ドント・ブリーズの作品情報・感想・評価

ドント・ブリーズ2016年製作の映画)

Don't Breathe

上映日:2016年12月16日

製作国:

上映時間:88分

3.6

あらすじ

親と決別し街を出るため逃走資金が必要だったロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスと一緒に、大金を隠し持つと噂 される盲目の老人宅に強盗に入る。だが目は見えないが超人的な聴覚を持つ老人は、どんな“音”も逃さない<異常者>だっ た。真っ暗闇の家の中で追い詰められた若者たちは、怪しげな地下室にたどり着く。そこで目にした衝撃的な光景に、ロッキー の悲鳴が鳴り響く――。彼らはこ…

親と決別し街を出るため逃走資金が必要だったロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスと一緒に、大金を隠し持つと噂 される盲目の老人宅に強盗に入る。だが目は見えないが超人的な聴覚を持つ老人は、どんな“音”も逃さない<異常者>だっ た。真っ暗闇の家の中で追い詰められた若者たちは、怪しげな地下室にたどり着く。そこで目にした衝撃的な光景に、ロッキー の悲鳴が鳴り響く――。彼らはここから無傷で《脱出》できるのか―。

「ドント・ブリーズ」に投稿された感想・評価

見ている側も息を殺したくなる雰囲気
若者がなかなかに馬鹿でいろんな意味でドキドキした
ストーリー中じいさんの目きついて不審な点も多々あったけどわりと好きな映画
うーん、面白いんだけど、なんか現実味が無いのは何故?逆転に次ぐ逆転もドキドキするんだけど、イマイチのめり込めないのは何故?最初にあのシーン入れる必要あったかな?
ARICHE

ARICHEの感想・評価

3.5
主人公は女の人なのかしら?
物語って、大体主人公目線で追っていくモンだと思うけど、なんだか応援出来ないタイプ。
なので、終盤になるまでのかくれんぼはお金を守ろうとするじーちゃんを応援したいような、主人公一行を応援したいような、どっちの見方も出来ない感じでした。
しかしいくら自分の家とはいえ、ジジイ無双だろ…
明かりがあるところで音1つ立てられない緊張感が続いたり、暗闇の中で恐怖を煽ってきたりと老人の家というワンシチュエーションながら様々な方向で楽しませてくれる。

また見る前の予想に反して、スティーヴン・ラング演じる盲目の老人がドン引く程気持ち悪かったのも良かった。
a

aの感想・評価

3.1
終始ドキドキしてた
とにかく違う意味の恐ろしさ

ストーリーは謎なところもあったけど、ドキドキ感は楽しめた!!!

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!怖かったちゃ怖かったけど、どっちかというとハラハラドキドキ系だからちゃんと見れた。怖いより驚きかな。お化け屋敷みたいな感じ。

多分盲目って設定には無理がありすぎるあのじいちゃんの行動力があるから笑、若干滑稽に見えた部分はある。笑
冒頭の方の、すぐ横を通り過ぎてくとか無理あるやろ!あれだったら息遣いとかで気配には気づくやろ!みたいなね。
流石に地下から出るのを待ち伏せするとか、返り討ちにあって鎖で繋がれたのに瞬時に抜け出して追いかけて男の子ちゃんと撃ち殺すとかは無理やろーー笑

あとは例の問題シーンもソノハッソウハナカッタ感がすごいwwインパクトありすぎわろただったなぁ笑


そんな感じで設定には無理があるけど、まあ期待値はちゃんと達成してくれたなーという感じ。普通に面白かった。


20年に一度の恐怖作品は言い過ぎかな。
EIPiE

EIPiEの感想・評価

3.0
タイトル通り、たしかに息のしにくいシーンが続いた(ただし、終盤を除く)。

嫌いではないけど、登場人物全員が頭悪いというか、詰めが甘いというか、最後はハラハラしなかった。
2017 . 00 . 00 ▶︎ ▶︎ ▶︎ Date DVD
momoko

momokoの感想・評価

4.0
緊迫感や緊張感が続いて、気づいたら自分も息を殺してしまう。予想を二度も三度も覆され、最後までハラハラした。緊張感から解放されて、観終わった後も何故か心がざわざわするような、思い出すとまたハラハラする映画だった。
盲目爺さんの家に大金があるぞー!
って感じで家に忍び込んで頂こうとしたら、盲目爺さんは盲目無双サイコ爺さんでした。みたいな映画。

ホラーというより密室サスペンス。
盲目爺さんの家からお金取るとかクズ過ぎだろやべえってなるオープニングから、あの爺やべぇぞ殺せ!100回殺せ!ってなる展開で目まぐるしくシーンが変わります。

電気を落とされて暗転するシーンのスリルが半端無かった。ハラハラドキドキしたいなら、これ。
>|