全員死刑の作品情報・感想・評価

全員死刑2017年製作の映画)

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:98分

3.3

あらすじ

家族想いの主人公タカノリは、情緒不安定な組長の父・テツジと、ヒステリックな母・ナオミを借金苦から救う為、兄・サトシと共に近所の資産家一家の現金強奪を実行する。しかしあまりにお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害し事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の人間狩りがはじまった―。

「全員死刑」に投稿された感想・評価

ロックでクリエイティブな殺人。
やっぱり邦画はバイオレンス。
猫山

猫山の感想・評価

3.0
何となく去年やってたなと思い見た〜〜
にゃるほどという感じだった!
作品自体は凄く好きだな〜と思ったけど猫山やっぱり輩は好きにはなれなかったなぁ
狼浪の血とかアウトレイジみたいなのは凄く好きなんだけどなんだろう輩が凄く苦手だった…
輩版冷たい熱帯魚的な感じかのう??


まぁでも猫山がこの人達やだなぁと思った時点でこの映画の何かは成功してるんだろうぁ
語彙力ないからなんて言っていいかわかんないんだけど└(՞ةڼ◔)」
楽しくは見れました俳優さん達も良きでしたどん
でもこのタイプの輩は凄く苦手だっただけなんだな何回言うのごめんなさいね
でもこういう題材は好きです、ので、またなんか観ようかなぁ

しかし熱い…猫さんが暑すぎて猫山に何か訴えかけてくる眼をしてきているよ…なんだい…どうしたんだい…?ひんやりシートでも買うかい??
守りたい猫の笑顔、快適な空間、そして安眠。
暑いけど猫さん顔面にもふもふしないとねれなくなっちまった!!!んはあああああああああああああああああああああああ!!!!!毛が舞う!!!
好きな人はホンマに面白いんやと思うなぁ~

やっぱり此の手の邦画は
無理( -᷄ω-᷅ )💭
ユーチューバーぶっさらうシーンと語尾の「じゃんね!」がよかったじゃんね
DVDで。

バイオレンスコメディ。
殺人は計画的に。

方言がかなりきつかったけどどこの方言だ?
観ました‼

実話ベース‼
終わってからきずくタイトルの意味‼(笑)

満足‼(笑)
ひ

ひの感想・評価

3.0
悪くはないけど冷たい熱帯魚ほどインパクトはない‥

でんでん出たら完ぺき

間宮祥太朗は良かった

このレビューはネタバレを含みます


うーん。難しいよね。

実話ベースでなければ…
面白い作品だと思う。

オリジナルな脚本だったらかなり
良きかなだけれど…

実際の人物たちの人柄、言動、行動、関係性が…基礎になるものがあってそれをオーバーにしたり、「そんな人物だからこんな事もしちゃうんじゃないの?」の妄想もいれつつのぷぷぷのぶっ飛び物語なんだけど…

実際のモデルがいるので、笑えなくなる。脳が拒否してる。
つーくらいコメディだった。

どうしても被害者がチラつくし、演者がみなキレッキレで面白いが故にグロやエロ、暴力シーンがふざけ過ぎてて…

頭おかしいんだけど方言の影響大で会話とか可愛らしいイントネーションとかチョイ面白くて魅力的なキャラになっちゃってるんで…
ダメだと思う。

異母兄弟だからなのか…
自分の愛してるはずの彼女を
交換する気色悪さとビビりなのに行き当たりばったりで簡単に人殺す外道さ。

やはりいくらフィクションですって謳ってもノンフィクションベースにするなら犯人に好意的な感情や同情が湧いてしまうセリフたちは違うと思う。まあ演者たちの上手さもあるんだけどね。

日本の実際の凶暴な事件の作品、
冷たい熱帯魚の時も思ったけど…
恐怖と笑いは背中合わせみたいな所があるのは認めるけど…
コント的というかお笑いベースが強い。滑稽が見え隠れしていつもふざけすぎだなあと思う。

まあ実際の犯人はコントばりに
馬鹿な家族なんだろうけど…
監督が鑑賞側になにを伝えたいのか…どんなことを感じて欲しいのか申し訳ないけど欲張っておふざけが過ぎて伝わってこないのが残念。

やっぱ家族全員死刑じゃけえの。

サイコパスほど頭は良くないけど
まず憎むべき人物である事は忘れてはダメ(^_^*)過ぎたるは及ばざるが如し。そんな百姓はおらん(苦笑)
キよ4

キよ4の感想・評価

-
借金に苦しむ極道家族の自己チューなやつらが苦しめる金貸し一家を皆殺しにしちゃうどこか冷たい熱帯魚を思い出させる(実際に製作陣が関与してるらしい)馬鹿どもの家族愛という名のもとにエスカレートしていくバイオレンス馬鹿映画
ジャンプカットとかロングショットとか移動カメラとかアップとかテロップとかあれこれ詰め込んだ結構凝ったカメラワークや演出のアイデアとかが若さ溢れる勢いを感じさせる前半は面白いけど中盤以降は中だるみしてたような感じ もっと弾けても良かったと思う
コメディなのかホラーなのか音楽ひとつでどうにも取れるのは音楽の力は恐ろしい
頭弾けるシーンや首絞めシーンなどの西村喜廣による特殊メイクアップによる特撮がグロくていい
デラックスカレープールとか工場夜景(1番のお気に入り)とか死神みたいな黒い影とか好き
死体愛好家らしきジイさんが主人公以上に狂気を秘めていて不気味
ドボルザークのスラブ舞曲第10番、ドビュッシーのバラード、リストの3つの夜想曲より愛の夢、チャイコフスキーのくるみ割り人形行進曲の既存の曲とアイドル歌謡みたいな他オリジナル曲とかを使用 音楽的知識(そんな大仰なもんか馬鹿なだけ)がないからくるみ割り人形行進曲しか知りません だからクラシックは嫌いだ笑
だからといってメタルコアバンドのハー・ネーム・イン・ブラッドも聞いたことないけどさ
そうだ パンチラ?もあった 最高!です
他の方と同様ですが若かりし日の園子温のよう。実際の事件が元でなければコメディ要素満載の熱気溢れる作品という感想になりましたが、日本でこんな事があるのかと思うと寒気が。日本ノワールと勝手に位置付けてみました。
>|