ソロモンの偽証 後篇・裁判の作品情報・感想・評価・動画配信

ソロモンの偽証 後篇・裁判2015年製作の映画)

上映日:2015年04月11日

製作国:

上映時間:146分

3.3

あらすじ

「ソロモンの偽証 後篇・裁判」に投稿された感想・評価

エザキ

エザキの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

楽しめたが、後半ラスト、真相パートがやや納得できなかった。

柏木くんの自殺理由がただの自己中ぽく見えてしまっているが、もっと周りを巻き込んだ挑戦としての描き方(あるいはその目的がハッキリとわからない)になっていれば、ラストの見え方が変わったかも。
PSC

PSCの感想・評価

2.9
シリアスなのと、裁判編なので画の動きが少な過ぎて前編より辛い点も。
展開がちょっと予測できるんだけど、やはり全体的に演者レベルが高くてストレス少なめ。
ただ、前編から通してちょっと長いな

56本目
Hachi

Hachiの感想・評価

2.2
演出とか台詞回しとか設定とか色々が教科書通りというか作り物っぽすぎて、主人公も最後までずっと優等生で、なんかしんどかった……
清水尋也くんはやっぱりかっこいいな〜
hn

hnの感想・評価

2.4
うーん…
なんか全体的にわざとらしく感じてしまって途中途中冷める
当時、映画館で観なくてよかった。
mao

maoの感想・評価

3.3
大どんでん返しはなくて、何となくこうかな…という通りではあったけど登場人物たちの感情の動きが丁寧に描かれていて良かった〜!

演技派が多くて見応えある!

何より柏木くんの言葉がナイフすぎてやめて…ってなった、、ドラマなら殺人事件起きちゃうやつだよ?

松子ちゃんや新人先生も不憫、、だけど終わり方は宮部みゆきっぽい!

このレビューはネタバレを含みます

前編の"嘘つきは大人のはじまり"というキャッチフレーズ最後の最後で効いてたなあ。確かに見たくないものに蓋をして見たいものだけ見るようになったり、心情を誤魔化したりする事は大人になって出来る術ですね。

柏木くんの怖さに巻き込まれた周りに同情する。大人でも怖い。

最初は皆バラバラで一人だったら負けそうになるようなものを各々抱えていた中で、裁判を通して各々皆が負けないという気持ちになって、負けなかったというのが結末として私は好きでした。
裁判のシーン、エキストラ含めて全員で芝居を作っている感じ凄く良かったな。
mako

makoの感想・評価

3.3
「中学生が自分たちで裁判をする」という新たなジャンルとしてはストーリー納得できる。

でもやっぱり中学生の意見にここまで大人が関与するのは現実的じゃないし、
柏木くんがただただ恐ろしい。え?ヤンデレ?ってなっちゃったごめん🥲

大人たち側の問題(DV、じゅりの母親、警察)にはあんまりスポットライト当てられず、ラストもその人たちがどうなったのか分からずなままでちょっと残念。

あと、黒島結菜ちゃんいたよね?
Yuta

Yutaの感想・評価

3.6
自分達の問題を自分達で解決することの最大の意味は、本人達が前に進めることにあるのかもしれない。
一言で言うと尻すぼみな作品だった。

前篇では上手くストーリーが展開されており、同級生の不可解な死を軸として揺れ動く周囲の心理過程が描かれていた。

しかし、後篇で実際に裁判が行われると「(本人達は真剣であるが)中学生のお遊びに保護者や教師といった大人達がここまで真剣(ムキ)になるか?」といった純粋な疑問を持ってしまい、あまり入り込めなかった。

全体としてつまらないわけではないが、当時の評判や予告等からかなり楽しみにしていたため、期待外れの結果となってしまい残念。
映録助

映録助の感想・評価

3.0
WOWOWオリジナルドラマとの比較で、もしかしたら話が全然違ったのではないかと思って確認のためにPrimeVideoで復習。

この裁判篇を見てドラマと映画では根本的に異なるところが出てきている。
映画ではマスコミが途中退散している。
中学生と高校生と年齢設定が異なっている。
父親の職業の変更とそれによるサイドストーリーの展開。

それはドラマの方に書くとして、演出の力でこうも違うのだと言う実感はある。
>|

あなたにおすすめの記事