モルグ 屍体消失の作品情報・感想・評価

「モルグ 屍体消失」に投稿された感想・評価

寂々兵

寂々兵の感想・評価

3.4
90年代に日本でも海外でもよくあった「好奇心旺盛な女の子とアンニュイな青年が厄介なことに首を突っ込むゾ」系のよくできたスリラーで面白かったのだが、このセンシティブな題材からは想像もつかないユーモラスなティーン事情に突拍子もないラストで腰を抜かす。みんなでヘラヘラ笑ってる場合ちゃうで。
Chop

Chopの感想・評価

3.7
当時以来2度めの鑑賞。

死体安置所でバイトしてると、ネクロフィリアの疑いかけられるって話し。

伏線の回収が秀逸。
空気感もジメッとしてて好き。
エグいシーンは少ない。

良い作品やと思います。
死体安置所のバイト君が世間を騒がすネクロフィリア殺人犯疑惑をかけられてさあ大変というデンマークサスペンスのお話。

すげえ良い!!でも残念!!
プロットが秀逸!
序盤は退屈だと思えるイザコザも後々活きてくる効いてくる!ちっこい伏線回収の妙技が炸裂!
安置所の空気、そこにある死体、殺人犯、全てが不気味で精神的に不安になる映し方!

それらを映えさせるために、どうしても無理矢理な展開が悪目立ちしちまう。
細かいこと気にしなきゃええんだろうけどせっかく脚本が素晴らしいんだから、ただのB級で終わらせたくないから、惜しいと思っちゃうんだよな。時代が時代だから仕方ないけど全体的にチープなのも惜しい。惜しまれまくる。

間違っても退屈しない良作。
後半はサスペンス好きならテンション上がること間違い無し、間違い無しとまではいかねえな、たぶん上がる。

このレビューはネタバレを含みます

大昔に見たので内容をあまり覚えておらず、スコアは付けられません。たぶん子供の頃に見たので映画耐性がなく、手錠から脱出する方法に衝撃を受けました。
公開時タイトル:
「モルグ」
●『東急レクリエーション60周年記念 シリアルキラー・ナイト(11/16〜29)』特集レイトショー
(初公開: '96 5/11〜 俳優座トーキーナイト)
配給: オンリー・ハーツ/アスク講談社
ワイド(ビスタ)
DOLBY STEREO
11/27 21:00〜 渋谷東急3にて観賞
フィルム上映
イベント共通パンフ購入
作品パンフ'97 8/13トーキーナイトで購入
あーぁ

あーぁの感想・評価

3.8
『殺すという事は殺してから死体とヤるということだ』

うん!絶対違うね( ^ω^ )


モルグ=(死体安置室)の警備員っつう特殊過ぎるバイトをする主人公がストリッパー殺してからヤッたんじゃね?
つって疑われ、死姦趣味の犯人に罪を擦りつけられされそうになるつくづくな話。

本国デンマークでは記録的大ヒットを飛ばした作品で長編デビュー作とは思えない一級のホラーサスペンスでした。ユアン・マクレガー主演のリメイクより数段面白かった。


死体安置室で働くわりに、死体がゾンビみたいに生き返るんじゃないかとビクビクしながら働く主人公が最早可愛い笑

そんなチキンなくせして彼女とモルグでハメハメキメちゃう所は男らしい…のか(^^)?


実際、死体をお菓子ちゃう場面あるかと期待してたけどそんな素敵なシーンはなく、めさめさ普通に良質サスペンスだった。

ホラーな怖さはないけどもジメジメした死体安置室でのサスペンスがドキドキしたーよ。
んでエンディングのオチに思わずほっこりニヤケちゃいました(*´꒳`*)

意外に主人公が思ったほど活躍しないんで、その友達のが見せ場多いけどまぁ気にすんな。
とりま終わり良ければ全て良し!
な良作サスペンスでした!
tammy

tammyの感想・評価

3.2
確かユアン・マクレガー主演で
リメイクもされたはず…

と思ったら
下のレビューにも書いてあったね
すんません…
ペコ

ペコの感想・評価

4.0
モルグ(=死体安置所)で夜警のバイトしてたら、死体ファックした犯人だと間違われる話。

デンマーク映画。ヨーロッパらしい落ち着いた雰囲気に、真っ当なサスペンス。めちゃくちゃドキドキした。

しかし残念なのは死体ファックシーンがないこと。(死体安置所内にいながら普通に生きてる人間同士でセクロスしてた)

このレビューはネタバレを含みます

吹替えで鑑賞。ニコライ・コスター=ワルドーさんが若い!若すぎて前も丸出しやで…(言うまでもなく雑なモザイク付き)。
モルグの無機質で不気味な雰囲気に思わず息が詰まる。しかしこの映画にはホラー映画的なびっくりするような怖さというものがほとんどない。それでもけっこうドキドキするのは、モルグという建物自体が主役級の活躍をしているからなのか。ラストはちょっと笑えるオチで安心した。
ユアン・マクレガー主演「ナイトウォッチ」のオリジナル版。デンマーク産のネクロフィリアモノなんだけど死体とヤるシーンがなくてショック…。
死体が連続でレイプされてたことを死体安置所で夜警のバイトをする主人公が疑われるというサスペンススリラー。
金がないからって死体安置所で夜警のバイト選ぶなんてこいつツワモノすぎ…。しかも口から死臭がし出すらしい…うわぁ…。でもこいつは死体だらけの安置所で彼女とセックスしちゃうけどね!
真夜中一人で死体安置所を練り歩くなんてホラーそのものだけどヒヤッとした空気感や何か出そうな雰囲気はジャパニーズホラーを彷彿とさせてハラハラした。
が、しかし!
犯人がわかりやすすぎる…!
コナンで登場人物がコナン達+1人しかいないときと同じくらいわかりやすすぎる。
正統派だけにそこだけが惜しい。
あとやっぱり死体を舐め回すシーンとかほしかった!ちょっとだけでもいいから〜!(そろそろ疑われてそう)
まぁそんなとこで不満感じる人はあまりいないと思うので、本作が隠れた良作なのは間違いない。
「ナイトウォッチ」も同監督が務めてるけどそこそこ知名度低いよね?若いユアン見たいし今度観てみよ。
>|