13ゴーストの作品情報・感想・評価

「13ゴースト」に投稿された感想・評価

ななな

なななの感想・評価

3.6
おばけ屋敷+迷路+サバイバル=夏の子ども向けホラー未満映画
12種類が順番に出てくるのが楽しかった😃


縦半分じゃなくて、横半分‼(///∇///)
大好きな一作。

個性的で芸術的でもあるゴースト達。
劇中の装置や小道具も良い。

ハラハラするし、とにかく楽しめる一作。
なばる

なばるの感想・評価

3.3
ゴーストシップが割と好きだったので、同じ制作会社ときいて観賞。
個性ある幽霊達がわらわら襲ってくるので楽しかったです。日本の幽霊の雰囲気ではなく、クリーチャーに近いような外見です。特にジャッカルに追いかけられた日にはもう泣くしかない。

ラストはちょっと感動的でしたが、それ以上に幽霊達の顛末にえ、それ大丈夫なの?と思った覚えがあります…。
12体の幽霊を閉じ込めた鏡張りの巨大装置を豪邸だと言われて、疑いもせずに住んだ家族が続々と襲われて行く幽霊を使ったパニック映画。

閉じ込められてる12体の幽霊が、幽霊というよりもバケモノ。DVD特典では一人一人のバックストーリーが見れるのが面白い!

とぼとぼ歩く幽霊に失笑
期待しないで見たら面白かったやつ。
そんなに怖くない。チョンパするけどそこまでグロくもない。あとそんな痛くもない結構優しいホラー。
変な家の造形と恐ろしい幽霊たちの造形がすごくいい。家とかなんとなくキューブ思い出した……。
特によかったのが幽霊。ビジュアルからしておぞましい感じですごくよかった。
ただあれだけ個性豊かな背景ストーリーをどこまでも濃く出来そうな幽霊をめちゃくちゃ集めておいて、わりとお上品でばんばん人が死んだりしない古き良きホラーの趣があるので、幽霊あんなに!!いるのに!!!生かしきれていないというかもっと幽霊を見たかった!!
リメイク作品ということで元ネタから外れるわけにはいかなかったのだろうけれど、できるなら人いっぱい集めて色んな個性豊かな幽霊がガンガン殺戮するようなやつが見たかった〜〜〜〜あの濃い幽霊勿体ない〜〜〜〜。
ただホラーを下敷きにした家族愛のための話だと思うと幽霊の塩梅はあれでよかったのかもしれない。個人的にはもっと幽霊見たかったけれど。
あと海外の幽霊はわりと物理攻撃派なのでなんだかちょっと笑ってしまう。結局は物理が一番つよい。
特殊な眼鏡をかけると幽霊が見えるって設定が良い。眼鏡をかけている人とかけていない人のやりとりがコメディみたいになっていて、清涼剤のようだった。
あと霊能者がいいキャラしてて、最後わりとぐっときたのでそれもよかった。
しがい

しがいの感想・評価

3.4
冒険家のサイラスから遺産である豪邸を譲り受けた甥のアーサーと子供たち。しかしそこには12体のゴーストが封じ込められており、過去と未来を見ることのできる装置の発動と共に解き放たれてしまう。

たぶん小学生ぶりに観ました!
グロくて見てられなかった印象でしたがそんなシーンはごく一部で、ラストは結構ハートウォーミングな感じ。
12体のゴーストたちのビジュアルや呪文の書かれたガラス張りの豪邸の外観が最高だし、その家が悪魔によって設計された装置であるという設定、そして装置の発動により迷路と化し次々とゴーストが現れる展開などはかなりワクワクさせられる。
ただ、活躍しきれないゴーストも半分くらいいたというのが残念でした。キャラクターの背景なんかも知りたかった。

ドリムシのジャケットを見るといつもこの映画を思います。。、
ある邸宅で、メガネをかけて生き残るお話です(^-^)

怖さ★
ハラハラ★★★
見易さ★★★
冒頭の部屋を360度パンして時間経過を表すヒッチコック的ショット等、ところどころ製作総指揮のゼメキスが口を出したと思われる画がある。
まるでSFを観てるかのような
初っ端から破壊力で最高!ww
古臭い感じの演出に味があって良かった!

オープニングの過去?の音声だけの回想シーンが良かった!さらっと理解できる!
内容は幽霊の博物館的な www
設定がすごい面白かった!!新しい!!!
たのしく観れる!!!

まさかの展開にビビった wwwww
後半になるにつれ 面白さと驚きが大きくなる!
そして壮大すぎるwwwww
四隅

四隅の感想・評価

3.3
幼少期に父に見せられたが
当然のごとく泣きながら最後まで鑑賞。
ガラス張りの家=かっこいいという印象に加え、自動ドアに挟まれ真っ二つになるかもしれないという恐怖を植え付けてくれた。
大人になり、あの作品…と、気になり改めて鑑賞してみるとトゥルーエンドのような終わり方。只やはり洋画作品だけあって、エログロあり、子供向けではなかった!でもところどころチープな笑いもあり、とても楽しい作品であると思う。
>|