マニカルニカ ジャーンシーの女王の作品情報・感想・評価

「マニカルニカ ジャーンシーの女王」に投稿された感想・評価

ワンコ

ワンコの感想・評価

4.0
1858年
1858年、この闘いの年、日本では、安政の大獄が起こり、江戸幕府が米英仏と通商条約を締結した。
所謂、不平等条約だ。
その後、日本は倒幕、維新が加速する。

インドでは反乱が鎮圧され、独立は第二次世界大戦後の1947年インド・パキスタンの分離独立まで待たなくてはならなかった。

日本は幸い外国に植民地化されることはなかったが、欧米列強同様、植民地政策を強化する。

植民地主義の禍根は大きい。
今もなお不安定化が続く、中東は石油利権を求めた欧州列強の陣取り合戦の名残だ。
独立後も、利権が自国にはなく、自分たちの為に農作物を作ることがほとんど出来なくなった地域もある。代表的なのは、バナナのプランテーションや、紅茶畑だ。
ここでは、苛烈な労働集約性が求められ、人々は植民地で働いていたのと同様な状況だったりする。

現在は、発展途上国の経済成長で状況は変化しているが、発展途上国の格差や民主化の遅れ、或いは、旧植民地で経済成長から取り残された地域の貧困などは、解決には程遠い。

映画は、冒頭のテロップで流れるように、脚色もあるし、ちょっと大袈裟なところもある。
あと、英国人役の俳優ははっきり言って、ヘタだ。

だが、この映画のように、自分たちの歴史を誇りを持って見つめ直そうとする動きは広がるような気がする。

確かに、ポピュリズムの為にナショナリズムを喚起するのは、どうかという意見はあるだろう。
だが、貧困から抜け出ようとするなか、先進諸国があの手この手で更に搾取を続けようとすれば、この動きは加速する気がする。
それほど、植民地主義は被植民地にとって侮辱的なのだ。

インドは、世界最大の民主主義選挙を実施している国だし、国民の祝日が多く、ヒンドゥー教のみならず、イスラム教、キリスト教、仏教、シーク教の祝日が設定されていて、宗教差別の軽減にも取り組んでいると思う。
しかし、一方で、特定の宗教を押さえ込もうとして起こる揉め事のニュースにも事欠かない。

世界が民主的で、特定の人種や宗教などで差別がないことを祈りたい。

映画のマニカルニカは、美しく、勇敢で魅力的だった。
mary

maryの感想・評価

4.0
戦争映画ってほんと苦手なのに全く飽きる隙がない展開だった。大満足!
どの程度関わってたのかは知らないけどDirected by カンガナーってすごくない?多才だなぁ。

女の人がめちゃくちゃ強いんだけどこれは『パドマーワト』の結末が受け入れられなかった人もおすすめしたいな。
史実だから結末は変えられないけれど、脚本次第でこんなに面白くなるもんなんだなぁ。バーフバリやバジュランギと同じくラージャマウリ監督のお父さんが書いてるそうだ。

それにしてもインドの歴史映画に出てくるイギリス人はほんとクズばかりだな。
エアインディアCMのあの人が全くLove india♡じゃないのジワるんだけど、あの人だよね。
つき

つきの感想・評価

3.4
壁にぶつかって挫折しかけたり自分の無力さに思い悩む、みたいな女性主人公にありがちな展開がほぼ無くて最後までノンストップで国をグイグイ引っ張っていく一人の女性の話。爽快で新鮮だった。
権力にも敵にも全く怯まない強い瞳が目に焼き付いて離れない。
内容も良かったけどマニカルニカの女神のような美しさを大きいスクリーンで堪能するだけでも観る価値あり。
2020年映画日記6
映画館で観たよ♡

1857年の「インド大反乱」において英国軍と戦った実在の女王を描いたスペクタクルアクションだよ~🐽💨『バーフバリ』のスタッフが手掛けてるだけにVFXたっぷりの戦闘シーンがなかなかよかったよ~👊👊👊
.
2020年20本目

インド映画要素をくまなく含んでて良かった!
思ってたより壮大な描き方でした。
磨

磨の感想・評価

3.4
“インドのジャンヌダルク”
インド大反乱(インドで起きたイギリスの植民地支配に対する民族的抵抗運動、反乱)の指導者で祖国に殉じたラクシュミー・バーイー(本名マニカルニカ)の人生を描く史実映画。

冒頭からこれでもかと言うほどイギリスが絶対悪として描かれています(最近ユニオンジャックにハマってるのでなんだか無念)。その大英帝国に対抗するラクシュミーの気高い美しさ、信念の揺るぎない強さがカッコ良すぎます。インドの女優さんはキレイですね!
映画的にはインドのジャンヌダルクよりも、インドのジョン・ウィックの方がしっくりくる無双モード、この辺りは脚色なのでしょう(笑)

彼女、現代でもインドの英雄として崇敬を集めています。日本ではゲームで登場、『Fate/Grand Order』に出てくるのですが、[苦手なもの:イギリス人]となっていました(苦笑)
初インド映画!
某ソシャゲで今作の主人公、ラクシュミー・バーイーを知り、興味を持ったので鑑賞。

史実を元にした映画なので、少々重い。
のだが、歌あり、ダンスあり、虎(CG)あり、戦闘シーンたっぷりの娯楽大作!
ロケーションやCGもすごいし、脚本もしっかりしているので、見応え十分。

とにかくラクシュミーが強い!
イギリス人達を論破する!
バッサバッサとなぎ倒す!
子どもを背負ったまま二刀流で戦う!
イギリス国旗を切り裂いて、突き進む!
それからローズ少将の悪夢のシーン^_^

ハリウッド映画にはない味わいを随所に感じる。

世界史で「セポイの反乱」って習ったなーぐらいの知識で観に行ったが、問題なし。
ただ、当時のインドの情勢を把握していた方がより今作を楽しめるのは間違いない。

欧米の作品以外も観て、様々な価値観や思想を感じ取るのも面白いなと思った。

「バーフバリ」も観てみようかな。
ino0jp

ino0jpの感想・評価

3.5
オススメです(o^^o)
ボリウッドに、戦うシーンはマトリックスに300ばりの見応え‼️
歴史のお話しなので、ジャンヌダルク同様、終わりはスッキリしないけど面白かったです。
かっこいい女性戦士🧕
plastic

plasticの感想・評価

3.5
上から読んでも下から読んでもマニカルニカとはならない系の作品。史実のようですが、どうしてもバーフ臭(因みに好みの臭いです)を払拭出来ません。そのモヤモヤに決着がついたのは、武器も持たずたった一人で無血開城する場面で、彼女に銃口を向ける兵士に同胞の兵士が「彼女はシヴァ神だ」と諫めた箇所、いいや敵将の悪夢として現れた瞬間でした。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.6
2020年初印活はなつさんのレビューで知ったこちら🇮🇳😚
史実系の🇮🇳映画はあまりみたことなかったが、闘いシーンの迫力が凄いのと、女性が強い作品が元々好きなので、後半は食い入るように観入ってしまった。最初の方人物の見分け(美女2人)がつかなくて戸惑ったが首のホクロで見分けられると気づいたので🤣、問題nothingでした🙆‍♀️笑
🇮🇳印映画56本目🇮🇳
>|