ホテルレイクの作品情報・感想・評価・動画配信

「ホテルレイク」に投稿された感想・評価

なかなか面白かった!
怖がらせる演出が良くて、結構怖かった。

予告編にある

・絶対に上を見上げてはいけない。
・絶対に一人で歩き回わってはいけない。
・絶対に405号室に入ってはいけない。

のルール説明ないので
予告編のルールに惹かれて見た方は騙された!てなるかも。
ルールって訳じゃないんですよね
なんでそんな予告編にしたんだろ。

ちょっと説明不足+強引な感はありますが、全体的に不気味で面白かったです。

主人公のイセヨンさんが綺麗でした。

韓国映画、韓国ドラマあるあるな警察無能演出はこちらの作品でも健在でしたw
なんであんないつも無能なんだ…www
見終わってからあらすじ読んだらこのホテルには3つのルールがあったらしい。
えっ?どこかでお伝えしてくれてました?
察しろと言うことだったのでしょうか。
内容的にはたくさん詰めこみすぎたよといった感じ。
最初のシーンが1番怖かった。心構えなく見えたから、ゾクゾクってした🥶
”すぐ後ろで笑ってるよ”

『ヨコクソン』に引き続き、連続で韓国ホラー映画を鑑賞。
ジャンルは違うけど、恐さもキモさも近い感じだったかな😱
と、思ったけど観る順番が逆だったら、こっちの方が恐かったかもしれない…😨

ほぼ、やべぇホテルを舞台に展開される今作。
メインキャラも全員女性で、めちゃくちゃ少ない。
主人公と娘ちゃん、ホテルの社長(主人公の叔母)、全くやる気のない従業員1人。

でも、娘ちゃんはメインキャラ以外ともけっこうお話をしていたようで…。

予告編で説明されていた、このホテルでの注意事項3つ。
「絶対に上を見上げてはいけない」
「絶対に一人で歩き回ってはいけない」
「絶対に405号室に入ってはいけない」

この説明、本編であったかな?😂
記憶違いでなければ、なかったような気がする。

とりあえず、そんなルールちゃんと守っていたらホラー映画にならないので、主人公が全破りするのは観なくてもわかるからそこまで重要なことではないんだけど…😱

というか、主人公がルールを守るか以前に、このホテル全体に漂う雰囲気が息が詰まるぐらい暗くて、それだけでもう怖い。
(劇場か、夜中に部屋暗くして1人での鑑賞推奨)
ほぼホテル内での様子が描かれるのだけど、ちょいちょい近くの遊園地にも行く主人公と娘ちゃん🎠

遊園地に流れている、お気楽な音楽を聴くと、そのギャップのせいで、再びホテルに戻った時に恐怖が上乗せされるという不必要な素晴らしい仕組みに脱帽😂
そして、遊園地でのシーンは息抜きかと思いきや、、、

娘ちゃんは1人でメリーゴーランドに乗りながら、隣を向いてずっと喋ってました。

ちなみに後半は「キモっ😨」「こわっ😱」「ジーン🥲」「モヤっ😑」「うん?🙄」
って感じ。

うん。わかりやすい。

なんか、夜中にレビュー書いてたら思い出してちょっぴり怖くなってきたので終わり。

P.S.
韓国警察、ホラー映画でも活躍できず。
体育座りの入浴シーン。

ホラーぽいジャケットなので観に行こうと思った作品。

異父姉妹の話し。
閑散期のホテルが舞台で不思議な子供が出てきて絶対に入ってはダメな部屋があるって、まんま『シャイニング』な設定。
でも『シャイニング』みたいに閉じ込められたストレスから徐々に狂っていくのではなく、最初から心霊現象起きまくりでした。
子供はお化けが見えて会話もしてるらしいけど、別に何か能力があるわけでもなく。
で普通に心霊ホラーだと思ってたら意外な展開?
サイコパスが出てきてそいつが今まで殺したやつがお化けになって出てきてた?
いや逆に危険の警告をしてくれてた?
心霊現象の原因がサイコパスだったんですが、そんなの出さずにもっとしっかり呪いを描いてた方が良かったんではないでしょうか?

