ソロモンの偽証 前篇・事件の作品情報・感想・評価

ソロモンの偽証 前篇・事件2015年製作の映画)

上映日:2015年03月07日

製作国:

3.5

あらすじ

クリスマスの朝、雪の校庭に転落死した男子生徒。警察は自殺と判断したが、殺人の目撃者を名乗る告発状が学校に届く。告発された容疑者はクラスメート。過熱するマスコミ報道、無力な学校と親、新たな殺人計画、そして犠牲者がひとり、また一人。もう、大人たちに任せておけない。隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷されるー。

「ソロモンの偽証 前篇・事件」に投稿された感想・評価

華

華の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

学校で、実際に人が死んだ事件を扱った裁判を子供たちだけで開く、しかもそれに協力してくれる大人がいるなんて全くリアリティがないけど、意外に引き込まれて見てしまった。

自分の思い通りにことが進んで、暗くにやけてる樹里ちゃんが良い。
松子ちゃんがいい子過ぎて辛い。
sochan

sochanの感想・評価

3.5
最後のお母さんにバレるところ。。

あれはAVを家で家族共通のパソコンで見てたときを思い出したなぁー。。

あんな怖いことないよ。。笑

すげーところで終わった!
あっぱれ!監督さん!
ayu

ayuの感想・評価

3.0
大人がイメージする理想の勤勉真面目な中学生(でもちょっとは悩みがあったり闇もあるんだよ!←ここも大人の妄想)しか出てこなくてクソ気持ち悪かった
saki

sakiの感想・評価

-
松子ちゃん家族が好き!ホッコリ。
あと井上くんも捨てがたい。
何より松重さんがいい。。

このあとどうなるか楽しみはやくみなきゃ
宮部みゆき3部作を映画化。

ある日同級生の柏木くんが死んだ。
それは自殺か事故か、はたまた他殺かー。
混乱の中、差出人不明の告発状が届く。
「ボクは柏木くんを殺した犯人を知っている」

子どもの視点で見る大人たちの世間体を気にした言葉や行動があまりに滑稽で、あまりに醜い…。

真実は何か?
知る為の学校内裁判が始まるー。
原作を読んでいたので、話の内容はわかった上で鑑賞。
それでいうと、原作に忠実な方だと思った。ただ、やはりどうしても藤野涼子視点でしか進められないので、若干の物足りなさは感じた…。まぁ、全部描いてたらもっと長くなるので、仕方がないとは思いますが。
内容が重いだけに評価が難しいけど、後半に向けての布石は上手に打ってあったので、良かったのではないかと。
ただやっぱり、全体を通して長い。
謎を散りばめた前編。

約150分だけど、それほど長く感じなかった。イジメというか暴力シーンが多いけど、身体の傷よりも心の傷のほうが何倍も痛む...これが後編でどう回収されるか、期待。
前後編両方とも見た。
前編で???ってなってたけど、後編で納得
まさに事件編
後編の裁判編のための伏線なのであろうと思う。自分にはさっぱり分からないw
イジメのシーンは観ていて気分が悪くなった。
後編にも期待

このレビューはネタバレを含みます

こういう映画苦手。怖いんじゃなくて、事件のどこを見せたいのかわかりにくいし、事件よりも子供が気持ち悪い。大人がするはずのことを子供にさせたら面白いんちゃう?みたいな安易な考えに思える。
しかも学校は悪、っていう単純な構図。いじめの問題ってそこだけじゃない気がする。子供自身が無関心なこともあるんちゃうの。それがこの映画ではバンバン意見言って行動力ありまくり、そんなの嘘やん。
いじめの見て見ぬ振りはやめましょうって言いながらそれが出来なかったことにそもそもの問題があるのに、こんないきなりバンバン主張できるようになるか??いじめの存在がテーマになってるのに、学校の悪い対処ばかり目立って責任のすり替えが起きていない?
主人公の気持ちも、語りはあるけど心で感じられなくて入り込めない。
子役は頑張っているんだろうけど、そんなことこっちには関係ない。見続けるのはきつい。

結局、なんか無理になって途中で断念。
>|