ソロモンの偽証 後篇・裁判の作品情報・感想・評価

ソロモンの偽証 後篇・裁判2015年製作の映画)

上映日:2015年04月11日

製作国:

3.2

あらすじ

校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。 誰がなぜ、嘘をついている? 被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。 意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。 一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。 また、死亡当夜の柏木卓也の足取りを追…

校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。 誰がなぜ、嘘をついている? 被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。 意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。 一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。 また、死亡当夜の柏木卓也の足取りを追う中で、卓也の自宅にそれぞれ異なる場所の公衆電話より4回電話があったことが判明、涼子はこの4本の電話こそが事件の真相の鍵を握ると確信する。 校内裁判で告発状の真相を語りたいと出廷を表明する樹理、また時を同じくして、凄惨な過去を背負いながら真っすぐに生きようとする神原の姿勢に感化され、大出も出廷を決意する。朗報に心躍らせるクラスメートたち、しかし涼子はある人物への疑念が拭えない…。 遂に開廷される前代未聞の校内裁判、生徒・保護者ほか多くの傍聴人が押し寄せ、会場となった体育館は、異様な雰囲気に包まれる。 告発状、卓也死亡当夜の4本の電話ーそれらに隠された驚愕の真実が次々と判明していく。 なぜ、あなたは嘘をついたのか。 その嘘に隠された思いとはいったい―。

「ソロモンの偽証 後篇・裁判」に投稿された感想・評価

Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.5
・16/05/05:BD(R)【初鑑賞】
日本映画チャンネルを録画して鑑賞
前半までの盛り上がりはなく残念な後編
事件的にはしょうもないことなんだけど、この事をきっかけに大人になっていく人間ドラマな感じがして、前編も後編も飽きることなく観ました。
この映画の役名をそのまま芸名にした藤野涼子さんは出来上がり過ぎてて今仕込み中なのかな?そのうちきっと出てくるよねー!
やっとみ終わったー!

結局そーゆー感じかい!

たぶん深いんだろうけど、その深みを読み取れてないから微妙だった!!

面白くはないかな〜つまらないわけでもない!
YUSUKE

YUSUKEの感想・評価

3.0
本当に長々しすぎであり、陳腐な演出に寒気する場面がいくつかあり残念だった。
ただ、主演の演技でなんとか持ち堪えた。
りさ

りさの感想・評価

3.3
前半よりも多少作りが雑な気はしたけど、結末もわかり上手くまとまっていてすっきりした!
柏木くんのメンヘラ具合よ😂
たぶん一番の見せどころの「裁判」なんだろうけど
前編のレビューでも書いたが、俺は根本的に
宮部作品が合わないしむしろ嫌い
で、後半になればなるだけ「は?だからなに?!」と苛々が;
確かに裁判としての議題は1つなので
その議題に対しての判決は1つだけども
なーんか個々それぞれが論点ズレてってて
最後は最後でいい風な感じで終わってるけどサ・・・
コレ、現実だったらまず、イジメはなくならないよね
自殺を見捨てたことを隠してたことが原因で
報道過熱したり、いじめっ子が云々されてるわけでもなく
問題は「嘘の告発文を書いたことが全ての原因」なのだから
少し落ち着けばその事実に気付いてくるとなれば、ねぇ・・・
それにあの告発文の女の子の性格最悪だしでねぇ・・・
結局「自殺までの詳細は分かった」けども
だからと言って「問題が全て解決しました!」ということではない
過去作品でもそうだけど、そこ、うやむやにして
「大団円ですね☆」みたいに見せかけてる感じが本当に嫌い
自分達の謎は解けてスッキリした、って自己中な
それこそ偽善な行動でしかなかった未来しか見えない
そういう落とし方のドへたくそ感が自分に合わないので
後半が特に面白くなかった・・・かなり白けて見てしまった;
はるや

はるやの感想・評価

3.3
面白かった 前篇ほどではなかったにしても
ただ長いなあ
結局 かしわぎくんはなんだったんだ?
彼が一番よくわからんかった
裁判自体はおもしろかった
後半飽きたけど
あと松子の事故、あのY字路にあの雨の日にあの速度で突っ込んでくるトラックはいねーよ(笑) ふと思った
santasan

santasanの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

前編に続いて。中学生の裁判とはいえ真実を追い求めていく展開は、さすがに宮部さんらしくグイグイ引き込まれる。手加減を知らない真っ直ぐさゆえに嫌なガキになり、挙句に命を落とした柏木くんの心の闇が深すぎる。それに比べると神原くんや三宅さんはまだカワイイ。
nori007

nori007の感想・評価

3.5
何人かの不幸になってしまった生徒のために、その真実を突き止めるために学生だけで裁判を開くことになる。ちょうど日本でも裁判員制度が施行されるようになったために誰でも裁判員に選ばれる可能性はあるのだ。したがってこの映画はその予行演習としてちょうどいい。学生だけでやっているので敷居が低く感じるのだが、やっていることは大真面目。なので一般の人にも見やすくて娯楽としても面白い。

証人尋問を行う中で、さまざまな真実が明らかになっていく。なので前編は必ず見なくてはならないし、後編こそこの物語の本領でもある。しかしこれはあくまでも学校内で行う裁判である。人を罰するのが目的ではなく自分自身の内面に向き合うことこそが目的なのかもしれない。

石井杏奈が不細工メイク&ノーメイクによって可愛さを封印してかなり体当たりの役をやっているところがもっとも印象に残った。
>|