人面魚 THE DEVIL FISHの作品情報・感想・評価・動画配信

「人面魚 THE DEVIL FISH」に投稿された感想・評価

台湾産人面魚

まさかの顔が腹についてて、それ顔2つあるじゃん!と盛大に突っ込む所から開始ですw

ビビアン・スー主演とありますが、群像劇に近いので、主演ではないですね。

エクソシストな展開に、台湾の都市伝説的なお話も加わり、そこへ親子愛や魚鱗癬までぶち込んだ挙げ句、ラストはキラキラ・オカルト・アクション☆

長いわっ!!!
114分に詰め込みまくりだし、そもそも大して使えていない設定ばかり。

それなのにエンドロール前後にまで小ネタを仕込んでくるので、お腹いっぱいでげふぅ~



かつて魔神に悩まされていた蘭潭。
虎爺のおかげで平和に。

2007年。

釣った魚に操られた親父が一家を惨殺した。
「虎爺に会わせろ」と言いながら。

霊媒師ジーチェンが対処し、魚を取り出す。

が、その魚をガキが持ち帰ってしまった!
そして案の定ガキの母親ビビアン・スーは操られ、暴れ出す。

ジーチェンは、ビビアン・スーやら親父やらを助ける為、虎爺を召喚しようとするのだが……



ガウガウぎゃおぎゃお五月蝿いな!

操られると、獣みたいになるのですが、喧しいだけの動けるゾンビみたいでした。

そんなんと虎爺のラストバトルは、まさかの『コンスタンティン』な体制から始まりキラキラアクションへ……

なにこれ~( ・∇・)?

あ、虎爺。
"とらじい"って読みたくなりますが"フーイエ"だそうですw

とっ散らかったまま無理矢理終わらせた感じですねぇ~

設定、キャラクタ、半分にして90分でまとめてくれたら、まあまあのホラーになったと思います。
台湾からニーハホ!ダーク・ファンタジー・ホラー!ビビアン・スーって昔、日本で活躍してたあのビビアン🤔人面魚と言う邦題なので昔、日本で流行った人面魚の事を思っていたら一寸違った。ビビアン 生の魚 食べてた。オエッ!せめて刺身にしろよ。今回のビビアンは怖いビビアン!魚が題材の映画だけにギョッ ギョッな映画。(神は存在する)

このレビューはネタバレを含みます

2020年47作目。

なんか、こわかったわ…
おもしろかった!

ラストで虎爺出てきたとき泣いた。

ビビアン・スー出てて可愛かった。
horahuki

horahukiの感想・評価

2.8
台湾産人面魚のビジュアル😂

池で魚釣って食べてたら呪われるお話。台湾産の人面魚はどうやら左側の腹の部分に顔ができるらしい。だから人面魚モードの時は目が四つあるってことやね。四つもあるのに右側後方が手薄過ぎて笑う。もっとバランス考えれば良いのにね🤣

そんでビビアンスーをすっごい久々に見た!割とメインの役柄で出てるのだけど、途中で演奏会に出場するエピソードが入るもんだから『タイミング』の弾き語りでもやるのかと思って期待しちゃった。結局シューベルトの『魔王』を引いてたのだけど、下手くそだったのかお客さんが次々体調不良を起こすというジャイアンリサイタルには笑った。

しかも子供をあやすために歌う場面もあったのにそっちでもノー『タイミング』だったからガッカリ。そのせいでコレ見てる間中、頭の中で『タイミング』が無限リピートされて困った。

物語的には悪魔を祓う的なやつ。釣ったばかりの新鮮な人面魚を食べた男が突然苦しみ出して、家で自分の家族を惨殺する超エクストリームな食あたり。更には、その魚の口から出てきた稚魚をなぜか持ち帰ったキッズのママも気分が悪くなって子どもにあたる。食あたり怖い…😱

そんな人を狂わす食あたり悪魔を倒すために虎になろうとするエクソシストが悪魔に物理戦をしかける展開。何が何なのか良くわからなかったのだけど、最後は怪獣バトルみたいになってた。1.4倍速って便利👍
まなか

まなかの感想・評価

3.3
記録。シリーズ物らしい。
今は台湾にいるんだビビアン・スー。
Dacro

Dacroの感想・評価

2.2
道で悪霊がのりうつった魚が稚魚をドバドバ吐いている様子を見てしまった少年が、なぜか家に連れ帰っちゃって悪霊が母親であるビビアンスー(脇役)に取り憑いちゃう話。

どうやらシリーズ3作目らしく、ホラーより想像以上にファンタジーな作品で若干付いていけなかった。そして人面魚要素はほとんどない。基本的に悪霊退散物語。

ビビアンスーが生魚をバリバリ食べている光景は、多分ここでしか見られないと思う。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.3
父親によって家族が惨殺される事件が発生。悪魔祓いの依頼を受けた霊媒師の男は、父親に取り憑いた悪霊を“魚の体内に閉じ込める”儀式を開始する。ホラー作。“人面魚”を謳うにしては関係性は薄いが、オカルト感やホラー感は良く出ていて、見せる恐怖、見せない恐怖とバリエーションは豊かな不気味さのある描写は多々ある。霊媒師と並行して離婚問題に苦しむ母と息子の物語があり、繋がりはあるが、色濃い絡みがないのが残念。恐怖感の盛り上がりは薄くなってしまう感はある。ホラーやオカルトがあり、アクションも盛り込まれた内容。ビビアン・スー出演作であり、演技は良い。
土田

土田の感想・評価

3.1
魚は結局なんだったんだ?
ビビアンスーのピアノ演奏とっても良かったです!
『90年台を代表する“人面ホラー”、令和初の“タイミング”を見計らっての参戦です』





【人面魚 THE DEVIL FISH】!!!……ちなみに日本では山形のお寺に今も生息しているらしい??流行りましたよねー、人面犬に人面牛ならぬ“クダン”なる妖怪まで“人面”というと「学校の怪談」の定番ネタみたいな、そんな事をふと思い出してしまったのですがどうやら台湾にも定番の都市伝説というのがあるらしいんですねー。


2017年に結婚して現在は台湾で活動しているビビアン・スーが本作で「うつ病を抱えた母親」を熱演しているんですねー。アイドルのイメージが強いおじさん世代にはかなり高評価だったのでは!?実際私が観に行ったその日は座席がほぼ満席状態で日本でもいまだ人気の“女優”だと感じましたね〜そして御年44歳と思えないキューティー&ビューティー!!お若いですよねぇ〜、呪われた後は顔面血だらけで魚をムシャムシャしちゃう恐ろしい姿を披露しちゃいますが




続きはブログで↓
https://edamamemamade.wixsite.com/edamame-movieimpact
まず、あまり魚は関係ない(笑)

ビビアン・スーは相変わらず可愛らしいのだけど、いかんせん画面が全編にわたって暗いのでよく見えない。


現代と矛盾しない立ち位置に霊媒師とかまじないとかがあったりとか、悪霊とのバトルとか見所もある。ビビアンがシューベルトの魔王を弾いて子供がバタバタ倒れていくとこなんかも面白い。

ただ全体的に冗長なのであまり緊迫感がなく、ビビアンと息子、霊媒師と息子(そして亡くなった妻)の絆を描き出すクライマックスの頃にはゴムが伸びきってしまった感じ。
30分くらい短ければ良かったのでは?

そんな全体を象徴するように、エンドロールに入っても中々映画が終わらない(笑)
>|