それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島の作品情報・感想・評価

「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」に投稿された感想・評価

かほ

かほの感想・評価

2.9
バナナマン達に紛れて、人間がバナナかぶって顔だけ出してるのが二人居て、これええんか?って思ったけど従業員の制服と考えたらまあ許容範囲か。アンパンマン達が異国に行く話で、いつもとは違う、新鮮な雰囲気の映画。
ちさと

ちさとの感想・評価

4.0
アンパンマンシリーズ2作目の鑑賞
ばいきんまんちょっぴりいいやつ!
元気出してって言葉は大きいなと感じました^_^ ほっこりした(^^)
Robin

Robinの感想・評価

3.3
いつも悪さをしてばかりのばいきんまんがヒロインを励ますという珍しいパターンの映画。

「元気出せ!お前はな、元気ってことが取り柄なんだ。また新しく育てればいいじゃないか。俺なんか何回メカを作っても何回もアンパンマンに壊されるんだぞ!」

美味しいバナナを育てられなくて悲しむヒロインを励ますばいきんまん。

他にもばいきんまんの格好良さが滲み出ている作品。

バナナマンの2人が声優をしているのもポイント。
バイキンマンが…いつもみんなに悪いことばかりしてるバイキンマンが…
なるほど東日本大震災直後の復興をテーマにした作品だったのですね

バナナ島からバナナ祭の招待状が届き向かうアンパンマン一行、もちろんそんなおいしいチャンスをバイキンマン達が逃すわけもありません
ところがみんながバナナ島に着いてみると何やら様子が…、いつも温暖な気候のバナナ島に吹雪が吹き荒れ、バナナは木から落ちてしまっている
果たしてバナナ島に何が?みんなは美味しいバナナを食べる事ができるでしょうか?って話

今回登場するヒロインはバナナ島のお姫様バンナちゃんです!
お姫様といってもわんぱくで、何やらアンパンマン達のことが気に入らないみたい
バイキンマンと意気投合し手を結んだバンナ姫はアンパンマンを出し抜いて自らの力で島の一大事を解決しようと張り切ります!
口は悪いしおてんばやけどまっすぐで可愛らしいお姫様、正直ドキンちゃんや鉄火のマキちゃん、ロールパンナと並んでも遜色ない魅力的なキャラですね

ところで、今回の悪役はバイキンマンではありません
バイキンマンが村のみんなに悪さすることも、アンパンマンとバトルすることもありません
今回の悪役はこおりおに!吹雪をおこし全てを凍らす恐ろしいヤツがまさかバナナ島の地下に眠っていたとわ!まさに自然災害的な強敵でアンパンマンの必殺アンパンチでも直ぐに回復してしまう始末
そんなこおりおにを前に絶体絶命のピンチに陥るバンナ姫!そんなバンナ姫をすくったのは?

その先はもう観てくださいとしか言えないですね
ただいつもは互いに反目しあっているもの達が、強大な障害を前に協力して立ち向かうシーンには心震わされずにはいられませんでした…
立ち上がれアンパンマンワールド!立ち上がれ日本!わっしょい!

あとな本作に関しては、それいけアンパンマン!じゃなくて、それいけバイキンマン!でも良いと思うなぁ
日本中のバイキンマンファンは必見だ!優しいバイキンマンにキュンキュン必至!
ただな、ホラーマンは邪魔…あいつの空気読めないとこなんとかしてくれ、プンスカ!
さく

さくの感想・評価

3.0
震災からの復興がテーマ。震災ボランティアを余所から来たと言って信用しない、というのは実際にありそう。ばいきんまんもあまり悪さはせず、復興に協力している。
megusuke

megusukeの感想・評価

3.2
ばいきんまんが映画版なのに壮絶な悪巧みをしない!超良い奴&共闘する「皆が力を合わせれば!」ってメッセージの映画。
東日本大震災を受け、やなせたかし氏もかなり熱が入っていた様子。

前述したばいきんまんもだけど、いつもならゲストお姫様枠に当たるキャラクターの、バンナ「女王」(!?)も、今までのキャラとふた癖ぐらい違うナイスキャラ!!
いつもニコニコ、善意の塊のアンパンマンファミリーを快く思わない。
上記の理由から、ばいきんまんと意気投合。
っというか意地っ張りで、目的の為に、真実を知らない人に、自分に都合の良い嘘をつく。可愛げがある方のばいきんまんそっくりです。
ばいきんさん、普段自分がやっている事だから、怒るに怒れない(笑)
そして、バナナ島に誇りを持っており、島の異変も、よそ者の協力を断り
自ら解決しようと、ジャングルを飛び回る行動派で責任感の強い
アクティブ女王様なのだ!

