21ブリッジの作品情報・感想・評価

「21ブリッジ」に投稿された感想・評価

素数

素数の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画館で鑑賞。
警官を殺してコカインを奪った強盗を追いかける刑事の話。
序盤で筋が読めてしまったけど最後まで面白かった。
強盗の一人、マイケルはもっと掘り下げていいキャラだった。
チャド演じる刑事とマイケルのチェイスシーン激しくて手に汗握った。特にマイケルの身体能力すごかった。
チャドは闘病中で痩せてたみたいで、スーツが体に合ってない感じだったのがつらかった。
2020年8月に逝去されたチャドウィック・ボーズマンさんの最後の主演作。

本当に闘病中に撮影されたのかと疑ってしまうほどのチャドウィック・ボーズマンさんの演技とキレのあるアクションに目が釘付けになりました。
これがノースタントというのだから驚き。


主役はチャドウィック・ボーズマンさん演じる警察官のアンドレですが、終盤近くまで犯人役の1人であるマイケルとのW主人公の様な形でアンドレとマイケル両方視点からストーリーが描かれます。
そのため読み易い展開ではあるものの、操作が進むにつれ疑心暗鬼になるアンドレと、警察に追われるマイケルという両方の違ったスリルが味わえるためまったく飽きることなく見られました。

序盤の警官と犯人の銃撃戦から迫力があり、勢いそのままにテンポよく進み、銃撃戦などのアクションシーンも多いのも飽きないポイントで、W主人公の構造的に観客には真犯人が早く特定される事を割り切ってテンポを早めている気がしました。


チャドウィック・ボーズマンさんの最終主演作に相応しい作品。それを抜きにしても良作。

とはいえブラックパンサー2で活躍するチャドウィック・ボーズマンさんを見たかった…
軽快なテンポで観る者を引き付けるクライムアクション。後半展開読めてしまうのが残念。

このレビューはネタバレを含みます

チャドウィックボーズマンの警官役は良かったです本当に。ご冥福をお祈りします。

冒頭見てたら、「ハズレかな?」と思っていましたが、何となく着地は予想がついていたものの、面白かったです。

よくある「本当の黒幕は警察」モノなのですが、最初は黒幕がわからずとても不思議に思いましたね。
結局、「正義とは?」とか、もっと具体的に言うと「正当防衛とは?」とか「いきなり射殺していいのか?」問題になるんですが、それを正当防衛の名の下に数々の容疑者を殺しまくっていた警官役としてチャドウィックボーズマンが演じるということ。
正義感強めで、ブラックである彼が演じることで、多重の意味を持つことになる。しかし、その警官の早すぎる正当防衛こそが、今回の警察の不正に繋がってくるあたり。うーん、色んな文脈で読んでしまい、色々と考えてしまいますな。

Jkシモンズ演じる偉い人の言い分は、めちゃくちゃだけど、彼が言うと謎の説得力があるあたり笑。

チャドウィックボーズマン、ありがとう!
NaO

NaOの感想・評価

3.7
“陛下”ことチャドウィック・ボーズマンの遺作となった今作(劇場公開作品としては最後)。
ルッソ兄弟共に製作にも関わり主演を務め、彼にとって渾身の力作だったのだろうという気概を感じることは出来る。
...が、ごめんなさい。展開読め過ぎて脚本的には弱いと思ってしまった。

いくら殉職者がたくさん出たとはいえ、元軍人あがりのチンピラ相手に随分と必死だな、と。それこそ麻薬カルテルを壊滅させるかのような勢いなんだけど、そりゃそうだよね〜‼︎ってオチなのがもうテンプレ過ぎた。
J.K.シモンズ使ってる辺りでもうバレバレ...

ブラックパンサーの頃には既に大腸がん闘病中であり、今作撮影時には末期状態だったのか、陛下のお顔はげっそりと痩せこけ目は落ち窪んでいた。大きめのジャケットを着ていても手首の細さは隠せていなかった。
元々ハスキーボイスの陛下だけど時折声が出し辛そうに聴こえて、痛かったのかな、苦しかったのかな、しんどかったのかな...と陛下の体調ばかりが気になってしまい、作品自体に集中出来ず。

更にNetflix配信中の“マ・レイニーのブラックボトム”は予告だけ観たが、今作よりも更にやつれているのでショックを受けてしまい、再生ボタンを押せない。

ああ...本当に末期がんだったんだ...
もう陛下に会えないんだ...
と思うと涙が出て来てしまう。
きっとブラックパンサー続編も受け入れるまでに時間がかかると思う。
ますい

ますいの感想・評価

3.6
面白かったけど、こいつ黒幕くさいなって人がやっぱ黒幕でそこは番狂わせなかったかって思ってしまった。 アクションとかは本当によかった! チャドウィックボーズマンの勇姿を見届けよ。
よく作り込まれた良作だ。
こりゃテレビでとかで見ると舐めた態度取られがちだろうから是非劇場へ!

もちろん午後ローでもみたいけど
BS2011

BS2011の感想・評価

3.8
久々のアメリカアクション映画。
銃撃ちまくりの映画で単純に楽しめました!
bee

beeの感想・評価

3.0
チャドウィックボーズマンは癌と闘いながらこの作品の撮影にも臨んでいたの、、?
ブラックパンサーのときと比べて細い彼の姿を見て、あぁもうスクリーンで見られないのか…と寂しい気持ちになってしまった。(マレイニーの方がもっと痩せ細ってたけれど…)

普通に最後まで黒幕が誰でこの先どうなるの?とハラハラしながら見てしまったけど、終わってみればとても古典的なストーリー展開だったなという感想。
bridgeでタイトルについてる割に橋封鎖してる感は控えめ。
tem

temの感想・評価

3.6
硬派かつ寄り道の一切ないストレートなストーリー展開で面白かった。
銃撃戦でも安心感のある主人公はストレスフリーで観れていい。
>|