価

4.0
サイコパスにしてはちょっと明る過ぎるかな。それ以外は全員演技良かった。
39

39の感想・評価

3.7
リリーフランキーもピエールも悪い奴にしか見えない…実際にあった事件って怖すぎるわ
ユかイ

ユかイの感想・評価

2.0
演技はみなさん凄かったと思うけど、凶悪すぎて見るに忍びなかった。何度途中でやめようかと思ったか。
実話を元にしてるというのが余計に辛い。恐ろしい。
>|