ザ・ゲートの作品情報・感想・評価

「ザ・ゲート」に投稿された感想・評価

hideharu

hideharuの感想・評価

3.0
2018.12.8 DVDを再見。
初見はレンタルビデオで。

スティーブンドーフって嫌いだけど子供の頃は可愛い。
この映画はスマッシュヒットをかまして続編が作られたけどそちらは上手くいかなかった。やはりドーフが出なくて脇役が主役になったからかな。

監督のティボータカクスは本作も評価されて、次作の「ハードカバー」はアボリッツアでグランプリを取ってノリノリだったのにそれ以降は大した活躍してなくて残念てます。結構期待したんだけど。

本作は子供向けのホラーとまでは言わないけれどジュブナイルな感じです。裏庭に開いた穴が魔界に通じて世界の終わりが始まるって感じ。主人公とお姉ちゃんの絆やヘビメタ好きの親友との友情とか。
携帯電話も無くてインターネットなんてまだ全然普及してない時代なのでイマドキの若者には古臭いだけかな?

特殊効果担当ランディクックによるミニオンのストップモーションアニメは最高です。デザインも使い魔風ですが動きと言い妙に憎めない風貌が良いです。今ならCGになっちゃうんだろうな。

結構面白い話なのでこれなんかもリメイクすれば良いのにと思います。
大好き。
ストレンジャーシングス好きな人にはたまらない系。
80年代ファッションがかわいく、SFXもいい味だしてる。
これグーニーズやん!ってぐらい雰囲気似てた笑
一応ホラー映画

庭の大きな穴は実は魔界の門でした。親友とお姉ちゃんとで悪魔退治だって話でした。

残念なことにそんなに面白くはなかった。
良かったのはストップモーションだけ。小学生くらいが見るならほどよいかも…
abdm

abdmの感想・評価

3.5
子供にとって裏庭、お留守番中の家、クローゼットの中はロマンとホラーが詰まってる。そんなお話でした。
特撮技術はもちろん、オチ自体もかなり好きな部類で目をキラキラさせながら観てました。
特に子供の顔面を何かで(忘れた)ぶっ刺しまくるシーンは何かと批判が来そうでワクワク。
こんなミニオンは嫌だ系。

ある日2人の男の子が裏庭に穴を掘っていたら偶然悪魔の門《ゲート》が開いてしまったよ。という話。
80年代の雰囲気と特撮は大好物でして、見所はストーリーではなく特撮です。
穴からワラワラ出てくる小さいおっさんみたいな奴らはミニオンという名前らしく、私達が知っている黄色く可愛い奴ではない。
学校の怪談に出てきたテケテケはこのミニオンがモチーフではないかと思うくらい似てます。
ラスボス的な悪魔も、ん?こちらが悪魔でよろしいでしょうか?という感じ。

子供の頃の可愛いスティーヴンドーフと特撮を堪能する為の作品です。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

2.0
「グーニーズ」のホラー版。
B級としてはありかな。午後ローなんかで観るのに丁度良い。
これは雰囲気ものだね。
バーとかのプロジェクターに無意味に流しておいて欲しいタイプの映画。

庭に魔界へ通じる穴が空き、出てくる魔物と戦いつつ、姉弟愛を確かめます。テレ東の午後ローだな。

個人的には姉を連れ去った悪魔の王に、ロケットを打ち込む時の主人公の男の子の
「お姉ちゃん、誕生日おめでとーーーっ!!」が
ええやんってなった。
ぺ

ぺの感想・評価

3.0
庭の穴から化け物が出てくるお話。
化け物のストップモーションがかなり良くできてる。ぬるぬる動いて今見ても違和感ない。
話は単純でびっくりするシーンも特に無いのでホラーを始めて見る小学生に丁度よさそう。
主人公はわんぱく少年グエン。彼の家の庭の大きな木が落雷で倒れてしまう。その根元から出てきたのは大きな晶洞石。金になるからもっと探すぞーと庭を掘り返していたら、大きな洞窟を発見。パパに怒られたから一旦閉じたんだけど…って話

古くなればなるほど今との比較で作り物感が強く感じられ、醍醐味の恐怖感が損なわれていくジャンル、ホラー。本作も30年前の映画なので、やっぱ怖さは全く無かったです。小学校入る前くらいの子供が見たらかなりビビる内容かも。ストーリーも子供向けっぽい単純明快な内容でした。流し見するのに丁度いい程度の映画かな。
庭に地獄の入り口ができたので、魔物を退治するお話しです(^-^)

見易さ★★★
>|