火花/テリ ~スパーク~の作品情報・感想・評価

「火花/テリ ~スパーク~」に投稿された感想・評価

第2回インド大映画祭③
まだまだ続く、インド大映画祭!
IMWJも含めた今期のラインナップの中でタイミングが合わず、ずっと見逃していたタミルの“大将”ヴィジャイ作品!やっと観る事が出来て嬉しい😂
ケララ州でパン屋を営むジョゼフ(ヴィジャイ)は娘と2人で暮らしていた。彼はある出来事から過去を隠し、この地に他所から移り住んでいたのだが、平穏な日々は続かなかった。彼の過去とは?なぜ過去を消さねばならなかったのか…
無双な主人公に、果てしない回想シーン…とタミル作品の王道。王道ということは、ある程度ストーリーが読めちゃう、ということなのだが、それでも突然の容赦無い衝撃展開には「そうなりますか…」と驚かされ、涙する。ヴィジャイ作品はそんな王道展開の中に、プラス社会問題的なテーマを入れ込んでくるのだが、今回はストレートに貧困問題と警察権力の腐敗がテーマだった。そりゃあ、庶民はヴィジャイを“神”と崇めたくなるよね。ヴィジャイって、よく息子とその亡き父の若い頃、といった2役を演じる事が多くて、今作の解説でも「2役を演じる」って書いてあったけど、あれって2役か?一応解説には「2役(?)」ってあるからセーフなんだろうけど(苦笑)。それにしても踊りのキレは流石。本当にタミル作品の群舞シーンは楽しい。同じタミル作品ということで、主人公の母親、ハゲの巡査、悪玉のうちのひとりと、脇を固めていた役者さんが先日観た「俺だって極道さ」に出ていた皆さんと被っていて、見覚えのあるのも良かった。
「マッキー」のサマンサさんも相変わらずの美しさ&ナイスバディだし、なんといってもメガネっ娘萌え💕なエイミー・ジャクソンがメチャクチャ良かった😍!その美しさ、メガネなんかじゃ全然隠しきれてないよー💕
エンドロールもNG集に、最後の最後に圧巻の群舞!と万全の締め!“大将”を存分に堪能できました😆
かくわ

かくわの感想・評価

4.0
勧善懲悪、完璧なまでのヒーロー、ダンス音楽🕺🕺🕺
コッテコテのタミル映画で、あっという間の160分でした👏

主演はタミル映画界のスター・ヴィジャイ。童顔なのにアクションやらせるとありえんカッコいい…!

--あらすじ--
ケーララ州でベーカリーを営むジョセフ(ヴィジャイ)。彼は小さな娘とともに幸せに暮らしていたが、彼には隠された過去があったのだった…。平穏な日々に突如として降りかかる暴力、次第に明らかになっていく事実。彼は一体誰なのか、なぜ過去を消さねばならなかったのかー?
※インド大映画祭公式HPより

2021-139-110
レク

レクの感想・評価

3.4
パン屋を営む父と娘の隠された過去。
レイプ、貧困と子どもたちの物乞い、政治家と警察の癒着などインドの社会問題を織り交ぜながら警察の暴力が正当化された勧善懲悪。
父親とは何か?教育とは何か?を壮大なドラマの中で訴える。
大将ヴィジャイのファンムービーとしては申し分ない。

ただ、この勧善懲悪を爽快と取るか、やりすぎと取るか。
ダークヒーロー的な立ち位置の主人公を警察官と置いたことがインド警察に対する皮肉と見るか、それとも裁かれない加害者への糾弾と見るか。
また、教育を訴えるテーマの中での主人公の正義の是非。
見方ひとつで如何ようにも解釈できてしまうこと自体が、この映画のメッセージのブレそのものを露呈してしまっているのではないかと思ってしまった。

このレビューはネタバレを含みます

大インド映画祭で観賞。
インド映画成分を多量に摂取できました🇮🇳
でもお話はnot for me でした。

私は、やってることは「ダークヒーロー」なのに、「ヒーロー」として描かれると楽しめないんだなと気づいた。

レイプ犯をヴィジャイが明らかに私刑といえるような形で殺した時点から引っ掛かって、その後も「ヒーロー」として描かれながらも復讐していくのがとてももやった。
ヴィジャイ映画だからヴィジャイがヒーローとして描かれるのはそりゃ当然なんだけども。

あそこで制裁していなかったら、悪人が裁かれることなくのさばるままというのは分かるんだけど、それでも、ヒーローとしての警察官が明確な殺意をもって私刑を行うのは私にはダメだった。全くスッキリできない。楽しめない。
せめて懲らしめる程度にとどめて欲しい。
もしくは、捕まえて、被害者たちに引き渡して被害者たちの手によって制裁されるとかなら気にならなかった。

これが、警察官をやめて復讐の鬼となって裏社会の住人として悪人たちに制裁する···!とかならダークヒーローとしてすんなり楽しめるんですけど。

フィクションであっても「正義の警察官」がこんなことをしてほしくはなかったな···

あと高層ビルから落として殺された悪人の死体を、被害者の子供が見つめながらチョコ食べて笑う描写が、意趣返しとはいえ下品な趣味の悪いものに感じてしまってあかんかった。完全に私個人の感覚だけど。

