アダムス・ファミリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「アダムス・ファミリー」に投稿された感想・評価

Mm

Mmの感想・評価

4.5
丘の上の城に住む怪しい一家「アダムス・ファミリー」。初めて観たのは小学生の時だったかな。今でもすごく好き。特にパパとママ。大好き。
みん

みんの感想・評価

2.4
前に気になってあらすじネタバレ見ちゃったからわかってたけど、映像で見るのは楽しみにしてた。最後はなんかちょっと??ってなったかな…。指ワナ(?)のシーンとか特にだったけど、編集がうまく行ってないのか役者さんの問題なのかはわかんないけど映る角度がかわったときの手元とかが不自然で🤨なった。
Masa

Masaの感想・評価

-
楽しいアダムス一家

とある街の不気味な屋敷に、風変わりなアダムス一家が住んでいた。主人のゴメスにはかつて失踪した兄フェスターがおり、一家の財宝を狙う弁護士は、フェスターに似た男ゴードンをフェスターに変装させて、屋敷に送り込む。彼を待ち受けていたのは、風変わりどころではない奇怪なアダムス一家の生活だった。

ファミリーそれぞれの説明は詳しくされないのですが、ハンド君という手首だけのキャラクターが冒頭で登場することで、大体の世界観が見えてきます。
このハンド君はなんならファミリーの中で一番周りが見えている(目はないけど)のではないかというような振る舞いで、この一家を支えてくれる健気な存在です。
また彼は物語を進める上でも欠かせない存在で、キーアイテムを探し出したり、夫人の危機をゴメスに知らせたり、スターウォーズのC-3POとR2-D2のような役回りをしてくれます。
出番はそこまで多くないのですが、ハンド君のファンは少なくないのでは…!?
ファミリーのモノクロ調ファッションがおしゃれ。テーマ曲は今でもTVでよく聞きますね。
意味不明お化け一家のホラーコメディ


実際に生きてる?のかよくわからない謎の集団アダム一家
彼らの目的がわからないので、最初は、ん?って感じでした

多分、そこに意味はなさそうです。


内容はともかくとして、濃いキャラと舞台設定。
動きまくるハンドくん、かぶりつく絨毯、残酷がいきすぎて面白い姉弟。

なにより、ゴメズとモーティシアの熱烈な熱愛シーンがくどいのにくどくないぶれない感じが気に入りました。

というか白塗り&でっかいクマでわかりづらいけど、フェスターはクリストファーロイドがやってるんですね。肩ずっと張ってて疲れそうな役ですよねフェスター。
さゆ

さゆの感想・評価

3.8
小学生の娘ちゃんが好きかなぁと思い再鑑賞。
なんとな〜くは覚えてましたがオープニングのあの曲を聴いて、、そうそうコレってなりました笑。
懐かしかったー。
クリスティナ・リッチが可愛いい。
この作品のテーマ曲でテンションが上がらないはずないじゃないですか

主演のゴメズを演じられたラウル・ジュリア氏がご存命でしたら第3作4作と作られていたのかもしれないと考えると非常に惜しく、非常に悲しいです
特にこのゴメズは、原作では背の低いぶ男という描かれかたをしていましたが、この作品のゴメズ以外はゴメズじゃないとまで感じるのではないでしょうか?その姿、立ち振る舞い、モーティシアへの愛、一挙手一投足がモーティシアとファミリーへの愛で満ち溢れ、まさに「伊達男」と呼ぶに相応しい方だったと思います

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の流れからクリストファー・ロイドと、この作品で性癖を歪められたといっても過言ではないクリスティーナ・リッチを堪能したくて数十年ぶりに見返しましたが、こちらの主役はゴメズ&モーティシア&フェスターのためクリスティーナ・リッチ演じるウェンズデーの出番はちょっとお預け

とはいえそんなこと全くきにならないほど楽しいです笑えます2も見たくなると思います!
カラミーア!
ホラーコメディ。
ゴスやティムバートンの世界観が好きな人は絶対に好き。
面白かった。
奇妙な物が好みで不思議な家族は、世の中に理解されてないけど幸せそうで憎めない。
女の子役はクリスティーナリッチ。
そして、監督はメンインブラックも撮ってることを知り驚き。
シャチ

シャチの感想・評価

4.0
アニメ映画化されるということなのでまだ観ていなかった実写版を鑑賞…有名作品だけありさすがの面白さ!

キャラクターがみんな個性的でなかでもウェンズデー可愛い見た目と発言のギャップが魅力的で一番好き!

内容的にはアダムス家の財産を狙って悪徳弁護士が主ゴメズの生き別れの兄(偽物)を屋敷に侵入させるのだが…という感じのドタバタブラックコメディ
ウェンズデーの仮装がしたくて映画を観ないで仮装するなんて失礼だよなと思って観た映画!結局しなかったけどな❗️仮装❗️
>|