インサイドの作品情報・感想・評価

「インサイド」に投稿された感想・評価

mori

moriの感想・評価

3.3
本家「屋敷女」よりソフトで見やすくなってる印象です!過激なゴア映写もなく少し物足りない感じはありますが、ホラーが苦手な人でもこれなら大丈夫かなと!苦手なひとに屋敷女は絶対オススメできませんが笑
ポコ

ポコの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

不審者が来て怖かったら、ポストに鍵入れとかないでしょ。
別人が家の中に居たら、まず、入らないで警察呼ぼうよ。
警察も、一緒に行動しようよ。
相棒から目を離すな。
結局、旦那も母親も自分で殺してる。
大好きな映画の1つ『屋敷女』のリメイクと言う事で映画館に行こうと思ったけど限られた所でしか上映されず時間も合わなかったので見に行けませんでした(>_<)
と言う事でレンタルを楽しみに待っていました♪
『屋敷女』の見処の1つでもある痛々しいグロいシーンがほとんど無いじゃないかぁ~(*゚ε´*)
今回の作品ゎあまり痛くないぞ(笑)
でもそれなりにホラー映画としてハラハラ、ドキドキ出来る良い作品にゎなってると思う…
ぽいシーンも多々あってストーリーゎ変わってもこれゎこれで楽しめた(о´∀`о)
家の中での攻防にずっとハラハラドキドキでした。
女の執念と言うか、子をおもう母親の執念と言うか、両者絶対あきらめません。
でもラストは加害者の女に同情して被害者の方がヤナ女に見えてしまい、んっ?て感じになりました。

知らなかったけど、フランス映画のリメイクなんですね。
こっちの方は観ていませんが、かなりグロい衝撃的な作品だそうで、観てみたいと思います。
tunane

tunaneの感想・評価

2.9
事故で夫を亡くした妊婦さんの話。
展開は普通。難聴のために状況判断できないために脱出に手間取り次々犠牲者が増える。この辺りはホラーにありがちな鈍臭い脇役のせいもありますけど。
女性警官が二階に上がった時にいなかったのは無理じゃない?と違和感。

女性の狂気な行動は許せるものではないけど、女性の考えてた名前を侮辱するのは良くなくてスッキリはしない仕上がりでした。
ryo

ryoの感想・評価

3.6
フレンチホラーの「屋敷女」と「マーターズ」は色々ヤバくてトラウマになってる映画!

あのヤバイ屋敷女のリメイクという事で楽しみにしてたんだけど...

前半から恐怖感がなく難聴の設定いる?って思った。グロ控えめで屋敷女役も不気味さが足りず万人うけ狙ったのかなー...ただね!ラストの改変が自分好みで一気に点数上がりました。一本のホラー映画としては見やすいし普通に楽しめた!
Xavier

Xavierの感想・評価

3.6
狂気に取りつかれた女は……。間もなく子供が生まれようとしているサラは、定期健診後、夫と帰宅する途中サラの不注意により事故を起こし、夫を亡くしてしまう。サラ本人も補聴器無しでは音が聞こえない障害が残ってしまうが、幸いにもお腹の子供は無事だった。子供の出産だけを人生の支えとして、辛い日々を送るサラ。クリスマスイブの夜、眠りに着こうとしたその時家のドアをノックするする音が、ドアスコープから覗くと人影が。サラが中から問いかけると、車が故障したので電話を貸してくれないかとの返事が。不審に思いドアを開けず、断りの返事をし覗くと人影は消えていた。一応、警察にも通報し安心して眠りに着こうとするサラだったが……ザックリ言うとストーリーはこんな感じ。この後、サラは侵入してきた正体不明の女に襲われます。この描写が怖い怖い。"シャイニング"のジャック・ニコルソン張りに、逃げ込んだ浴室のドアに包丁を何回も突き刺すシーンなんてその最たるもの。なんでここまでするの?って思うぐらい執拗でサラを追い込んで行くんだよね。とにかく凄いの一言。後から解ったんだけど、フランス映画の"屋敷女"のリメイク作品らしいので、今度オリジナル版を観たいかな。
ミク

ミクの感想・評価

2.5
バットエンドで良かったのに…
なんか犯人の女の人が可哀想にも思える。謎。
べん

べんの感想・評価

3.0
屋敷女のリメイクらしいが屋敷女がまだ未見なので比べようがないのだが
ローラ・ハリングが美しくヤバいやつ
倒しても倒してもおってくるし怖い
王道の展開ですきなんだけど
ラストがコレジャナイ
何故という部分は回収されたけど
いい話のように終わらしていくのがイマイチ
このストーリー展開なら普通にバットエンドを期待した。その部分は残念
ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロがホラー界に放った戦慄の問題作「屋敷女」のリメイク作品。

基本的な話の流れはオリジナル版と変わらないが、結末が大幅に改変され、「屋敷女」での絶望のラストではなく、今作はちょっといい話になっている笑笑。

赤ちゃんを狙う不気味な女の恐ろしさや、恐怖演出、少しスプラッターなサイコスリラーとなって作り変えられてるのは一つのホラー映画としてはなかなか恐ろしい作品に仕上がっているのではないでしょうか。

色々と現代の規制にあまり引っかからない様にデリケートに作られているのがむず痒い出来栄え。R指定もついてないみたいだし。
洗面所での攻防は鋭いハサミが出て来た辺りから「屋敷女」でのひぇーーな痛いシーンを期待してしまいましたが、このシーンもデリケートな作りになってしまってましたね。

今作を見て、どれだけオリジナル版の「屋敷女」がとんでもないヤバイ映画だったのかが、よくわかります笑。

今作を見てオリジナル版が気になったからといって軽い好奇心で「屋敷女」を絶対に観てはダメですよ!!!それでも見たい人はレンタル版じゃなくて、セル版をオススメします!全部見えちゃいますから!!笑

冒頭の前書きで、年間に誘拐される胎児の10%は母体ごと誘拐され、10人のうち9人が………とまじで恐ろしいこと書いてあってそこが1番今作で怖かったです笑
>|