それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星の作品情報・感想・評価

「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」に投稿された感想・評価

やなせたかしさんが『アンパンマン』という作品の中で描いてるのは『アンパンマンのマーチ』の歌詞でもある「なんのために生まれて なにして生きるのか」正にそこだと思います。

今回はアンパンマンとばいきんまん、二人が主役と言えるのではないでしょうか。この映画のキャラのクルンが「何のためにうまれた」のかといろいろなキャラに聞くのですが、アンパンマンとばいきんまんだけが答えられるのが良いです。そのシーンは是非見て欲しいです。

そしてその二人が協力して戦うシーンは熱い展開で最高に盛り上がります。あんぱんまんとばいきんまん、それぞれが主役で二人が主人公と言えます。

さらにばいきんまんのロボ。俗に言うバイキンロボが勢ぞろいするシーンは個人的にたまらなかったです。
lp

lpの感想・評価

3.0
言わずと知れた「アンパンマン」の映画である。

「ドラえもん」や「名探偵コナン」、「クレヨンしんちゃん」に「ポケモン」といった、東宝が手掛ける有名どころは毎年抑えているけれど、さすがに「アンパンマン」は守備範囲外(そもそも上映が1日1回のモーニングショーのみとか、無理なスケジューリングをされてることも多い。)ということで、今までに鑑賞した経験は無し。
そんな私に今年は転機が訪れた。2歳の姪を連れて観に行った姉が、「大人でも意外と楽しめる」という感想を残したことから始まり、TwitterやFilmarksでも観た人はメチャクチャ少ないけれど、観た人の評価は軒並み上々とあって、いよいよどんな映画か気になってきた!しかも、秘宝ホラーまつりの会場であるキネカ大森で観られるとあって、意を決して観に行くことに。

まず、驚いたのはアンパンマン映画特有のルールが存在すること。小さいお子様の映画館デビューを後押しするため、「お子様が恐がらないよう、館内を真っ暗にしない」「音量は控えめ」「歌と踊りの時間帯を設ける」という3つのルールが存在する。※公式サイトにも記載あり。

そんな訳で、普段の映画館とは少し雰囲気が異なる環境での映画鑑賞。アンパンマンの登場に興奮する子どもがいたり、入場者プレゼントのタンバリンを鳴らす子どもはいるけれど、大人が配慮すべきだと自然に察せられる空間なので、全く気にならない。上映中に小声で喋ったり、スマホをチェックする観客が散見される普段の映画館に比べても、非常に鑑賞ストレスが低い映画体験となった。

映画の内容の方も確かに上々で、冒頭から戦闘シーンを盛り込むヒーローアクションのツボを突く展開に少し感心。「生きる意味」に軸足を置いたストーリーもしっかり練られている。インド映画の如く、歌と踊りが満載の歪な構造ながら、これだけの事が出来ているのは大したもの。大満足とは言わないまでも、素直に感心させられた。
C

Cの感想・評価

3.5
生きる意味とは?というテーマ。ジャムおじさんの生きる意味が見つけられたら幸せだねー、みたいな台詞が心に響きました。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

3.5
【宇宙をごみ捨て場にすると、、、】
※フリーパス日記第1話
10月にTOHOシネマズのフリーパス規定が変わり、使いにくくなる為今日から発動した。

フリーパスは、普段観ないような作品に挑戦するチャンスで、思わぬ出会いがある。1本目は劇場版アンパンマンを観た。実は人生初アンパンマンだ。うちの家は、アニメやディズニー、戦隊モノから隔絶しようとした教育方針だった為、20代にして初めてアンパンマンと出会った。

子ども向けアニメだからと侮っていたが、非常に奥深い作品であった。

本作は産業廃棄物を宇宙に捨てることが如何に危険かを教えてくれる作品だ。東日本大震災後、放射能に汚染された福島、瓦礫だらけの福島を見て、当時高校生だった私は「ドラえもんのバイバイン問題のように、宇宙に汚染土壌を飛ばせば良いのでは?」と思っていた。しかし理系の友達から、「それは非常にマズイからできないんだ。」と言われた。

