ソロモンの偽証 前篇・事件の作品情報・感想・評価

ソロモンの偽証 前篇・事件2015年製作の映画)

上映日:2015年03月07日

製作国:

3.5

あらすじ

クリスマスの朝、校庭に転落死した男子生徒。その死は自殺か、殺人か―。 クリスマスの朝、雪の校庭に転落死した男子生徒。警察は自殺と判断したが、殺人の目撃者を名乗る告発状が学校に届く。告発された容疑者はクラスメート。 過熱するマスコミ報道、無力な学校と親、新たな殺人計画、そして犠牲者がひとり、また一人。もう、大人たちに任せておけない。隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷されるー。

「ソロモンの偽証 前篇・事件」に投稿された感想・評価

日本映画チャンネルを録画して鑑賞
前半はぐいぐいと物語に引き込まれる
後編が駄目なのが残念
YUSUKE

YUSUKEの感想・評価

2.9
内容は興味深いんだけど、長々しい。
見苦しい描写も多いし、微妙な配役も気になった。
あらすじを見て面白そうかなと思って借りてみたけど
見てる中で段々面白くなくなってきて前半終了
後編(裁判)への予告PVを見て
「原作:宮部みゆき」って出て
「あー・・・そりゃ俺、嫌いだわこの作品」と相成った
自分の肌に合う作家さんってのはいるけども
宮部作品はどれもこれも「だからなに?」と
キレたくなるほどに自分には合わないので映画も然り
出だしまでは面白いんだけどね、どれもこれも・・・
最後に向けての落とし方が根本的に好きじゃない
まだ前編(事件)は話の概要説明みたいなものなので
どういう感じかな、と推測しながら見てられたけど
うーん、柏木君嫌いだわw
まだいじめっ子の方が共感できてしまう辺りが;
ネム

ネムの感想・評価

-
バックを振り回しながらじゅりちゃんを助けに行ったまつこ、漫画みたいな子だなあ、実家が米屋って設定もいい、校長先生が辞任した話をした後に「こういう時こそ元気を出して歌いましょう!」と言って校歌が流れ出したの、狂気を感じた
はるや

はるやの感想・評価

3.5
気になるとこ気になるままだから後編が観たくなる
個人的には人が引かれて吹っ飛ばされるのはあまり好きじゃない
そのシーンだけで心臓がどきどき言う
大人のキャストの豪華さと中学生役の子達の上手さで、とても楽しめる
あきら

あきらの感想・評価

3.5
永作博美のインパクト、、
もっかい八日目の蝉みたくなった、
santasan

santasanの感想・評価

3.2
宮部さんの著書はいろいろ読んでいるけどこれは未読。柏木くん、三宅さん、大出くん、神原くんと深い闇を持つ中学生をまた揃えたもんだ。なんか永作さん演じる母さんが怖いんだけど…。
Ts

Tsの感想・評価

4.3
中学生が事件の真実を求めて、裁判を準備する。ここまでできる中学生がすごい!判事の井上くん、いいキャラしてる‼
2926

2926の感想・評価

1.9
永作博美のフェードインがクソ怖かったが、内容は全然面白くなかった。
nori007

nori007の感想・評価

3.0
原作者である宮部みゆきさんが地元の人なので、地元を舞台としている事が多い。今作も撮影は地方だけれども設定上は地元なのである。そんなわけで宮部作品にはとても愛着を感じてしまうのだけど、今作は前編である。何人かが死に、いくつかの事件が起こる。
それぞれの人物描写が丁重に描かれているのがいいのだが、さすがに前フリの作品としては少々長いとは思うのだが。。
>|