見えない目撃者の作品情報・感想・評価・動画配信

『見えない目撃者』に投稿された感想・評価

ストーリー:
事故で弟と自身の視力を失ったシャオシン。
3年後、盲導犬のツォンツォンと一緒に暮らしていたシャオシンは遺品整理の帰り道にタクシーを利用し帰ろうとするが、その途中で事故が起きる。運転手は犬をはねたというが実際は人をはね。。。

感想:
日本版の『見えない目撃者』視聴済み。
ルー刑事がいいキャラしてるw。
日本のと比べるとバディ要素が強めかな?
これがオリジナルかな?と思ったらオリジナルはまた別であるらしい。
日本のは緊迫感があったが、こちらもそれなりに。
このシーンは中国版だとこうなんだと違いがあって面白い。
・冒頭びっくりしたんだが、練習中じゃなく、ライブ中のステージに上がってボーカルを無理やり連れて帰るって、非現実的過ぎる。いやいやそのライブどーなんのよ?って。
ちょっといきなりありえなさ過ぎて、大丈夫なんかこの映画?!ってびっくりしたわ。
で、姉がボーカルをライブ中に連れて帰るくらいのちゃちいバンドなのかと思っていたら全然そんなことなくてめっちゃ人気バンドだし、専用の練習スタジオまで持ってるし。
事件解決後、スケート男子がそのボーカルに納まっているのもおかし過ぎるう!!映画だからいいけど!

・盲導犬のツォンツォン、殺されたのはかわいそうだけど、演技力素晴らしかった。最期の瞬間の演じ方なんて、どう指導したんだろう???プロだなあ。日本の大根よりよっぽど名演技だった。

・前半はまあまあ、終盤は全然だめだった。だらだら長い犯人とのからみシーン、そんなに尺いらないだろ。イライラするだけだった。日本版は、中国版のダメなところを改善した感じがする。
SANAWO

SANAWOの感想・評価

3.8
交通事故で失明してしまった元警察学校の主人公が、乗り合わせたひき逃げタクシーの犯人を追う物語。

見えないけれどしっかり者の主人公と、パリピっぽい青年の証言の食い違いを読み解くミステリーから、バディものに展開していく過程が最高に面白い。

日本版が、いかにエンタメ性高くブラッシュアップされているか良くわかりました。日本版の方が好きだけど、中国版の方が現代的な設定で現実味があり入り込めました。
オリジナルは韓国『ブラインド』
の、中国版リメイク。
日本版リメイクは鑑賞済。
アマプラ配信終了間際だったので、駆け込み視聴してみたが…


うーん。
何か微妙だな。
設定とストーリー知ってても、楽しめると思ったけど何か微妙。

特に書きたい事もない。
全体的にスリラー感が弱い。
日本版は結構ハラハラした記憶あるけどなぁ…

やっぱり脚本一発勝負なのか。
いや、もっと観せ方あったと思うけどな。
オリジナルを観ないと解決しない問題。


刑事さんはケンドーコバヤシ
犯人はTHE BOOMの宮沢和史
スケボー青年は片寄涼太
主人公は仲間由紀恵っぽい人

このキャスティングで、もう1回リメイクしてみようか。
する訳ない。完。
aya

ayaの感想・評価

3.0
2022(735)

事故で失明した人が、当て逃げ目撃して
犯人から逃げます。ってやつです


3年くらいで普通に生活できるくらいになるんやね
ポテト

ポテトの感想・評価

4.0
これが本家だと思ってました…
ツォンツォンの演技が良くて泣いてしまった
miyuki

miyukiの感想・評価

-
終わりが微妙。
音楽ライブ中ツォンは警官👮‍♀️の姉シャオシンに家に🏠連れ戻される最中事故を起こしツォンは亡くなってしまう。その事故でシャオシンは目が見えなくなる。3年後、盲導犬🦮と二人暮らしに。ある日、実家に自分の家に戻ろうと雨の中☂️タクシー🚕に乗ったが運転手が何かをはねて逃げてしまった。犬だと言うがシャオシンは人だと思い警察へ。そのころ警察は女子大生失踪事件で忙しくしていてシャオシンの話を聞いてくれなかった。後日シャオシンの所にルー刑事が来て事件と関係があると思い聞き込みを。スケート少年チョンは賞金💰欲しさに警察に行きその車を🚘見たと言う。そして二人は犯人に狙われるようになり…
鑑賞記録

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
曲名:蟲兒飛(虫儿飞)

アーティスト:鹿晗 (ルハン)
曲名:勛章
8時だJ

8時だJの感想・評価

3.0
韓国映画「ブラインド」の同監督による中国版リメイク
数年前に日本版は観賞済み

事故により弟を亡くし盲目になった元警察官の女性が連続誘拐事件に巻き込まれていく

日本版を先に見てるせいか大筋はほぼ一緒だけど登場人物の深掘りが浅く大味に感じたしムダなシーンも多かった気も
日本版リメイクのが好き

犯人との対峙するシーンはハラハラしたし主演の女優さんの盲目演技かなり良き
アン・サンフン監督作品。
盲目の元女性警官が連続殺人鬼と偶然遭遇した事によって起きるサスペンス。

吉岡里帆主演の日本版リメイク作は3年前に鑑賞済み。
そのリメイク作品を先に見ているので今作の展開の衝撃度はどうしても薄くなってしまう。

むしろ日本版の方が残虐さは上だったような気がしますし。
もちろん今作の殺人鬼の異常さも気持ち悪いですが、それよりも盲目の元女性警官と弟代わりのイケメンがどう対抗するかがメイン。

双方に詰めの甘さがあり、やきもきさせられますが緊張感は最後まで続きます。
しかしどうしても日本版と比べてしまうとやや劣ってしまったかなと思う。
>|

あなたにおすすめの記事