21ブリッジの作品情報・感想・評価・動画配信

「21ブリッジ」に投稿された感想・評価

大豆

大豆の感想・評価

3.5
感情移入するのだから、主人公がカッコいいことは大事
ある程度有能かつルックスもよいのが望ましい
この作品の主人公はどちらも兼ね備えており好感が持てる
チャドウィック・ボーズマンは好きな俳優なのでもう観られないと思うと残念だ
遺作ではないが、チャドウィック・ボーズマンの最後の劇場出演作となる本作。

8人の警官殺しが発生した大量のコカイン奪取事件。
そこから刑事のデイビスは事態を鑑み、マンハッタン州に繋がる21の橋を封鎖することを提案し、犯人の2人組を追っていく。

決してこの映画盛大に褒めるような中身ではない。
中盤辺りから黒幕はバレバレだし、刑事ものでは、またそのネタかという題材だし。

だがチャドウィック・ボーズマン自体は揺るがない。
既に病魔は忍び寄っていたのだろう。頬は明らかに痩せこけているし、意図したのか格闘戦はほとんどなく、銃撃戦のみにアクションを絞っている。

銃器類を含めてリアルに見せている点はハラハラするし、ラストにある人物がしゃべる件は警官たちの実情も実際それに近いのだろうなと推測もできる。

いずれにせよチャドウィック・ボーズマンの最後の勇姿を見届けることができた。
本当に良い俳優を失ったのが残念。
橋、そんなに出てこなくない?

チャド、もう観れないのが悲しい。
主役を演じたチャドウィック・ポーズマンの遺作となってしまったこの作品。

亡き警察官だった父親が任務中に殉職してしまった過去を持つ正義感が強い刑事の活躍を描いたアクション映画でした。

そんな彼の担当するマンハッタン島での麻薬取締中に警察官が殺害されてしまう事件が発生する。事件の捜査の真っただ中に飛び込んだ彼は麻薬組織を一網打尽にする為にマンハッタン島に通じる21の橋を封鎖する指示を出す。

だが彼は警察官の中に不審な行動が有る事を掴み単身で悪に立ち向かっていくのだった・・・

なかなかテンポの良いクライム・アクションで見応えが有って楽しめました。それにしても彼は魅力あふれる俳優さんで残念な事だと思います。

私は強烈な印象の演技に接するとその俳優さんのイメージとして直ぐには忘れることが出来ない事があります。

この作品では『セッション』で強烈な音楽教師を演じたJ・K・シモンズのその後の作品で演じるキャラが未だに受け入れる事が出来ずにいます。

私の想いは可笑しいのでしょうか(笑)。
テイラーキッチュ目当てで観た…(不純)
軍人系の演技上手いよなぁ〜
映画本編のストーリーは面白かったけど、刑事物にありがち?なんか既視感を覚えるというか
だからこそサクッと観れてよかった
Saki

Sakiの感想・評価

3.0
軽く見れる。
最近、映画が配信されるの早くない?嬉しいけど映画館へ向かう足が重くなっちゃう。

自分が何かの間違いで捕まりそうになった時、ちゃんと話を聞いて信じてくれる、こんな刑事が近くにいたらいいな。っていう浅はかな感想。
スエ

スエの感想・評価

3.8
スクリーンで観たかった!
ウェルメイドなクライムサスペンスという余韻。ひとつの街・限られた時間の中で追いつ追われつ、双方を描くっていう作劇は何故か懐かしいスリリングさも感じました。

やはり作品の要点としては、立場は異なるものの、共にクレバーで「理由なく殺したりはしない」鏡像のような黒人ふたりの存在と行動が、BLMを想起させる筋立てです。
盛り込みたいメッセージを端々に感じるところあるのですが、物語の展開に手一杯で深め切れてないようにも感じました。

ほろ苦い表情とラストカットの美しさは、控えめ加減も良くグッときました。ともあれ私はなかなか佳作だと思います。
普通に面白かったです。こういう単純なストーリーでサクッと観やすいアクション映画はいいですね。アクション映画のストーリーは単純でいい。深夜が舞台なのも良かったです。

ブラックパンサーのチャドウィック・ボーズマンが主演したクライム・アクション。

マンハッタン島で強盗事件が発生し、銃撃戦の末に警察官が殺害された。捜査に乗り出したのは、警察官だった父を殺された過去を持つデイビス刑事。マンハッタンを全面封鎖して犯人の行方を追うが、事件の真相に迫るうちに思わぬ事実が浮かび上がる。孤立無援となったデイビス刑事は、事件の裏に潜むニューヨークの闇に立ち向かうが……。

麻薬密輸を仕切る真の悪人が誰か? 
理想を胸に警官となったデイビスが「正しい事とは何なのか」という現実を問われていく。
Nao

Naoの感想・評価

3.6
最初の違和感はそういうことだったのかと、最後にはなんとか着地
Chadwick Bosemanの頭がキレすぎるデカ役良かった

2022-26
>|

あなたにおすすめの記事