ソロモンの偽証 後篇・裁判の作品情報・感想・評価

ソロモンの偽証 後篇・裁判2015年製作の映画)

上映日:2015年04月11日

製作国:

ジャンル:

3.2

あらすじ

校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。 誰がなぜ、嘘をついている? 被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。 意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。 一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。 また、死亡当夜の柏木卓也の…

校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。 誰がなぜ、嘘をついている? 被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。 意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。 一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。 また、死亡当夜の柏木卓也の足取りを追う中で、卓也の自宅にそれぞれ異なる場所の公衆電話より4回電話があったことが判明、涼子はこの4本の電話こそが事件の真相の鍵を握ると確信する。 校内裁判で告発状の真相を語りたいと出廷を表明する樹理、また時を同じくして、凄惨な過去を背負いながら真っすぐに生きようとする神原の姿勢に感化され、大出も出廷を決意する。朗報に心躍らせるクラスメートたち、しかし涼子はある人物への疑念が拭えない…。 遂に開廷される前代未聞の校内裁判、生徒・保護者ほか多くの傍聴人が押し寄せ、会場となった体育館は、異様な雰囲気に包まれる。 告発状、卓也死亡当夜の4本の電話ーそれらに隠された驚愕の真実が次々と判明していく。 なぜ、あなたは嘘をついたのか。 その嘘に隠された思いとはいったい―。

「ソロモンの偽証 後篇・裁判」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

3.3

48本目。

柏木くんがよくわからなかった。
板垣瑞生顔が良い、、、
裁判という大掛かりなことをやったけど、結局は中学生らしい気持ちの不安定さに終始した感じだった。気絶して倒れる演出が、過剰だった。
前篇はよかった。
ただ、、、

後篇。
正直に言うと、この物語の一番大きなQ&Aの組み合わせが、全然想像を超えてくれなかった…
という印象。

あと、自殺した子の

圧 倒 的 メ ン ヘ ラ 感。

それと裁判の後半からラスト。

ここで一気に失速したような。

裁判前半とかはかなり詰め方がよかったんだけど。
JUN

JUNの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

後半で一気に詰まらなくなった感が否めない。亡くなった生徒が何に悩んでいたのかの表現が少なかったので、癇癪を起こして衝動的に自殺したという受け取り方になってしまう。
おそらく小説だともっと心理描写を細かく描いてると思うだけに勿体なさが残る。
真相を知ると全然衝撃的ではないといった感想になる。
え?って感じ笑
裁判を起こした理由とか、おいおいおいってなる。
Mai

Maiの感想・評価

3.0
う〜んなるほど、、え、これ裁判、?な雰囲気もあったけど、やはり中学生(というか人間ワガママ?)だなあと思いました。
中学生でエネルギーがあるからこんなことができるのかなあ。
登場人物にまあその気持ちもわかるよって思ったとこともあったけど基本よく分からなかった。ちょっと損した。
しのぶ

しのぶの感想・評価

2.5
え? なにいい話風に終わらせてるの? が初見の感想。原作読んだらちょっと違うのかな…
人の死を土台に生きていく感じがしなかったし、「大人になると簡単には傷つかなくて、誤魔化すことばっかり上手くなっちゃう」大人になった主人公って、救いがなさすぎる。
あと柏木くんのバックボーン全く掘り下げないのもどうなの?と思った。原作もそうなら仕方ないけど、宮部みゆきに限ってそんなことはないはずなんだよな…たぶん…(原作読もうね…)
桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』みたいに終わるのかと思ったら全然違ってがっかりした。
当時、前編を映画館で見たときは衝撃を受けました。
これからどうなるんだろう…
犯人は誰なんだろう…とすごくワクワクしていたのですが、後編はすごく退屈で、犯人もなんだそりゃ…って感じに思えました。

個人的な意見ですが、宮部みゆきさんのミステリーは面白いけど、後半から疲れて、どうにでもなぁれ💫って感じで犯人を決めてる感じが多いと思います…
前編は面白いです
板垣くんの顔が(省略)
謎解きものとしてはウーンなかんじだけれど雰囲気良いから何回もみてしまう……
やな

やなの感想・評価

3.8
内容は…なんか伏線気づきやすい作りだなーって思った。中2ってそんくらいじゃなきゃわかんないから、年齢意識して作ってるのかな?にしても、裁判シーン、14歳じゃないけどね、あんなん。主役と判事役と弁護士役は確実に14歳じゃない。もっと感情に動かされまくる拙い子どもやん、あんなバリバリ裁判できる14歳おったら怖いわ。。ヤンキー役の子、「渇き」の小松菜奈に鼻の絆創膏剥がされる、あのいじめられラリっ子だと知って驚き。振れ幅広っ!どうでもいいけど、主役の子、芸名も藤野涼子やねんな。あと、永作博美のうざい感と黒木華のあざとい感がすきだった。
>|