フレンチ・コネクションの作品情報・感想・評価・動画配信

「フレンチ・コネクション」に投稿された感想・評価

すな

すなの感想・評価

4.3
泥くさい職務の連続の中に刑事の小技みたいなのがちょいちょい垣間見えて楽しい
街並みがサイコー
Sari

Sariの感想・評価

3.8
①2021/10/09 DVD【特別編】
②2021/10/10

1961年に発生した、ニューヨーク市警麻薬課の刑事二人組が、フランスから密輸された麻薬約40キログラムを押収した実在の事件がモデルとなっている。
タイトルの「フレンチコネクション」とはトルコからフランスを経由して米国に輸出されていたヘロインの密売ルートおよびその組織のこと。

フランスのマルセイユで見張りの刑事が殺し屋に殺され、この殺し屋が、優雅なフランス紳士シャルニエと繋がりのある事がわかり、更にこの殺し屋はテレビ・タレントを抱きこんで、高級車リンカーン・コンチネンタルに大量のヘロインを隠してニューヨークに持ち込む。
一方で、ニューヨークのダウンタウンではサンタクロースとホットドッグ売りに化けた二人組の刑事ドイルとラソーが麻薬の売人を追い詰めるという、マルセイユとニューヨークの話が、一見何の脈絡もなしに交互に展開していく導入部から引き込まれる。

ジーン・ハックマン演じるポパイこと、ジミー・ドイルの刑事像は、しょぼくれかかった中年男で、ポーク・ハイ・ハットを被り、何処となく下卑た感じで、好色で人種差別意識も持つ。刑事がヒーローからアンチ・ヒーローへ転化した最も典型的な例で、86箇所に登ったと言われるニューヨークでのロケも極めて効果的である。
撮影秘話によると、ハックマンがドイルの人物像を掴みきれないままにクランク・インし、差し入れのドーナツを口にして残りを道端に捨てた仕草を観たフリードキンは、すぐさま「それだ!」と指摘したことで固まったキャラクターだそうだ。

中盤以降に、ドイルがシャルニエを尾行するシーンから面白くなり、モダンジャズのような荒々しいピアノの音楽も印象的。列車高架下の道路をハイスピードで追いかけるカーチェイスの場面は、本作では最もスリリングである。
このシーンでは、ロケだとは予告せず通常通りに生活している状況で車を走らせたこと、また危険なシーンはスタントによる俳優の決死の運転だが、助手席に自ら乗り込んで撮影したフリードキン監督の尋常ではない、リアリズムへの拘りが解る。

尾行しているドイルを余裕で交わしていくシャルニエこと名優フェルナンド・レイは、いつものブニュエル映画のブルジョワジーそのままに、優雅で謎に満ちた存在感で魅了する。
高級レストランでリッチなコース料理で食事を楽しむシャルニエと殺し屋ニコリを、通りの向かい側から見張るドイルとラソーが、寒い街頭で、薄いピザを紙コップのコーヒーで流し込む名場面がお見事。

また、1970年代以降のニューヨークが舞台の映画で気になるポイントでもある、エンパイア・ステート・ビルの後方に佇む、巨大なクレーンが見え隠れしている建築中のワールド・トレード・センターのツインビルを背景に、後にポパイが目をつけるシャルニエとニコリが悪巧みをする様も名場面である。


2021-297
MIHO

MIHOの感想・評価

3.0
【記録用】
電車と車のカーチェイスがかっこいい。
映像の撮り方なのか、質感なのか、密着映像みたいで臨場感があった。

カーチェイスにしても、銃撃にしても、民間人をそんなに巻き込んでいいの?

それにしても、主人公の刑事の、犯人グループを追いかける執念がやばかった。狂気的にすら感じた。
画的には華やかさはないけれど、徹底したニューヨークのオールロケとカメラワーク、編集力によって生み出されるリアリティが凄かった。当たり前かもしれないけど、映画におけるリアリティって、ただ現実を映せば成り立つものじゃないんだって、見せつけられた気がする。

一つの事件の顛末を鋭利に切り取り、目撃させられたような感覚に陥った。バーに捜索に入るシーンなんて、緊張感が半端なくて、自分の心臓の音が聞こえそうなくらい。そんな連続。

その切れ味とは対照的(?)に、ポパイとクラウディの執念の捜査が、決してスマートではないのが尚更リアル。各種張り込みや尾行シーンの演出も素晴らしい。何より、目指すゴールが明確で、一切の寄り道を排除し、一本道のプロセスだけを描いているところが、かっこいい。

有名なカーアクションは勿論だけど、私が何気に強烈だったのは、ポパイとクラウディが、盗聴の承認を得るために上司の部屋に行き、上司を真ん中に挟んで二人で説得するところ。あの距離感とテンポ、熱量は圧巻だった。全てのシーンが、二度と再現できないだろう、と感じさせる。(ジーン・ハックマンは言うまでもないけど、劇中ずっとロイ・シャイダーが良かった)

ラストのシークエンスは、クールに形勢が逆転したから、お洒落に行くのかと思いきや、財務省の人の件で、そうきたか!とやられた。そして、終わらせ方も最高だった。
eromineo

eromineoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

You sat on the edge of the bed.
You took off your shoes and picked your feet, didn't you?Now say it!
てめえ、ベッド端に座って靴脱いで足をこすっただろ!そうだろ!!

アドリブらしいが、難癖つけて麻薬の売人を恫喝し尋問するポパイが笑える。一緒にいる相棒役のロイシェイダーも笑いをこらえきれないでいる。

麻薬の胴元シャルニエがポパイの執拗な尾行を撒く地下鉄シーン、一般人の車を奪って犯人を追うカーチェイスシーンは以後の映画やドラマにも影響を与えているであろう名シーン。
john

johnの感想・評価

3.0
50年前の高架下のカーチェイス、リアリティがあってハラハラ!
脚色少なく無駄なヒロインもなく無骨な所がいい。
刑事物の大傑作。
ポパイのジーン・ハックマンが最高!
50年前の追跡劇は今に甦っても、全く問題ないレベル。
しかし、やっぱりこの映画はポパイ!
MrBlack

MrBlackの感想・評価

3.5
#標的
#執着
#純度89%
#ドラッグ シェーク
#足首に拳銃
akinaki

akinakiの感想・評価

4.0
クライマックスのカーチェイスシーンは後世にもインパクトを与え、MCUの『キャプテン・マーベル』にすらオマージュが。勧善懲悪ドラマからの脱却。
アメリカンニューシネマ作品ですね。まあまぁでした。カーチェイスはちょっと見応えがありましたけど、内容は別にいたって普通だなという感じでした。それよりも1970年代のニューヨークの街並みを観れた事が良かったです。
>|

あなたにおすすめの記事