ゴースト・ブライドの作品情報・感想・評価

ゴースト・ブライド2017年製作の映画)

Nevesta/HEBECTA/The Bride

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:95分

2.7

あらすじ

恋人のヴァンヤ(ヴィヤチェスラブ・チェブチェンコ)と婚約した女子大生のナスチャ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)は幸せに満ち溢れていた。2人は結婚式を挙げる為にヴァンヤの実家へと向った。不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家。この家に着いてから次々と幻想に襲われるナスチャ。彼女は死者を甦らせる惨劇の儀式の幻想を見る。それは、幻想ではなく、ヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世に甦らせる為の儀式の生贄と…

恋人のヴァンヤ(ヴィヤチェスラブ・チェブチェンコ)と婚約した女子大生のナスチャ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)は幸せに満ち溢れていた。2人は結婚式を挙げる為にヴァンヤの実家へと向った。不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家。この家に着いてから次々と幻想に襲われるナスチャ。彼女は死者を甦らせる惨劇の儀式の幻想を見る。それは、幻想ではなく、ヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世に甦らせる為の儀式の生贄として捧げられたナスチャ自身だった。彼女は花嫁<生贄>として、この家に迎えられたのだ。

「ゴースト・ブライド」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気はいいのですが、あっみたことあるの詰め合わせみたいな作品でした。
結果中途半端に終わったし、、
ってかイケメンくんがそもそも嫁を家に連れていかなきゃよかったんじゃない、、、
新しい身体を求める悪霊への生贄として主人公が選ばれるお話しです(^-^)

悪霊は映画ウーマン・イン・ブラックに登場する霊や、ロードオブザリングに登場するナズグル等と似た雰囲気な霊です。既視感があるのはご愛嬌です。

そこそこは面白いお話しでしたが、それほど怖くはないので、怖いのが苦手な人でも『そこそこ』楽しめるかと思います。
見易さ★★★ 怖さ★
ロシア産のホラーなんて珍しい…!っと思ってレンタル店にて手にとった作品。

じっくりと場面を映し出してくれるおかげで、各々のシーンが頭に浮かぶものの、特にここが良い!ってものが無く、何となく綺麗だったと言う感想です。

シーンも内容もちゃんと覚えているけど、おかわりはしないかな🍚
minami

minamiの感想・評価

3.0
かわいい顔した主人公なわりに下ネタぶっ込んでこない+過剰なグロもないところは好感度高め。でも逆になんであの主人公で正統派ホラーにしたんや…ともなった😂😂

「何か起こりそう」でずっと引っ張るので、展開はやくて霊がアグレッシブすぎる死霊館さんがちょっぴり恋しくなりました😃
Annu

Annuの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

怖くないし、不完全燃焼
監督、絶対途中で撮るの飽きたでしょw
来夢

来夢の感想・評価

3.3
『ゴースト・ブライド』
ロシア発のホラー映画。B級映画が大好き、和製ホラーが大好き、呪われた家系が大好き、ゴシックホラーが大好き。なんて、どれか一つに特化して好きな人には向かないかもしれない。なぜなら全部入っているから。リングとか黒沢清っぽかったり、アザーズとか悪魔の棲む家とかっぽかったり、ちょこっとヒッチコックっぽかったり、B級ホラーなみに突っ込みどころも多かったり。でもこんなにごちゃ混ぜなのに綺麗に纏まっていて、これまで観てきたホラー映画が走馬燈のように思い返される。で、別にべた褒めするような映画でもない。ってところまでお約束。面白かったよ。トッピング全部のせ的な贅沢感で。
taka

takaの感想・評価

2.9
情報なしでパッケージ借り、ロシア製って事もあり当りやったらいいなと観賞❗️
序盤の展開に期待値がぐんぐん上がった、薄気味悪く何かJホラーな雰囲気もあり好きな感じ、主演のカップルは何かアホっぽくて違和感あったけど(笑)
後半は伸びなやんだかな、テーマもストーリーもいい感じやっただけに残念でした。
19世紀半ばからロシア帝国で伝えられてきた死者を復活させる儀式で生贄になってしまった現代の花嫁が味わう恐怖を古典的サスペンス構造と伝承に基づき描き出す。

呪いの鏡の恐怖を描いた『ミラーズ 呪怨鏡』で脚光を浴びたスヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキーがメガホンを取る。

恋人のヴァンヤと婚約した女子大生ナスチャは結婚式を挙げるためにヴァンヤの実家を訪れる。

ナスチャはその家で死者を蘇らせる凄惨の儀式の幻想を見るようになる。

ところが実はそれは幻想ではなくナスチャは生贄としてこの家に迎えられていて。。。

う~ん。。。全然怖くなかった💦
予告であった冒頭の花嫁がいつ出てくるのかと待ち侘びていたら骸骨みたいなお化けが出てきて終わりを迎えたという。。。(笑)
終盤までかなり胸糞悪い
そしてそこそこ突っ込みどころは多い

振り返ってみれば彼氏が親族に既にセックスしたと報告すれば終わってた話
主人公の女子は可愛いけど、
おバカなの?
天然?
男子もそこそこイケメンだけど、
やっぱりおバカ!
好きな彼女を生贄にするため、
連れて帰って、
やっぱりダメってなるけど、
弱い!
女子もおバカだから、予想できない。
このカップルは何が良くて惹かれあったの?

何よりすごく怖いのは、
おうちの中で、
訳の分からない音が!
我が家は小さいけど、
古い一軒家なので、
家が軋むんです!
お隣?の足音が聞こえるんです。
怖いんですけど〜!

何よりひどい魔女?
処女でないといけないとか?
時代遅れよね!
そんなに一族を滅ぼしてたら、
自分が困るんじゃ?

って、ツッコミが入るけど、

そこそこ怖かった!
>|