ミス・アメリカーナの作品情報・感想・評価・動画配信

ミス・アメリカーナ2020年製作の映画)

Taylor Swift: Miss Americana

製作国:

上映時間:85分

4.1

あらすじ

「ミス・アメリカーナ」に投稿された感想・評価

かおり

かおりの感想・評価

4.2
かっこいい、美人、可愛い っていうありきたりな理由から彼女を知って、歌も好みだったからテイラーの曲聴いてたけどこのドキュメンタリー観て彼女を本質的に好きになった

あの力強いパフォーマンスも歌詞も彼女の信念からきてるもので、これまでの経験がさらに彼女を強くさせてるんだと思った

自分が正しいと思ったことをする彼女は誰にも負けない強さがあるし、尊敬する

人を敬うためにできるだけ学ぼうとしてる、っていう彼女の言葉は私も真似しないといけないなと思った 教養身につけよ
yui

yuiの感想・評価

-
テイラー好きの友達に勧められて観た。
誰からも好かれるお人形さんから、1人の意思ある女性へと成長するまでのドキュメンタリー。
今までテイラーのことをあまり知らなかっただけに、彼女にこんなにも大きな葛藤があったことに衝撃を受けた。
世界中から批判やプレッシャーが向けられる中、政治的な立場を表明したのは本当に勇気ある行動だったと思う。
しっかりと自分の意見を発信することの大切さを改めて実感したし、日本でも若者に政治への関心を広めてくれる人が増えればなと思った。
nao

naoの感想・評価

3.9
有名人って注目されるから大変。

テイラーはそんな中でも
自分の声を世間に伝えようとする
その勇気がすごいな

テイラーの音楽を聴いてみようと
なりました

あと子供の頃の姿が
動画で残っているのは素敵だなぁ
Lorena

Lorenaの感想・評価

3.8
デビューしたときから好きだったけどこんなにいろんなことと闘って、葛藤してたんだなぁ、、
salvador

salvadorの感想・評価

3.5
テイラースウィフトがいかに自身のキャリアを形成していったかがわかる。
さまざまなバッシングを受け常に自身を内省化して、変化していたことがわかった。
そしてダイバーシティの現代社会において、先陣を切って意見を表するようになる。
スキャンダラスなポッとでのポピュラー歌手ではないことがこの作品を見てイメージが一蹴される
まみこ

まみこの感想・評価

3.0
「1989」までは大好きだったテイラー。
「Reputation」があまりに攻撃的で聞くに堪えず、それからは離れていた。

一言でいうと「よくできた」ドキュメンタリー。何をどう見せれば人の心を動かせるかを熟知しているんだろうなあ。
どうしても一抹のモヤモヤが残ってしまうのは、彼女はやっぱり「いつも正しい人」であることを捨てられないんだなと思わされるから。「ピンクの服を着て政治の話をする」。典型的で、ある意味完璧なフェミニストのパフォーマンス。
きっと矛盾や間違いを許さず、そのままにしない高潔な人なんだろう。それは素晴らしいことだけど、わたしは心を動かされなかった。

もう聴かないのかな、寂しいなと思いつつも新譜の「The Man」は名曲だと思う。
自らを縛るミソジニーをポップソングに昇華する。こうやって呪いから解き放たれていく。
女性の権利を謳い、女性を力付けるTaylor Swiftのドキュメンタリー作品

14歳でメジャーレーベルと契約し、
「生涯」にわたって、国際的に支持されるブランドを構築するために必要な、スタミナ、テクニック、マーケティングの精通、さらには才能を持ち続けるテイラー。
彼女は常に「Taylor Swift」を演じているように見えますが、作詞作曲したものは彼女自身を表しており、親近感も感じさせます。

そんな彼女も30歳に成るにあたって、政治的立場を明確にしたり、性的暴力を訴えたりと音楽以外でも積極的な活動を取っている。
その映像や本人からのコメントから学ぶもの、考えさせられるものは多かった。特にラストのコメントが印象的でした。
mii

miiの感想・評価

4.5

メディアで見るキラキラした笑顔で楽しそうに話したり歌ったり踊ったりする姿も、本編で出てきた、曲作りをする姿、傷つきながらもそれを糧とし曲へ昇華する姿、家族友人恋人仕事仲間と議論したり喜びをわかちったり涙しながらも支え合う姿、どれも彼女らしく、もっと好きになりました。
LALA

LALAの感想・評価

3.8
ティーンの頃に流行ってた彼女の曲は恋愛についての歌ばかりで、恋しない私にはピンとこなかったんだけど…
最近はエンパワーされる曲が多くてよく聞くようになった。

力強い言葉。不満。

明日も頑張って生きよう。
がい

がいの感想・評価

3.5
ギターやピアノを弾ける人ってスゴイ
そのレベルで観てた私だけど
ステージやらで物凄い事になってたんだねなんだか
アカデミー賞しか見たことなかったからビックリしたし
トムヒとの事も知らなかったし
猫カワイイ
>|

似ている作品