その時はよく分からなかったが、本作を観るとマジで危険な考えだと気づく。

アンパンマンとバイキンマンによる対立構造で調和が保たれている地球。バイキンマンは、アンパンマンとの戦闘で発生する産業廃棄物を宇宙転送装置で遥か遠い宇宙の彼方に送り込んでいた。

しかし、それは悲劇を生む。拡散された産業廃棄物は宇宙の彼方にある流れ星を汚染し、地球だけでなくありとあらゆる星に《THE TOXIC STARS》として降り注がれた。《THE TOXIC STARS》の威力はアルマゲドン級。しかも、放電物質故に撤去が困難だ。

このディザスター描写が非常に説得力があり、大人ですら恐怖を感じる。完全に侮っていた!

さらにバイキンマンが、自らの愚かさに気づきアンパンマンに協力するまでのプロセスが非常に人間くさく、これまた魂を揺さぶられる。

たった60分でここまで描けるとはアンパンマン、恐るべしと思いました。
アンパンマンの映画は
怒りを覚えるほどに詰まらないものばかりなんだけども
今回は少し違う。

ある惑星に遭難して、バイキンマンが飢餓状態になるんだけど、
そこでアンパンマンが例のセリフ
「僕の頭を食べなよ」
を投げかける。

アンパンマンの頭を食べて生き残っても、
それはバイキンマンとしてアリなのか。
バイキンマンが自分のアイデンティティに向き合う
名シーンの爆誕です。

クライマックスは、バイキンマンの発明したマシーンを
アンパンマンが活用してピンチを切り抜けるという
激烈に胸アツな展開が待っています。

映画館は暗くならないし、赤ちゃんは泣きまくっているので、
小さいお子さんがいる人にオススメです。
小学生以上の方は恐竜とかスパイとか観るといいんじゃないかな。
Hirori

Hiroriの感想・評価

3.6
バイキンマンのファンとしてはバイキンマンのメカがめちゃくちゃでてきてテンション上がった。
多分だけど昔の映画のキャラとかでてきたりしてた。懐かし楽しかった!

このレビューはネタバレを含みます

アンパンマンの命題でもある「何のために生まれたのか」という問いをクルン(ゲストキャラ)が色んなキャラに聞くんですけど、みんな分からないって言っている中、アンパンマンとばいきんまんだけが自分の生まれた意味をすぐ答えられていたのでそこがすごくすごく良かったです。

後、クルンがばいきんまんに「何でアンパンマンをやっつけるの?」と聞いた時、ばいきんまんは「やっつけたいからやっつけるんだ」と言っていて、そのシンプル且つ純度の高い答えに感動しました。

そんなばいきんまんが終盤で「俺様以外のやつにやっつけられるな!他でもないこの俺様がアンパンマンを倒すんだ!」という理由でアンパンマンと共闘していたのが個人的に一番熱かったです。
A8

A8の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画だとアクション感マシマシのアンパンマン!マントちぎられて落ちそうな時もバイキンマンとクルンを抱きかかえたまま着地するアンパンマンがかっこよすぎた、、、
助けられて落ち込むバイキンマン、お前を倒すのは俺様だ!とみんなでアンパンマンを救うシーン、生まれた意味、どれを取ってもジーンとくるものがありました。

バイキンマンがでかいパンチをさらーっと避けられて即爆発で飛んでくシーンわらった。笑
お砂糖

お砂糖の感想・評価

3.7
3歳になる息子が、晴れてこの作品で映画館デビューを果たしました!!!!

今まで数々のアンパンマン映画を観てきたけど、過去1で良かった。涙腺がゆるゆるなので危うく泣くところでした。
「何の為に生まれて 何をして生きるのか 答えられないなんて そんなのは嫌だ」まさにコレですね。考えさせられる作品です。

そして「バイキンマン萌え」という新たなジャンル。
バットマンとジョーカーのような関係の2人をこれからも見守って行こうと思います。
生まれてきた意味を見つけるのが人生。
僕は強くないよ。でも誰かが応援してくれるから頑張れるんだ。
>|