ヒロインの死はすごいツッコんでしまった。
撃たれて即死したかと思いきや、いきなり息を吹き返して、子どもを助けるだけ助けたら、火事場の馬鹿力とはいえわりと元気だったのにそのあとまたすぐバタンと死ぬという···しかも撃たれた場所が腰にしか見えなくて、実際問題はともかく、フィクションの描写としてはそんなすぐ死ぬようなケガにみえないからえええー···って感じだった。

でもあくまで私に合わないだけなので、もりもりコテコテ王道インド映画としては楽しい作品だと思います。
ahoy

ahoyの感想・評価

4.5
インド大映画祭にて

ベビーフェイスだけど、過去を抱えた男! (劇中内でも言われまくる)カッコいいアクションあり、ダンスあり、ロマンスあり、悲劇ありで盛りだくさんでした!

テーマソングなどもかっこよくてヴィジャイさんがとにかく良かったです。最高!
みぽち

みぽちの感想・評価

5.0
あ〜あ、最高すぎてレビュー書けん😩たくさん笑って、ちょいちょい泣かされ怒りも芽生え…感情が忙しくなったが、すっっっっっンばらしかった!上映1日目では拍手起きてたみたい…またチキってしまって🐓できなかったが、心の中ではたくさん拍手して、脳内スタンディングオベーションもして、脳内雄叫びもあげた🤣👏👏👏👏
体感時間はリアルに述べても30分🤣期間中に絶対もう一回行く!!ご馳走様でした〜🤤💖
ヴィジャイさん、結構やりたい放題だったな〜さすがです。
ヴィジャイかっこいいぜ!バーン!!みたいな展開と踊りダンスには、やっぱりワクワクする。インド映画、色んなテイストあるけどこの定番のノリも好きです。
ただ、警官なのにこの行為はちょっといただけないかなと思いました。
ダークヒーローものとしてそこが気になりました。

IDE2021
パンチにつぐパンチからのパンチ!何ともパンチのある映画だったー!すごかったー!!

しばし癒しの微笑ましい時間にうふふとしてたら、ずどーーーんと衝撃展開にうぎゃっとなって、だだだーーーっと色々起きて、うふふっとするラストシーン。
ポスターのヴィジャイさん…そういう意味なのねー🤔フムフム

エンドロールの意味不明レベルにも笑っちゃうよね、うふふ。

エイミー・ジャクソンの無駄遣い感があったけど、相変わらずビックリするくらいの美しさで、目の保養になった。
もちろんサマンタちゃんも激かわだったけどね!
てるる

てるるの感想・評価

4.2
インド大映画祭2021①本目

着々とタラパティアンの道を進むワテクシです。

タミル映画の大スター「大将」ことヴィジャイさん主演の2016年作品。

こんなに最高の俳優なのになかなか正式に日本に入ってこないので悶々とする日々を送ってますが、IDEさんのおかげでスクリーンで日本語字幕付きで観られたの僥倖でしかない!

オープニングからヴィジャイさんと娘ちゃんのやり取りが微笑ましい。
もう出てくるだけでニヤニヤしちゃうw
回想シーンではそこそこコメディ感もあり、ラブコメ感もあり。

ただし、そこは南インド映画。
そんなほっこりだけでは終わりません。

なかなかの悪党が出てきて、なかなかエグい話になっていく。

途中までゴリゴリに悪役に対するヘイトを溜めに溜めてからのヴィジャイさん登場に痺れる憧れるゥ!!!

正直、中盤で警官なのにアレは大丈夫なのか?と思ったりもしたので(個人的には拍手喝采👏)、モラル重視の人は注意。

しかしメガネなヴィジャイさんや、ラブコメなヴィジャイさん、ラストは○○なヴィジャイさんまで、新たな魅力を発見出来る作品。

娘の男の子友達に大人気ない対応しちゃうのとか面白可愛すぎた🤣
あとインターミッションがカッコよすぎぃいいいい🥺

ヒロイン役には傑作「24」のサマンタちゃん。
娘役の子は「ムトゥ踊るマハラジャ」のヒロインの娘さんなんだとか。
ちなみにヴィジャイさんの実娘も出てたらしきけど、どこ?!

ちなみにヴィジャイさんの部下というか相棒という役どころのハゲチャビン・ラージェンドランさん良かった!
声が激渋!!!

劇中にも出てくるけど、レイプ大国とも言われ、被害者が泣き寝入りすることも多いインド。
そんな状況でヒーロー(というか神!)の如く降臨する姿に、タミルの人々は熱狂するのだろうな。
面白い勧善懲悪ムービーでした!
誤脂

誤脂の感想・評価

-
細けぇ事ぁいーんだよ。
カッコいい男女が手に汗握らせ(ベタに)笑わせ(クサく)泣かせ歌い踊る。
新宿コマ劇場にはとバスで来たつもりで身を委ねろ。
>|

あなたにおすすめの記事