犯人は生首に訊けの作品情報・感想・評価

犯人は生首に訊け2015年製作の映画)

해빙/Bluebeard /hae-bing

上映日:2017年07月02日

製作国:

上映時間:117分

3.3

あらすじ

妻と離婚し近畿道の新都市に越してきた医師のスンフン。この町では、15年に渡り未解決の連続殺人事件が起きていた。スンフンが新たな病院で業務に慣れてきた頃、漢江の解氷と共に首と手足が切断された女性の死体が浮かび上がる。住人たちが不安に陥る中、スンフンが住むマンションの1階にある精肉食堂の老人チョンは、診療中に「体は橋から捨てれば見つからない。頭は冷蔵庫の中。」と呟く。精肉食堂の一家が連続殺人に関係し…

妻と離婚し近畿道の新都市に越してきた医師のスンフン。この町では、15年に渡り未解決の連続殺人事件が起きていた。スンフンが新たな病院で業務に慣れてきた頃、漢江の解氷と共に首と手足が切断された女性の死体が浮かび上がる。住人たちが不安に陥る中、スンフンが住むマンションの1階にある精肉食堂の老人チョンは、診療中に「体は橋から捨てれば見つからない。頭は冷蔵庫の中。」と呟く。精肉食堂の一家が連続殺人に関係していると踏んだスンフンは、店の冷蔵庫に死体の頭部が隠されていると考えるが・・・。

「犯人は生首に訊け」に投稿された感想・評価

マーチ

マーチの感想・評価

3.5

【(ほぼ一言)レビュー】

ドンデン返し系統のサスペンス作品。

ラストに車載カメラの映像を持ってきたのは、かなりナイスな判断だったと思う。

やはり肉屋には何かがある…🐖🐃🐓
🥩・🍖・🍗・🥓


【p.s.】

その日に観た作品を出来るだけその日のうちにレビューしておきたいのですが、未レビュー作品が溜まりに溜まってきた影響で追いつかなくなってきたので、今年に入って観た数作品分は、《(ほぼ一言)レビュー》で投稿しておきたいと思います。
しばらく続きますので、お付き合い下さい♪

*映画情報もカットします。御了承下さい。


【映画情報】

なし
あ

あの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

これなんなんだろう、みてる途中全然よくわからなかった
本人は結局ぷしってことだったのか、、
何が正しいのか、主人公の視点いうか幻覚?でしかすすまなかったからよくわからなかった
精肉店っていうのがこわかったなぁ
認知症のサイコパスはやばすぎる
今見終わったけど、ラストまで結局わからなかった
asmin

asminの感想・評価

1.8
二作続けてしょうもない映画を観ちゃったので、不機嫌なわたし。
もっと韓国映画っぽいのを期待してたんだけど、一風変わった感じでしかもつまらないときた!
勝手に期待してごめんなさい…

この主人公が何故かすぐ、夢か現実かわからない映像を見るので、こっちが混乱するわ逆に…(逆にの使い方おかしいですよ)

種明かしも、なんでもアリな感じでいい加減イライラするわ。

物語にひねりも何もないので、途中、50分の居眠りを挟み、なんとかラストまで鑑賞致しました。
皆さんも休み休みご覧になって下さいな。
タイトルが良かったので期待してしまったが生首はなかなか出てこなくて( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
んー。色々オチ考えながら見ちゃったから、あんまり深読みせず見たら面白いかも。
本編とはまったく関係ないことだけど、主人公が元奥さんとくんずほぐれつなるシーンで、自分もあんな風にどん底で抱きあってみたいもんやな、と思ってしまった。なんだろうね。

あとは看護婦さんのまったく本筋に影響しない着替えシーンも、なんでかわからんけど、どエロかった。なんだろうね。

そしてどうして最後に書いてるのかわからないけど、肝心のミステリがすごくよかったので!!!少し昔の推理小説を思わせる展開でした!!!好きだ!!!
原題「해빙」(解氷)
邦題のセンス。まぁインパクトあったから借りてしまったんだけどさぁ!
うん、なかなかの気持ち悪い作品だった。
だれも信用できなかった、なんか最後まで。
だれにも感情移入できない不気味さ。
映画が始まった瞬間に切なめの音楽流れて
怪しいでしょ~切ないよ~って言われてる気がして・・・むむむ

