いきうつしの作品情報・感想・評価

いきうつし2018年製作の映画)

上映日:2021年06月26日

製作国:

上映時間:30分

3.5

あらすじ

「いきうつし」に投稿された感想・評価

AGO

AGOの感想・評価

3.5
6月27日
池袋シネマ・ロサにて

出演者は二人しかいないですけど、
1人何役もやられていて、
細かな表現手法で、
自分は好きな作品でした🎵
てぃと

てぃとの感想・評価

4.4
田中晴菜監督特集『いきうつし/ぬけがら』『幸福な装置』シネマロサのスクリーンにて、
久しぶりの『いきうつし』ですが 大画面で観るのは初めて!岡さんと笠原さん二人芝居すっかりスクリーンに引き込まれました。
『ぬけがら』長谷川さんの行動で全てを伝える。田中一平さんとの言葉以上のやりとりが伝わる
そして期待しかない「幸福な装置』!
「いきうつし』エムズカンティーナでのイベントで何回か観ていますがやはり大きなスクリーンでの鑑賞は格別。本当に人形のような笠原千尋さんと岡慶悟さんの色気が際立つ。高山監督の『とうめいな生き物たち』試写以来お目にかかれた岡さんはやはり素敵でした。
美しいセリフ、一人に何役もさせる表現手法、こだわった美術、監督独自の世界観を作っている。
インディペンデントである意味を感じる作品だった。
二人芝居でそれぞれ、複数の人物を演じ分けていて、その違いが分かる。
時代を感じさせる撮影も、上手かった。
カーズ

カーズの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

なんか、人が美しい、
映像全体が美しい、

音楽も心を揺らす

なんとも不思議な空間に迷い混んだ感じ。

生き人形

初めて聞いた。

最後のシーンが、個人的には
好きでした。

本当は、椿が亀八と出掛けられたらよかったんだけどね(批判では、ありません。)

QRコードを頂いたので、
インタビューを見たんですが、

キャストが二人だけだったのにも
驚きました。
Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.0
始まり方と昭和レトロ漂う雰囲気は好みだったけど、勿体無さも感じてしまう。面白いけど、何だろうな、何かが足りない。普通。次回作に期待。
生きうつしの人形を作る仏師と不治の病の娘の物語。30分の短編映画だけれど、映画の雰囲気と艶っぽさのある役者がとても良かった。長編でもじっくりと観てみたい。次回作に期待!
出だしでグッと引き込まれました。
そこから乱歩のような世界観の
雰囲気が続きます。
一人何役もこなした役者さんもすごいけど、
会社員として働きながらこの映画を
製作した監督さんは本当にすごい。
次回作が楽しみです。
剛

剛の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

世界観に凄く魅入られました。
こだわりを感じます。
夜寝室のシーン以降が特に凄く美しいんですよね。

キャストが2人だけという仕掛けには驚きました。まさに人というものは作中の人形のように自由自在に作れ写せるのだなと思います。
ななな

なななの感想・評価

4.2
人形作成で生計を立ててる男が、ある土地の名士から娘そっくりの等身大人形の作成を依頼される話。
キャストが男女2人だけで何役もやってることがすごい。人形作成の過程とかもう少し見たいなと思ったけど、とにかく雰囲気がすごく好きで切なくて素敵な作品でした。
>|

あなたにおすすめの記事