最後の追跡の作品情報・感想・評価

「最後の追跡」に投稿された感想・評価

みどり

みどりの感想・評価

3.8
しぶ
兄弟愛ものはいいなぁ
よねき

よねきの感想・評価

4.6
いい映画だった〜。
現代の西部劇。

クリス・パインとベン・フォスターの兄弟。
ジェフ・ブリッジスとその相棒。
観てるうちに敵同士のコンビ双方に愛着が湧いてしまい。。

アメリカの貧困層の問題もくどくない程度にフォーカスされていて。

ラストも良かったです。
傑作じゃないでしょうか。

僕が憧れているアメリカの風景です。
マサ

マサの感想・評価

3.6
NETFLIX作品
いや〜なかなかの良作!
クリスパインが良かったなぁ!

このレビューはネタバレを含みます

何処までも続く荒れた荒野を
一台の車が走り抜ける
枯れた草花の脇をタイヤを軋ませ
埃を被る古い車のボンネット
忘れられ寂れた街を目指す
冴えない表情のふたりの男

物悲しさの演出としてこれ以上ない風景を眺め暗澹とした気持ちになる

物凄く地味な無彩色で
乾いた作品でした

でもできればこの荒れた土地を大きいスクリーンで見たかった

解決までに至らないお話が
ズシリと胸に重りを残すのだ

あの後
テキサスレンジャーを引退した
ジェフ・ブリッジスは
どうしたんだろう
友達になったんだろうか
それとも……

自分の不甲斐なさを一番知っている兄は弟の為に勝負に出た
決して勝てる見込みなど
皆無だとしても

弟がその想いを飲み込んで全てを
達観した透き通る瞳で
皺に囲まれた深い色の瞳を窺う

エンドロールは流れても
実はこの闘いはまだ始まったばかりなのだ
NBK

NBKの感想・評価

3.9
クライムムービーかつロードムービーだけど、生活と家族の話。
犯罪がメインのストーリーでも派手さは全くなく、それは必然であるかのように思ってしまう。

生活のために犯罪でお金を作るしかないという点でブレイキングバットを思い出す。
現状まま、アメリカで生活したらどんな状況になるのか考えてみたい。
にはち

にはちの感想・評価

4.0
馬鹿な兄貴と、そいつを無条件に愛する弟っていう最強の関係性がすごくよかったです。
ラストの2人の渇ききったやりとりがどうしようもなくやるせなく、たまりませんでした。
ちばこ

ちばこの感想・評価

4.5
テキサスには行ったことないけど、こういうカントリー独特の匂いみたいなのが感じられる映画って好きだわー。

テキサスレンジャーのやり取りにほっこりしていたら、、、いつの間にやら銃撃戦!

おいおい兄ちゃん根っからのワルやな!
武器の使いこなしうま過ぎるしけっこう殺っちゃうやん。。
でも、弟のことは大事に思ってるのが痛いほど分かる…いい兄弟だなぁ…

銀行を襲ったのは返済の期限がギリギリなのはもちろん、ローン組まされた仕返しでもあったんやろか。
弁護士がそんなようなこと言ってたような。
しかも町の人も捜査に協力的でなかったりで、銀行は貧しい人の共通の敵ってところですね。

廃れたテンガロンハットが生き様を物語っててめちゃくちゃ渋かったー!
yusuke

yusukeの感想・評価

4.0
素晴らしい。

アメリカの社会的なメッセージよりなにより、兄弟の二人のやり取りが最高に素晴らしい!!!最初のやりとりからホントよかったよ!

ベンいいなーこうゆう役ほんと上手い!
かっこいいとこ全部もってくやん。
クリスを初めてかっこいいと思ったし、やはり画面映えするタイプなのかな。
役柄もよかったしね!
ジェフの粘り強さには恐怖さえも感じました。お見事でした!!

全体的に画面は明るいが内容は重く、それでもテキサスの町並みや人柄に触れれたのは単純に面白かったです。
たまらない。渋い。かっこいい。ジェフ・ブリッジスが最高です。兄弟の二人も最高です。奥深い現代西部劇でした。NETFLIXでしか観れないなんて(;_;)とりあえず、NETFLIX登録するべき。無料期間でとても充実した映画ライフを過ごせます。私は残り2日。さて、次はどれを観ようかな。
RYAN

RYANの感想・評価

3.9
Netflix作品
アカデミー賞にて4部門ノミネート作品

主演クリスパイン
共演、ベンフォスター、ジェフブリッジス

やっと観ました。
去年LALALANDやムーンライトといった作品があるなか異色の存在感を放っていた今作。
これはなかなか狂気に近い
狂気に狂った愛というべきか
ここにきてやはりクリスパインの演技の幅の広さを知る。素晴らしい俳優だ。どんな役でも難なくこなす。ファンになった。
ベンフォスターも脇役として毎回素晴らしい味を出してくれるが今作はとくに素晴らしかった。ジェイソンステイサムよりクリスパインと組んでた方がいいのかもしれない。
そこちアカデミー俳優ジェフブリッジスの投入によりもうたまらん極上の物語になっている。
ジェフブリッジスは歳ながらも今でも映画界においてなくてはならない伝説的人物。彼の演技は見ものだ。
今作はノーカントリーに似ているところがある。
世界観やロケ地が似ているというのもあるが、追跡という点では同じだ。
しかし、今作が他の作品と違うところは映画であり現実的であるということ。
そしてこのラスト。
世の中を教えられるというか結局はそうゆうことかとなってしまう。
悲しいがこれが現実だぞと言いたげだ。
とてもゆっくり進むが印象深くとても好きな作品である。
>|