このレビューはネタバレを含みます

平昌オリンピック盛り上がってますね!
冬の韓国、辛いモノ・あつあつの鍋など韓国料理も美味しいものがたくさん。
今夜は韓国料理で、日本選手団の頑張りを応援しましょう。気分は「韓国映画の夕べ」。

という気分のときにこの映画ですか(笑)

原題は「解氷」。
趣きあるこのタイトルよか、邦題のほうがインパクトはあるけど。えげつない気がする。やりすぎな感じがする。


主人公の内科医は妻と別居してひとり暮らし。精肉食堂の上の一室を借りて住んでいる。ふとしたことから、15年もの間犯人が捕まらない首なし殺人事件の犯人はこの肉屋ではないかと疑い始める。肉屋の冷凍庫の黒い袋に入っている、あれはいったい…。だって袋の大きさといい、袋の口から毛髪が覗いていることといい…。不穏な妄想に取りつかれた医師はしだいに常軌を逸していく。

以下、けっこうえぐい感想を書いてますので、苦手な方はここまでにしてとじてください。











雰囲気は悪くないです。
なにより予告篇がとても怖い。予告がすべてといっても過言ではありません。

実際、夫は予告だけみて「この先もおいしく焼肉食べたいので僕はこれみません」ときっぱり(笑)

予告の盛り上げは絶妙ですな。
「頭以外が見つからない連続殺人事件」 → 「精肉店」 → 「黒いビニール袋」 → 「生肉」 →  察し

不穏な雰囲気は、いやが応にも盛り上げる。この予告だけで、最後の「察し」まで行ってしまう人には、この作品はやや拍子抜けかもしれません。
期待(?)するほど食欲は落ちませんからご安心を。

主人公の内科医師は「お嬢さん」でおじさんを演じていたチョ・ジヌン。
精肉店親子の息子役のほうが、ちょっと濱田岳っぽい感じで、とても良い。こわい。

サスペンスの脚本としては面白いと思いますが、画面暗いし、途中眠いし、ドキリのシーンも、主人公の悪夢(夢おち)という展開に何度もおとされると、「はいはいはいはい」とだんだん怒りがわいてくる。

ただ、のこり30分ぐらいで、観てる側も主人公も夢うつつだったシーンの数々を、別の視点で暴いていて、ここからは、やや面白かった。このように書くと勘が良い人にはわかってしまいそうだけどね。

そしてエンドロールで、もう一つ用意されている「ゾッ」がうまい。と膝を打ちました。これは精肉店親子の得体の知れなさを醸し出す演技力に負うところが大きいかも。それ以前に、この親子と血塗れの肉切り包丁の組み合わせをみたら、いやでも想像してしまいますがな。この親子というより、各方面の想像力、妄想力の勝利。

いろんな伏線のうち、放り出されっぱなしのものもあるし。
精肉屋のおくさんや、主人公の勤務先のナースなど危なげな雰囲気だけは抜群(あー、食べられるのかなー)と、最後までハラハラさせられます。

でもなぁ、やはり、雰囲気勝ち。いや負け。静かで不穏で、みてる側の想像力頼りでひっぱる展開とはいえ、も少し場面に緩急がないとね。

そして何より、韓国バイオレンスとしての怖さが足りない。血や肉塊なんか見せなくても、怖い映画はたくさんあります。「そうじゃないでしょ」「これじゃ足りないでしょ」

…と、わたしいろいろ麻痺してますね。
コリ

コリの感想・評価

3.0
猟奇連続殺人事件に巻き込まれた医師を描いたサスペンス。
町で15年にわたり未解決の連続殺人事件が起きていることを知る。

医師と同じアパートに住む肉屋さんの親子が怪しくて不気味が半端ないです。

黒い袋に入ったものは生首なのか?
誰が犯人なのか?
中盤から二転三転する、どんでん返しが面白かったです。

生首には何も訊いてなかったような気が・・・。
まさかのラストには・・・^^;
犯人は、あれを見ればバッチリ解決ですね・・・(笑)
仁

仁の感想・評価

3.0
またか!またくだらない邦題のパターンか!もうね、邦題と原題の和訳、両方表記した方がいいよ。内容的には、この事件は妄想でこの事件は現実?なんて少し混乱する感じ。
どんでん返しのラスト5分。
精肉屋の親子が良い意味で不気味。
>|