これ観た帰りの話し。
大阪から阪急→京福→JRと乗り継ぐのが1番安いので時間は少しかかるけどこの日もそのルートで帰ってたんです。
京福電鉄は一部路面も走るんですが路面と線路軌道に切り替わる所で間違って軽自動車が線路に入り込んだそうで大騒ぎ。
警察や鉄道関係者がいっぱい来られてましたが重機などは来てなかったので車は自力で脱出できたみたいでした。
危うくJRの乗り継ぎに遅れるかと思いましたよ。




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2021年8月16日
鑑賞回:17:30〜19:15
劇場名:シネマート心斎橋
座席情報:シネマ2 J-5
上映方式:2D 字幕
レーティング:G
上映時間:101分
備考:メンズデー
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『ボディガード』
築浩

築浩の感想・評価

2.4
[SCREEN]#1
観賞記録/2021-290
観賞溜まってきたので記録のみ
sasha2021

sasha2021の感想・評価

3.1
悪名高い不気味なホテルについて。実際は怖いというより"危ない"ホテル。
めっちゃめっちゃ人間ドラマの多いホラーでした。ホラーとして目の演出などすごかったですが、最後の30分くらいで今までやってたホラー現象を全部踏み倒して、お得意のドロドロドラマに持って行っちゃうのね、と思いながら見てました。
10代の頃に母親を亡くし、母をめぐっていろんな問題を抱えていたユミは気が進まないながらも母の旧友であるおばさんが運営するホテルレイクを訪れるがそこは度重なる従業員の自殺や、絶対に入ってはいけない405号室など悪名高い恐怖のホテルだった。
yuuuumi

yuuuumiの感想・評価

3.8
叔母の経営するホテルに妹を預けることになったユミ(イ・セヨン)はこのホテルには奇妙なルールがあることを知る。
『絶対に上を見てはいけない、一人で歩き回ってはいけない、405号室に入ってはいけない』

ホラーが大の苦手な私には冒頭からほんとに怖くて、怖い瞬間が映し出されそうだなという時に、正面から映像を観ることができませんでした。

舞台はホテルの中と、遊園地のみ。
耳に空気が入ったようなツンとした瞬間、何を言っているのか理解できない韓国語をボソボソと囁かれていて、空気感が変化した時の恐怖といったらたまりませんでした。
物語はよくある話かもしれませんが、ホラーという演出が凝っていて、ホラー慣れしていない私には充分すぎるぐらいの恐怖を与えてくれました。

正気を失っている人物が実は正気で、こんな霊感的な事を感じたら、確かに正気ではいられないだろうと思わせる展開。
開いてるドアは覗きたくないし、鏡も見たくなくなるお決まりのパターンかもしれませんが、結末まで真実は明かされず、常に『そこに何かがある』という演出に、最後まで飽きずに鑑賞できました。

韓国の女優さん達は狂った演技がほんとにお上手で、ジワジワと身近に浸透してくる距離感がたまらなく恐怖でした。
かんD

かんDの感想・評価

3.8
81本目
寂れたホテル、何かを知ってそうなアル中の従業員、いわくつきの405号室という何か起こらない方がどうかしている設定の本作。
ジャンプスケアと静かに這い寄る系を上手いこと使い分けていて、怖かったです(小並感)
シネマート心斎橋さんの音が良い、音が良すぎて怖さ倍増した。

韓国語って本当に何を言ってるかわからない(知識がない為)ので、ぼそぼそ喋られるだけで怖いのです。
『サイコ』と『シャイニング』へのオマージュを感じさせる韓国産ホラー。ハズレだった。人物関係やエピソードの繋がりがうまく頭に入ってこなくて自分の理解力を疑ったが、ほとんど初対面の眼帯霊感少年をホテルに連れてくるところで全てがどうでもよくなってしまった。欲張って詰め込んだ要素もうまく機能しておらず、全体的に散らかっているイメージ。開幕のシークエンスはわかりやすく怖くて期待を感じただけに、とても残念だった。
>|

あなたにおすすめの記事