ソロモンの偽証 後篇・裁判の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ソロモンの偽証 後篇・裁判の作品情報・感想・評価

ソロモンの偽証 後篇・裁判2015年製作の映画)

上映日:2015年04月11日

製作国:

3.2

あらすじ

校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。 誰がなぜ、嘘をついている? 被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。 意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。 一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。 また、死亡当夜の柏木卓也の足取りを追…

校内裁判で明かされる同級生の謎の死の真相。 誰がなぜ、嘘をついている? 被告人・大出俊次が出廷を拒否したことで、校内裁判の開廷は絶望的となった。 意気消沈するクラスメートに対して、必ず大出を連れてくると神原和彦は約束し、大出の出廷に向けて奔走する。 一方で、藤野涼子も、浅井松子の死後、口を閉ざしたままの三宅樹理に校内裁判へ証人として出廷するよう説得を続ける。 また、死亡当夜の柏木卓也の足取りを追う中で、卓也の自宅にそれぞれ異なる場所の公衆電話より4回電話があったことが判明、涼子はこの4本の電話こそが事件の真相の鍵を握ると確信する。 校内裁判で告発状の真相を語りたいと出廷を表明する樹理、また時を同じくして、凄惨な過去を背負いながら真っすぐに生きようとする神原の姿勢に感化され、大出も出廷を決意する。朗報に心躍らせるクラスメートたち、しかし涼子はある人物への疑念が拭えない…。 遂に開廷される前代未聞の校内裁判、生徒・保護者ほか多くの傍聴人が押し寄せ、会場となった体育館は、異様な雰囲気に包まれる。 告発状、卓也死亡当夜の4本の電話ーそれらに隠された驚愕の真実が次々と判明していく。 なぜ、あなたは嘘をついたのか。 その嘘に隠された思いとはいったい―。

「ソロモンの偽証 後篇・裁判」に投稿された感想・評価

smile

smileの感想・評価

3.0
中学生だから成り立つホームルームのような裁判。自分に酔っているいるような感じがして若干の違和感。
自殺した親の子はどういう気持ちでこの裁判を傍聴していたのか?
評判悪いわりにはよかったと思う
たしかにもう少し柏木くんについて描かないと納得できない部分はある
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2015/7/10鑑賞(鑑賞メーターより転載)
引き続き機内で鑑賞。校内裁判が一気に展開される後編、それなりにドキドキする部分もあり、また主要人物から脇役に至るまで様々な人間性が丹念に描かれていて、一つの事件を多方面からアプローチした群像劇としては非常によく出来ていると感じた。そして主役の女の子の演技も見事。ただ、一部の登場人物の言動にまったくもって共感が沸かず、最初っからその話しとけよとか結局壮大なかまってちゃんじゃねえか、とか冷めた目で見てしまったことも事実。法廷ものに外れなしの原則?がこの校内裁判にあてはまるか非常に微妙なラインだが...
sachinda

sachindaの感想・評価

3.0
前半の方が面白い
uknmr

uknmrの感想・評価

-
ゲラゲラ笑った。
ふくみ

ふくみの感想・評価

3.4
映画やから削らなあかん部分が多いのは仕方ないけど、柏木くんの内面をもっと描いてほしかった〜〜!映画見てから本読むことをおすすめします
みんな自分を守りたい
でも、いろんなこと考えたり思ったり、体験したりしながら生きていくんだ
なるほど、ソロモンの偽証か…

一人のこじらせ男子の死から始まったこの事件を同級生たちは模擬裁判という形で解決しようとする
いろいろとあらの目立つ裁判だったけど、中学生であれをやりきるのはすごい

柏木くんという人物の掘り下げがなかったので、消化不良
原作は未読なので、どれだけ削ったのかはわかりませんが…
忍成

忍成の感想・評価

-
舞台が小規模箱庭なので見せ方として正しい……んだろうけど。この年頃ならではの純粋さ、残酷さ、優しさ、素直さ、傲慢さ、いろんなものがちりばめられてた。『誰も罰しない』とあるけど、これは社会的制裁なのでは?? それでも生きていくしかないんですよね私たち……
>|