リベンジ・リストの作品情報・感想・評価

リベンジ・リスト2016年製作の映画)

I Am Wrath

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:92分

3.2

あらすじ

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、…

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破する―。

「リベンジ・リスト」に投稿された感想・評価


トラボルタがターミネーターのシュワちゃんに見えた、愛する者の為に全力を尽くす、スタローン、シュワちゃん、そしてトラボルタ、みんな本当に、本当に、お変わりなくいい年の取り方してくれた!
嬉しくてしょうがない(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
あ、スタローンやシュワちゃんはもちろん出てないからね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

最近泣いてばかりのレビューだな(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
やっぱ、年取ったのかな〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

同じ世代の同志諸君、これ観たら、なんか懐かしいこと間違いなし(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

若者世代諸君、愛を感じれる感性をどうぞ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

シュワ、スタローン、トラボルタ様達よりまだまだ若い私らに喝を入れてもらった作品でした(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

さぁ、明日から、
日々これまた鍛錬なり! 笑笑

PS
相棒の床屋が良かった(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

あんな友がいれば最高だね! (´༎ຶོρ༎ຶོ`)
猫

猫の感想・評価

3.0
映画鑑賞券が当たるというキャンペーンのスタンプ押印が目的、という下心ゆえの鑑賞(笑)
いつもなら進んでは観ない。だって題名とトラボルタ主演、と言うだけで、どんな映画かわかっちゃうでしょ?(笑)

予想通り、いや予想以上に殺っちゃいましたねー
『96時間』も私はダメだったんです。
でも、それよりは殺ってないか…苦笑
はい
トラボルタ様のオレ様映画でございました。で、色んな映画のmixの感じが致しました。
最後も予定調和ですし
もう!勝手にしてー(笑)
でも、不思議と眠気は起こりませんでしたねー

共演者さん達が 皆、誰かのそっくりさんに見えたのは私だけでしょうか?
ブラピに10%似の警官
デ・ニーロに30%似の相棒
悪役はヒュー・ジャックマンに25%似ていたなぁー…

 2017.10.03 刈谷日劇にて鑑賞
ろー

ろーの感想・評価

4.0
いま流行りの普通のオヤジかと思ったらとんだ殺人マシーンだったモノ。男のロマンぎゅう詰めムービー。そんくらいの軽い気持ちで見たんだけど、ボルタの相棒がイケオジ過ぎる!どっしりむっちりバディがたまらん!タイミングよく現れ過ぎやろ!なんや妖精か?イケオジ妖精か!はー、可愛いカッコ良かったよー。
本当は3.0くらいの内容なんだけど、相棒がいい味を出しまくってるのでプラス0.2点!
ちょっとダラダラした展開あり、昔は凄腕のスパイみたいなよくある回想シーンもなく残念だった。
アクションシーンもあまりスタイリッシュさがなく、ちょっとメタボ気味なトラボルタが頑張る。
最近でいうとキリング・ゲームやパリより愛をこめて、サブウェイ123の方がキャラが立ってて好きだ。まぁ一番好きなのはフェイス・オフなんだけど。
同じような設定の強いオヤジなら、やはりジョン・ウィックや96時間のブライアン・ミルズのほうが憧れるかなぁ。
イシ

イシの感想・評価

-
ジョン・ウィックの復讐の動機にはイマイチ乗れなかったのだけど、ほぼ同じ動機にもかかわらずこちらはすんなり納得しながらみれた。

トラボルタファンならみてて楽しいと思う。いかに後半グダグダになろうとも。
marusan

marusanの感想・評価

3.5
96時間あたりからよく撮られるようになった、実は強かった親父ムービーのトラヴォルタ版です。ただ他の作品に比べ相棒の扱いが断然大きいです。個人的には主役よりインパクトがありました。アクションはそれほど大したこと無いし、ちょっと黒幕に行き着くまでが頭悪いんじゃないのってかんじですが、トラヴォルタとメローニのコンビがいい味出しているので楽しめました。
深谷守

深谷守の感想・評価

3.0
ハリウッド映画によくあるワンマン・アーミーもの。とはいえ今回は相棒がいるのでバディー・アーミーものといったところか。
中盤あたりまではいい感じで進んでいくものの、途中からストーリーがグダグダになってきて、ラストは完全に破綻。
とはいうもののこの手のB級アクションはついつい観てしまうんだよなあ。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
my映画館2017#68>ここんところ流行?の無敵な男に、今度はジョン・トラボルタが挑戦・・・しかも魅力的な相棒付き。
原題は“I Am Wrath”で、ツッコミ所は問題無用の、怒りに任せた勢いのB級作品だけど、飽きずには見れましたね。
続編やるなら、と言うか、二人の過去が見たいし、相棒役のクリストファー・メローニ、いい味出しまくりでした(笑)
この出で立ちはターミナルアダプターサイボーグ野郎だ。素敵❗
妻を殺された恨みを晴らすべく復讐に立ち上がる夫、一人ではやらないんだな。強力な仲間がいて成り立ってる、復讐劇であり、バディムービー。黒幕にいまいちパンチが足りなかったけど、テンポ良し、尺短しで楽しめた。個人的には一人でガンガンやっちゃうほうが好みだけどなー。
>|