毎度お馴染み気合の入ったアクションシーンが少なめだったり、強引気味な展開があるものの
「復興」をテーマに掲げた熱いメッセージが、作中ビンビンほとばしっている力作です。
すずき

すずきの感想・評価

3.2
パン工場に、バナナ島からバナナ祭の招待状が届いた。一行はバナナ島へ。しかしばいきんまんもそれを聞きつけていた。
バナナ島に着いたアンパンマンたちだったが、常夏の島・バナナ島は暗雲が立ち込め、真冬の如き寒さに覆われていた。異変の原因はバナナ山にあると知り、そこへ向かう。一方、ばいきんまん達は、アンパンマン達を快く思わないバナナ島の若き女王・バンナに唆され、バナナ山へとバンナを連れ出していた。果たして異変の原因は何なのか…?
東日本大震災からの「復興」をテーマにした、映画24作目。

毎度恒例の、オープニングシーンでのばいきんメカとの、アニメーターの力のこもったバトルは削除。それどころか、今作はばいきんまんとアンパンマンは一切バトルしない。
ラスボスもほとんど意思や悪意のない自然災害みたいなものだし、そーいった所も震災の影響か。

で、そのラスボスは過去作にも登場した意外なキャラクターなんだけど、かなりパワーアップしてるし見た目も変わってる。
映画版はパラレルだからなのか、別種族なのか、異常な進化を遂げた個体なのか。怪獣映画の様な描写も。
でも、今までの映画ボスに比べたら、ちょっと弱いかな。

特筆すべきは、ヒロインのビジュアル、ルックスの良さ。
それまでのアンパン映画ヒロインの中でもトップクラスの可愛さだ!おまけによく動く。空中戦メインのアンパンマンに比べて、ジャングルを駆け抜ける彼女の方が作画に力入ってる気がする。
まー声はいつも通り声優を起用してないから、違和感あるけれど。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.6
【追悼:肝付兼太さん】せっかくバイキンマンがいい事言ってるのに茶化すホラーマン。最高。
【劇場版24作目】東日本大震災三部作の一。先に25-26作をみていたので今作は最初から震災を受けての作品と知った上で鑑賞。なるほど急速に寒冷化したためバナナ島は壊滅状態になるのが震災を反映しているのね。復興は地道な人の手によって達成され得ることを伝えてくれます。
まぁバナナが腐り落ちている世界観はちょっと風評被害を助長しそうでモヤモヤするけど…最終的には最高に美味しいバナナということだからいいか…北に不味いものナシ。あ今作は南国か。
特に三部作の一作目は製作陣もナーバスだったのか…なんとバイキンマンとアンパンマンのバトルはタイトルコールを含めてもゼロ。敵は災厄をもたらした氷鬼でバイキンマンも一緒に戦います。
なんせ「こんな余所者に頼るな!」「ウジウジしてるから景気付けだ!」かなりパンチの効いたファーストコンタクトのヒロイン。バイキンマンと意気投合というまさかの愉快な展開に。バイキンマンがゲストキャラを励まします。努力とトライアンドエラーを怠らないバイキンマンだからこその説得力(努力の向く先は打倒アンパンマンですけど)。このシーンだけで星5超え。

アンパンマン号飛行船は帆船バージョーン。え…だだんだん…平泳ぎできるの!?
やなせうさぎは先生本人らしい。
アニメ映画検索していて、発見したので、観ました。
アンパンマン映画観たのは、今作で、6作品目位です。

ついに、アンパンマン と ばいきんまん の対決はほとんど無く、
バナナ姫(バンナ)とドキンちゃん の入れ替え有りで、対立が無い‥
いつも以上に平和的でした。

敵の こおりおに はゴジラみたいに巨大で、ブリザード吐きまくるシーンが、強く印象に残っています。

平和的エンドで、やはり バナナ みんなで食べるオチも好きです。
(๑╹ω╹๑ )
アンパンマンですら、震災復興という作品外部のイデオロギーからの汚染を免れ得ない……。作画良かった。あと、バイキンマンが格好良かった。
>|