アクセレーションの作品情報・感想・評価・動画配信

「アクセレーション」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

2.8
ミッションをクリアしていく設定は分かりやすいが、還暦を越えたドルフ・ラングレンに、戦中生まれのダニー・トレホに頼っているのは残念。
風来坊

風来坊の感想・評価

2.0
ショーン・パトリック・フライナリーさんなどのクレジットが先に出るが、これはナタリー・バーンさんが主演ですよね。
ドルフ・ラングレンさんダニー・トレホさんも客寄せ程度ながら出演しておりキャストは豪華。

日本でも総合格闘技で活躍したクィントン・ランペイジ・ジャクソンさんも出ています。「特攻野郎Aチーム」にも出てスターになるかなと思ったんですがB級に落ち着いてしまった感があります。B級好きとしては嬉しいが、もっと売れて欲しかった…。

所謂タイムリミット設定なのですが、余計な話が多くテンポが悪い為に焦燥感を感じません…。また大した事のない話を無理やり広げ引き延ばしているので視点が定まらず、一体誰の話なのか分からないし危機感もありません。

ドルフさんは基本モニター見てるだけだけ…終盤にやっと重い腰を上げます(笑)
銃撃戦はただ撃っているだけという感じで迫力に欠けます。2丁拳銃なのにこの迫力なさは一体…。格闘アクションの方はまずまず楽しめます。

この設定でここまで面白さ半減出来るのは逆にスゴい。余計な事しないでミッションにだけ焦点を当てていればよかったのではないだろうか。
全体的に迫力と緊迫感が不足しており、B級好きの私でもなかなかにツラい作品…ナタリーさんの革パン姿だけが私の心を揺さぶりました(笑)

まとめの一言
「あまり意味のない時間制約」
MayumiM

MayumiMの感想・評価

1.2
ドルフ・ラングレンもショーン・パトリック・フラナリーもダニー・トレホも、むしろマセラッティですらその必要性を問われると『君じゃなくてもいい』としか云えないくらい残念なキャスティング……というか、むしろコノ作品に出たコトで落ち目確定で太鼓判押されちゃったよ感満々なんだけどお願いだから誰か否定してプリーズ。
ともあれ、愛する息子を人質に取られたことでイヤイヤながらミッションに挑むイケメンママのお話だと思ってたのに、実は被害者面して元カレ(元亭主込み)を始末するスーパービッチな物語……というコトに気付かされた時の、この心の整理をどうつけていいのか判らなくなる悲壮感をどうすれば。
とりあえず、絵コンテの段階ではカッコよかったんだろうなァと感じたワタシ史上初の作品だという点は特記しておきたい。
WOWOW.

息子を拉致された女が犯人に命じられたミッションに挑む。モヒカンの元UFCファイターがでてる時点でB級とわかっていたけど元プライドファイターもでてたのはビックリ。元気そうでなによりでした。べつにマセラティ使わなくてもいいような気がしますが低予算ありがちのちょっとだけ見せて、有名俳優もついでにちょっとだけ使うパターンに内容入ってこなかった。
話がいまいち面白くないのが残念。
ダニートレホも出てるよ。
女のアクション大好き人間としてはもっと大暴れしてるの見たかった。
kira

kiraの感想・評価

2.0
皆さんのレビュー通り全体的に迫力が足りなかったように自分は感じましたね・・・

ドルフ・ラングレンさん、今後の活躍も楽しみにしています。
開始した途端充満する安っぽさで、B級映画だと確信できる作り。
なにがいけないのかな。
照明の色かね。
話よりも安さの秘訣が気になって仕方なかった。
YUMI

YUMIの感想・評価

-
ドルフ・ラングレン(あんがい好きv)、ダニー・トレホ(かなり好きvv)の名前に惹かれて録画したんだろうけど、上映開始5分で、いくらB級アクション大好きな私でも、こりゃダメだと。

ま、ドルフさんダニーさんが元気そうで良かったです。
aopon

aoponの感想・評価

1.0
アクションもストーリーもオチもしょぼいC級作品。
時間の無駄だった。
B級、めっちゃB級。
作り手のどんでん返ししてやったぜー、どうだ!
と言わんばかりの話の薄さ。

ぜひとも、この『どや顔的』なこの映画を観てみてほしい。
>|