凶悪の作品情報・感想・評価・動画配信

凶悪2013年製作の映画)

上映日:2013年09月21日

製作国:

上映時間:128分

3.6

あらすじ

「凶悪」に投稿された感想・評価

コル

コルの感想・評価

4.0
原作を読んでいたので、映画化されてすぐに観ました。
3人がとにかく濃いぃ。観終わった後は、この3人以外はありえないなーと思うくらいそれぞれハマっていた。特にリリーフランキーは怖すぎた、、、
ピエール瀧はほんとに凶悪だったわけだ。

映画としてのメッセージ?「あなたも凶悪なんですよ」ってすごい簡単に伝わってきたし、つまらないってこともなかったけど、ほんとに淡々と事実が映像化されただけって感じの映画でもう一捻り欲しかった。ピエール瀧が薬物に溺れてるシーンとかあればなあ〜。

もうちょい主人公である記者の家庭にフォーカス当ててくれてたら映画にする意味があったのでは?と思う。
ペティ

ペティの感想・評価

3.8
観たいけど絶対怖いからずっと気になっていたので
観てみました✨
想像どおりでした。
ピエール瀧さんとリリー・フランキーさんが見事に狂った役を演じていて、残酷な事件を元につくられたフィクションなのでこんな事件があったんだな…と思うと一気に重たくなってしまいました…

だけど裁判で山田孝之さんが言ったセリフが胸にささりました。
生々しいリアルさ

犯罪者は自分たちが異常なことには気づかない

記者の仕事も気が狂いそうだと感じられる作品
時系列難しい
ヤクザもジャーナリストも債務者もみんな演技凄い
実話なのさらにすごい、怖い
グロがほんとにグロ、ゲロもめっちゃゲロ
でもちゃんとじっくり見てないと理解追いつかないかんじ
こーゆー重い映画好みなんすよ。
お酒は程々に飲もうと思いました。
どこまでが実話なのか気になった。
実際の事件をもとにしているのもあって、面白いとかではないが、こういう人や世界もあるのかと知るきっかけになる。
評価には関係ないが、個人的にリリーフランキーが好きではない。この作品でも
ゆぅ

ゆぅの感想・評価

-
むりだ見れなかった。
怖い怖すぎる。
SAWとか観れるのに、日本のヤクザの拷問シーンとかレイプとかキツすぎる。
精神的に病みそうだから途中で止めました。
ayane

ayaneの感想・評価

3.0
すごく重たい話。実話。人をお金に変えてる社会的な描写。両親に借金がないか心配になったよ。。
山田孝之さんとピエール瀧さんというなんともタイムリーな2人の"凶"烈な一本。
流石、白石和彌監督、いい仕事してます。
これでもかというほど犯罪のてんこ盛りで、色々なエグいことが繰り広げられます。
主人公は山田孝之演じる週刊誌の記者。
個人的にあまり週刊誌の記者さんは好きではないですが、この主人公はなかなか魅力的でした。
あまり表情を変えず、淡々と喋る演技が上手いと思いました。
そして、ピエール瀧。
サイコパスヤクザ感が凄くて、本当に悪そう(本当に悪いですね)。
今はこんな瀧さんですが、是非復帰して欲しい。
あの狂気は決してアレのおかげだけではないはずです。
忘れてはいけない本作の本当の見どころリリー・フランキー。
冗談じゃなく、彼の笑い方やあの冷静さは鳥肌立つくらい恐ろしい。
いつもいい人役が多いだけに、すごい忘れられない強烈な印象が残りました。
それにしても、精神的に攻めてくるシーンの多いこと。
子どものすぐ近くでヤったり、子供に札束で遊ばせたり、プレゼントのランドセルからも札束が…
人肉を焼却した後のクリスマスのチキンも色々想像させてきます。
お爺さん殺しなど弱いものを痛めつけるのは本当に見苦しい。
一見、人命軽視のように思えますが、命の存在や大切さなんかも改めて実感させられる映画でした。
>|