コリアタウン殺人事件の作品情報・感想・評価・動画配信

コリアタウン殺人事件2020年製作の映画)

Murder Death Koreatown

製作国:

上映時間:79分

3.3

あらすじ

「コリアタウン殺人事件」に投稿された感想・評価

何年経っても匿名性を保ち続けられれば、本物のファウンド・フッテージとして評価されるかもね!


監督・出演者が不明ってのはファウンド・フッテージモノとしてこれ以上にないフックになるけど、ファウンド・フッテージって本来そういう事だよなと我にかえる。

ホームレスと出会った撮影者がおかしくなってきて信用できない語り手になっていく展開で、解決じゃなくてそっちにいくんか〜って心離れてしまった。


白石晃士のモキュメンタリーの話を聞くと、終盤のそれやっちゃうとファウンド・フッテージではないんじゃないかな?ってなるけど色々とグレーゾーン。んで、それが醍醐味。
むずかし〜〜〜!!!
私は一度見ただけでは理解しきれませんでした…くやちぃ
見返したいけど怖すぎて1人では見れない…
画は伴なわないけどホームレスの語る内容がほぼデビッドリンチ。頭のおかしい2人の会話がギリで成り立っちゃってるのゾワゾワする。とはいえロケーションがご近所ばかりで途中から少し飽きちゃった。ジャケのインパクトで興味引くやり方は渡辺文樹イズム。@Amazon
いくつかゾワっとする場面があってなかなか怖かった

前半のなんてことない日常から、後半の展開への移行が上手い

ご近所さんこわい
kakkoka

kakkokaの感想・評価

3.0
この映画のfilmarksの概要欄もそうだけど、こんなけ検索すりゃなんでも出る情報過多の時代に
監督名も役者名も何も載っていないのがすでに怖い。


内容は79分でも長いと感じるような映画だけど、
もし明日、身の回りに非日常的な何かが起きたら、
今晩この映画を観ようと自分が選択したのは、何者かに導かれていたからではないか...
と少し考えてしまうかもしれない、そんな映画。
miso

misoの感想・評価

1.5
本当にドキュメンタリーかと思う程
上手くできている
カメラの揺れが激しく
色々としんどくて不気味…
yyy

yyyの感想・評価

3.2
2020/09/12
36本目

人間の精神が壊れていく様が延々と記録されている作品。
フィクションかノンフィクションか。
信じるかどうかはあなた次第。
なお

なおの感想・評価

3.5
色々と謎に包まれた映画。
画質の粗さがリアリティを引き立てる。

初見時は「次は何が起こるのか?」というハラハラ感を強く感じられます。
閉鎖的環境下の抑圧から自己を防衛するには、その環境から脱出するのが何より剴切だろうけど、その脱出にはいずれ限界がある。そのとき人間は自らの想像力を環境に隷属させて、状況を何とか肯定しようと試みる。自由意志などという幻想を元に運命は克服できると前世紀ごろから盲信してきた我々も程度の違いはあれど、この主人公と同じ穴のムジナに相違ない。

同じロケーションを毎度毎度「今日は嫌な予感がする」と言ってブラブラする退屈さ。それが誘導する自己暗示の逆説的な共犯構造。彼女が綺麗めのデブだったり、期待してもないのに拍子抜けしてしまう近所の面子だったりの生々しさがイライラするくらい良い。落書きが撤去されてることを必死にフォローしながら進むランデブーの居心地悪さなんかは特に素晴らしかった。グシャグシャになった張り紙がその場に放置されてるってのは地味に上手い。でもどうしたって白石の存在が頭をチラつく...
無職になって暇潰しに近所をふらふらして、適当に意味を持たせようとすると良くない。
>|