シネマ歌舞伎 喜撰/棒しばりの作品情報・感想・評価

「シネマ歌舞伎 喜撰/棒しばり」に投稿された感想・評価

今は亡きお2人の華のある名演素晴らしかったです。

勘三郎さんの演技に引き込まれ三津五郎さんの踊りに魅了されました。
喜撰では若手役者さん勢揃いの踊りにも目が行きます。

ただアナログ映像が元なので…それだけが残念❗
シネマ歌舞伎を観たのは初めてで、どうコメントしてよいか...
「棒しばり」は13年前で画像が荒いのが残念。でも今は亡き勘三郎と三津五郎の名演には大笑いできた。勘三郎はすごい役者だった。「喜撰」も三津五郎。私は舞踊はちょっと苦手。
今度は、阿弖流為とかヤマトタケルとか観よう。
Sammy

Sammyの感想・評価

4.0
棒しばり。楽しかった。棒に縛られていなかったら本当はどう踊られている踊りなのか、それとも、棒しばり前提の踊りなのか、気になってしまった。

喜撰は、下半身の動きに目がいった。腰を落とした体勢で、よくもまぁ、あれだけ長い時間、踊っていられるものだなぁ、、、と驚き。

一人、とても声の気に入った方がいて、名前を知りたいなぁと思った。

そして、たくさんの坊主の中で、手の動かし方がきれいな方がいた。

次回から要チェックだ!と思える人がいる作品は、とても良いと思う。
シネマ歌舞伎にハマり過ぎててすみません。
今日は、故・三津五郎さん、故・勘三郎さんの元気なお姿をスクリーンで拝見し、私も元気を頂いた…と言いたいところですが、睡眠時間3時間足らずで行ったこともあり、第二部の喜撰、失礼ながらまるまる寝ちゃいました…舞踏メインはダメだわーやっぱり私、寝ちゃうー。。。

作品が退屈で寝たわけではなく、あくまでも私の好みの問題なのですが、舞踏メインじゃなく長い1作品が見たいです。小説も長い長い大作が好きで短編集はあまり好きじゃないです。

実は今日、日本語がやや分かるスペイン人の友達(大学生の男の子)を連れて行ったのですが、棒しばり、とても楽しかった!と喜んでいました!
あの時代の言葉遣いが分からなくても、歌舞伎はろくに知らなくても十分楽しめるということの現れです!逆に複雑なストーリーの長編は理解するのが大変だったと思うので、来日中にこの演目を見せてあげられて良かった~。
今から来月の四谷怪談が超楽しみで楽しみで。
9月30日から一週間の上映になります、ぜひよろしくお願いします♪
なん

なんの感想・評価

4.0
人生初の歌舞伎、シネマ歌舞伎!\(^o^)/
mako

makoの感想・評価

3.4
故坂東三津五郎さんの代表2作。棒縛りは見どころも事前に分かっていたし、勘三郎さんとの掛け合いもテンポ良くて楽しく観られた。喜撰はちょっと退屈な感じで眠かったかも…舞踊だしね。