リベンジ・リストの作品情報・感想・評価・動画配信

「リベンジ・リスト」に投稿された感想・評価

ジョン・トラヴォルタ主演の復讐映画。

物語の設定に展開はまさに王道のリベンジ系作品。
非道な悪役に身内を殺された元工作員等の最強オヤジが復讐を完遂するという部分は本当によく見るし、大抵が同じ展開になっていくにも関わらず、いつも楽しんで観ているのは個人的な好みからなのかもしれない。(復讐ものの魅力もある)

今作の魅力は相棒デニスの存在。
最初の登場シーンこそトゲトゲした感じでしたが、そこからの相棒力は見事。
脇が甘くなりがちな主人公の代わりに情報収集、時間管理、武器調達、銃撃戦・格闘戦での連携などもう本当に全てをやってくれる笑
そしてどこまで危機的状況に陥っても無事に主人公の元に戻ってくるあたり、もう人生のパートナーレベル、こいつが一番好きになります。

家族の巻き込まれレベルは他と比較してもそこまで、敵の真っ黒さは高め。
haruka

harukaの感想・評価

-
ハラハラとか死んじゃう!っていうより、あぁ殺すのねって感じで観てた

床屋のデニスかっこ良すぎる。スタンリーの良き理解者でよかった
最後の脱出の時の言い合いがテンポよくておもしろかった

アビーはお父さんの血を継いでるね。たくましいし、銃渡すのも最高だった

(なんかずっとスタンリーの生え際気になっちゃう)(小声)
Rico

Ricoの感想・評価

2.9
アクション映画としてはアクション要素が少なめで物足りない。
ジョントラボルタがhair sprayの印象が強すぎて終始女性にみえた🤣

背中に入れたI AM WRATH のタトゥーがかなりダサくて最高!!!!(生え際の違和感も最高。)
相棒との掛け合いが面白かった。
結局真相は明らかにされないのかしら?
狼よさらばのチャールズブロンソンを思い出す映画。
こちらはさらに伏線が有りストーリーは複雑な分面白さも増している。
トラボルタは肥えて動きが鈍くなったけど凄みは出てきたか?
普通ギャングに襲われたら男が殺されて女は犯されるものだがあっさりと奥さんのみが殺され違和感感じた。
しかしそれが伏線につながっていくので納得。😀
この映画の魅力は
床屋の相棒。
口が悪くなじり合いが止まないがキッチリ助けてくれるところはなかなかのもの。
元工作員というパターンは数多く見てきたけれど復讐とは言え知事まで殺したことが国家機密になってしまうのは初めてで印象に残った。
ところでレミK(悪玉の親分)は殺されなかったのか?😅
相棒の役者大好きなんですが、バズ・ライトイヤーにしか見えんのですよ。

あ、内容は普通でした。
inoge

inogeの感想・評価

3.1
奥さんをチンピラに殺されてしまい、トラボルタが復讐するストーリー。
いきなりの悲しいスタートですが復讐しながら伏線もあります、後半に伏線も解決するしスッキリです。
ただアクションは少なめ
タコ

タコの感想・評価

3.5
リベンジ系ってたまらんですよ
いい感じに終わってよかったです
こういうのでいいんだよ、とまでは享受できませんが、フランクには楽しめました。レベッカ・デモーネイが大好きなのに、出番が少なくて残念。
える丸

える丸の感想・評価

2.0
まず、映画は総合芸術だっつってんだろ!!?

この映画の根幹は間違いない設定なんですよ。
元特殊部隊のスーパーエージェントが今は身分を隠して普通に暮らしている。
それがある事をきっかけに再びその特殊な戦闘能力を使って悪を打ち倒してゆく。
これ、96時間やん?Mr.ノーバディやん?絶対面白いやん?

なのに!

なんでだ!!

こっちに情報面でのイニシアチブがあるのに作戦決行のタイミングで正面から突っ込んで先手は相手に取られる。
蛮勇も甚だしい!

それは圧倒的強さには見えないのよ!

ただのバカにしか見えず、せっかくのエリートだったという設定を自分から踏み潰してるんよ!!

そしてなによりトラボルタの生え際よ!!!

画面に出てきたその瞬間から前髪の生え際にしか視線がいかないのよ!!

なにそれ?

どっかでヅラでしたー!みたいなボケがあるのかと期待してたけど最後まで触れられず!!

不自然極まりない生え際の存在感でシリアスなストーリーは頭に入ってこないのよ!

挙げ句、散髪屋に行くシーンがあってドッキドキしたんやけど、髭剃るだけかい!!
気になってるのは髪の毛の方なんです!

良い設定があってもシナリオと演出とそして見た目で台無しになるのだ。
全てに気を遣って頂きたい。

久し振りにこの手のええ映画やったで。
(ええ映画やったんや。。。)
>|

あなたにおすすめの記事