それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫の作品情報・感想・評価

それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫2019年製作の映画)

上映日:2019年06月28日

製作国:

ジャンル:

3.2

あらすじ

「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」に投稿された感想・評価

malco

malcoの感想・評価

3.5
実母と子と私の3人で観賞。

子はビビり、実母はオープニングで泣いてて、良い思い出でした。

コキンちゃんがとてつもなく良い子でした。


次回は、ぶたまんまんかヘドロマンあたりを沢山観賞できる映画をお願いします。

このレビューはネタバレを含みます

観ました。

映像が作り出す幸せな空間。

子ども達の反応が大変興味深かった。
山場を初めに持ってくる大胆さ。それ見ろ!と言わんばかりに終盤お疲れで寝てしまう子ども達。考えられているものですな。
劇場の照明も終始、明るかった。

大変良い経験をしたように思う。
バニラ姫が可愛くて健気でちょっと泣いてしまった(;o;)
背負ってるものがすごく重いのに、自分が期待に応えられなかったらすっごいつらいだろうなぁ…。
わがままで自由奔放なコキンちゃんとお友達になって夏を満喫してるシーンがとても楽しそうで見ててわくわくしたし嬉しかった。

あとアンパンマンが何度もパトロールに出かけるシーンや、ふらふらしながら帰ってくるシーンもうるっときた。真っ直ぐだなアンパンマンは(´;ω;`)

初期の劇場版である大好きな「ばいきんまんの逆襲」や「キラキラ星の涙」と比べると、怖いシーンが全くないしお歌を歌うシーンから始まるし、昔よりかなりお子ちゃま(とお子が泣いて親が困らないため)に配慮した作りだなぁって感じたけど、それでも「なんのために生まれて なにをして生きるのか」や「なにが君のしあわせ なにをしてよろこぶ」を問いかけてくる良い話だった。大人でも楽しめた。

アイスがとっても食べたくなったので、ハーゲンダッツを買って帰った。大人なので高いアイスでより笑顔になるのだ!
アイスマイル ユースマイル アイスクリーム(°▽°)☆
初めて子供を連れて映画館へ。
子供はポップコーンとコーラに夢中!!気がつけば私は夢の中。。子供は大人しく見ていたようなので楽しかったのでしょう。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

3.0
【やなせたかし生誕100周年!今度の相手は使徒ばいきんまんだ!】
TOHOシネマズフリーパスを使い、朝からアンパンマンを。受付のお姉さんにスカした顔で「アンパンマンを一つ貰えるかな?」と言い、観てきました。

昨今、SNSでは「アンパンチ」が暴力的だと論争を呼んでいる。実際のところ、アンパンチに不安を抱く親の心理は『ペット2』が懇切丁寧に語っている。ドライに言えば赤の他人である赤子。しかしながら、男と女の交わりによって産み落とされた存在に自分の身体の一部を感じるようになる。赤子は不安定だ、右も左も分からず予測不能な行動をする。赤子は巨人や鉄の塊、有害物質に恐れを為すことなく猪突猛進我が道を行く。親は、初めて気付く危険な香りに不安を抱き、万全のリスク回避を試みるが、赤子はいとも簡単に裏切ってみせる。その不安のスパイラルによる叫びの矛先がたまたまアンパンマンに向いただけに過ぎないのだ。別にアンパンチがなくとも、ドゥクシとか別のパンチが親を苦しめるのは明白だが、不安の渦中において盲目になってしまうのです。

閑話休題、アンパンチ擁護派のみなさん、本作には理想のアンパンマンはいません。荒れ狂うバイキンマンに制止の一声はなく、人々の声援と共に出会い頭のアンパンチをする映画であります。

ただ、本作は昨年の作品同様、高度で大人なテーマを散りばめた良作であることには変わりありません。

アイスの国はいわば石油産出国や資源国に見える。国土を覆うアイスを掘り起こすことで豊かな国を維持していたのだが、資源が枯渇し、死に行く土地の姫となったバニラ姫が主役だ。

彼女は執事の期待により、魔法のスプーンを使いこなすよう努力するが、期待の重圧に負け、自分探しの旅に出る。アイスのことは忘れたいのに、望郷の幻影が彼女に纏わりつく。そんな彼女がコキンちゃんとの対話、アンパンマンの背中をみて再び姫凱旋するまでの軌跡が描かれる。

才能のある者は努力を努力だと思わない事実に対する絶望を如何に克己するか?ばいきんまんというキャラクターから紡ぎだされるブラック企業経営者や欲の肥大化による他国侵略描写は大人が観るとビターだ。

本作は、児童向け寓話ということもあり、枯渇した国土運営に対する解が御都合主義な極みではあるのだが、そういったリアリズムは鼠帝国に任せておけばよい。

ATフィールドを使いこなす使徒ばいきんまんとアンパンファミリーの白熱した死闘込みで安定クオリティの作品と言えよう。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

3.4
2歳の息子の映画デビュー。はじまる前に暗い映画感を怖がってしまい、退席。その後いやいやする中戻ってみるとみみ先生とお友達の歌のおかげで落ち着き、最後まで無事に見れました。
ばいきんまんの大ファンの息子。ファンサービス程度にだだんだん(ジャイアントだだんだん?)もぐりん、ごろんごろが登場してよかったです。
息子と一緒に映画館で鑑賞
(2回目)

字幕付きが無いため、
話の内容を把握できず爆睡してしまった。

息子は楽しんでいたようでよかったですw
岩

岩の感想・評価

3.0
まさかの展開www
アンパンマン、、、多っ😋

やっぱりバイキンマンは
天才科学者だわ!!
三歳の次男の付き添い。
食い入る様に観てました。昨年は、後半集中力が持たずって感じだったので、成長を実感。
内容は、アイスを作る使命を持つが、何かが欠けていて魔法が使えない姫が、足りないものに気付き、立ち直るって話し。
笑い要素がすくなかったかな?
Rose

Roseの感想・評価

5.0

思いやり、勇気、笑顔、友情、愛が大切だと気づかせてくれる。

やさしくて美しい世界🍨

人生においてとても大切なことがたくさん詰まっている作品!
>|