牛乳王子の作品情報・感想・評価

牛乳王子2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:15分

4.0

「牛乳王子」に投稿された感想・評価

急にミュージカル始まったけど、牛乳吹き出しまくってるからマジ歌選手権なら強制終了だと思う。性癖をここまでブチまけてくれるとウケます。牛乳と血が混ざり合うといちごみるくみたい。
今更ながら死霊のはらわたを見て、これがサム・ライミにリスペクトを捧げていたんだとようやく気付いた。
傘の先端を尻にぶっ刺して噴き出る流血をその傘を開いて防ぐ一連の動きが天才的だと思った
nerdmatic

nerdmaticの感想・評価

4.0
エログロ、キッチュなセンスが凄まじい。

理性を停止し、趣味だけに能力を集中させればこういう作品ができるのだろうか…
おり

おりの感想・評価

4.5
すっごく不快感はあるけど、スカッとしててすごくいい。俳優さんたちもすごくいい。
なんと言ってもこの機械ちっくなガンガンした音がとてもいい。
エモエモは時代を先取りしすぎてて笑いました(笑)
グロいの苦手な人にはやっぱりおすすめできないけど、笑いもあり、何だかんだピュアピュアですごく良かった。
映画美学校ショーケースにて。パズルで見せた食い物をぶちまける不快な演出やミスミソウで見せた赤と白のコントラストなど、内藤監督の原点が見れる作品。改めて見ると凄い内容だ。
たー

たーの感想・評価

4.0
突き抜けた勢いと不快さ!
牛乳を口からタラーっとするところが本当に不快!
DDD

DDDの感想・評価

3.8
内藤瑛亮監督の初期作。
好きな女の子のブルマでナニしてしまった高校生男子の気が触れて、その子を傷つけかつ牛乳を口に含んでぶっかけるというサイケデリックな映像がすごかった。
血の赤と牛乳の白が混じり合って流れるのに気持ち悪さを覚えつつ、よくこんな絵を思いつくなと感心したり。

内藤監督といえば、痛かったり怖かったり不穏だったりという映像表現の特異性を感じるのだが、初期作からその特異性が出ていたのだなと実感した。
ストーリーテリングとしては、今観ているシーンが現実なのか妄想なのかわからなかったり、いきなりのミュージカルシーンに浮いている印象を持ったり気になるところもあるのだが、この作品は下手に手堅くまとめてしまってはつまらなくなるだろう。
傑作とは言えないが、とにかく忘れられない作品。
オール内藤瑛亮ナイトにて。
念願の作品をやっと観れた。映画美学校の初等科の卒業制作で、内藤監督の原点ともいえる作品。学生残酷映画祭の初代グランプリ作品でもある。

孤独な魂が「牛乳王子」として再生し、生前の彼を見下していた女学生たちに復讐するという暗黒青春物語。その名の由来は、口に含んだ牛乳をぶっかけ、非道の限りをつくすことから。
スプラッター的展開の中にミュージカル要素があったりと、インディー作品の自由さに満ちている。リア充爆発しろ!感が炸裂する荒々しさも好ましい。

もちろん暴力要素も盛りだくさんで、牛乳の白と血の赤がマーブル状に混ざりあう様が美しい。園子温『自転車吐息』で、モノクロなのに牛乳と血が混じりあう様に魅せられたのを思い出した。
そういえば、『孤高の遠吠』でクリームシチューに血がタラーっていう凄いシーンもあったな。

そういうインパクトの強いイメージに喚起され映画を作る監督なんですよね。
ベートーベンをバックトラックに化け物とチャンバラするイメージを長年温めてて、それが『ドロメ』になったって言ってたし。他の作品も然り。

今回の特集で上映された他の短編は、『消えて下さい』『教育刑事』『バケモノ家族トマト篇』『ナイスミルク』『廃棄少女』と、たいへんに貴重なラインナップ。
牛乳王子役の加藤真が常連だったらしく、彼のキャラクターの特異さと、発想の自由さ、しつこい非道行為が内藤監督の真髄であることを確認した。
学生残酷映画祭初代グランプリ作品

全編内藤監督の女性嫌悪が炸裂した圧巻のスプラッターミュージカル!
女子の顔面にひたすら牛乳をブチまけ、暴れ散らす牛乳王子の姿に一言バッサリと切り捨てる女子の一言、「キモチワルッ」

最高です。
>|