ハード・パニッシャーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハード・パニッシャー」に投稿された感想・評価

父母をギャングに惨殺されたSAS隊員が、街のダニどもを次々と趣向を凝らして処刑していくバイオレンスムービー。21世紀に蘇った正統派の自警団映画。ガチムチのクマさん(ちょっとイチロー似)が拷問する時にチラッと見せる笑顔がヤバいっす。全体的に女子がババくさい。台詞はいい女風なのに残念!尺を詰めるためか、編集が強引で途中話が繋がってないところが気になった。あと、続編ありきなキャラ配置なんだけど?
2020.10.19 amazon prime ビデオ(字幕)
こんな奴ら、みんな死んでくれっとは思うんだけど…
観賞後、スカッとせず…。
pon

ponの感想・評価

3.4
こういう映画を見る度に私刑ってあっても良いんじゃないかって思ってしまいます。
罪の重さって国とか法律とかが決めるものではなく、被害者の気持ちで決めるべきではないかと。
人を殺すということは当然のことながらやってはいけないことだけど、お父さんが人を守るために殺してしまったこと、その復讐をするために殺したこと、またその両親を殺されたことの復讐をするための殺したこと。人を殺した事実には変わりはないもののそれぞれの意味合いが全く違っていて、正直悪者達を殺したことに関しては正当性があるのではないかとすら思ってしまう。
mando

mandoの感想・評価

3.5
シンプルな復讐物でした。この手のジャンルに求めてるざまぁ!感はたっぷり味わえた。主人公無双かと思いきやラストは敵も一筋縄ではいかない感出しつつ、ダークナイト的なオチもつけつつ、シンプルだけど面白かった。
tomotomo

tomotomoの感想・評価

2.0
復讐。どっちもどっち。。。
何にしても、好き好きありそうな作品。
hidesan

hidesanの感想・評価

3.0
復讐はよく分かる、しかし、復讐の仕方が狂喜で、変態。復讐よりも、警察とのやり取りの方が面白かった。多分、続編が有るのでしょうが、主役が余り魅力的でないので、作りづらいかも。あの、警察の人がどうなったのか知りたかった。アフガンで何が有ったのだろうか。それも知りたかった。
”ジミー・ヴィッカーズは戻ってくる”

…アメコミ映画かよ!?w
(なお2020年現在、続編は作られておりません。w)



アフガニスタンから帰国早々、両親が何者かに殺害されたという知らせを受けるイギリス軍兵士のジミー・ヴィッカーズ。
何でも強盗を目撃した両親が助けに入ったが、その後報復で消されたとの事。

町ではギャングがのさばり、例によって例の如く警察も役に立たない。
怒りに燃えるジミーは復讐を決意し、親友の警官から情報を得て強盗団のリーダーをとっ捕まえ情報を聞き出して惨殺!!!
情報を得たジミーは武器を調達し、ギャング共に復讐を開始した…!



両親を殺された帰還兵が復讐の為にギャング達を抹殺してゆくバイオレンス・ヴィジランテ映画。
制作陣も役者も無名、内容も低予算丸出しなB級映画だが、そこそこには頑張っているのでそこそこに楽しめるヴィジランテ映画。


お話はベタで「両親殺されたので特殊部隊出身の男が復讐!!」っていう物凄い沢山観たような内容。w
主人公の協力者や理解者が話に絡んだり、役に立たない刑事が主人公を追ったりするというベタにベタを重ねた内容。wwww

内容自体は間違ったことは特にしてないし、主人公の目的が復讐オンリーでブレないのも良し。
処刑の際にを拷問を実施するのだが、そのやり口がバリエーション豊かなのも楽しい。
派手な残酷描写はないが、セメント飲ませ、車で引き裂き、酸ぶっかけ等、悪党の死に様が一々残酷なのも愉快でした。


そんな感じでグッとくる場面は多いし、主人公の復讐劇は観ていて楽しめるけど、肝心の内容は平凡気味。
復讐に燃える主人公だけでなく、主人公を追う刑事や主人公の友人、ギャング達のドラマを時間を掛けて描いてるが、可もなく不可もない出来。
クライマックスの展開はちょっと捻ってあったし、主人公の本性が垣間見えるラストも良かったが、そこまで捻った話でもない。w
低予算だからかそこまで派手なシーンは無いし、話も間延びしてる個所も多い。
(正直、106分はちょい長い。)
殴り合いや銃撃戦等のアクションシーンもあるが、撮り方は普通レベル。
残酷な殺し方も、見せ方はアッサリ塩梅。


そんなワケで正直、B級映画丸出しで地味でアレな所も多い作品。
ただ、主人公の容赦ない復讐鬼っぷりは楽しかったし、悪党がブチ殺されてそれなりにスッキリする内容になってたので、俺はまーまー楽しめました。

あんま期待しないで観れば、まぁ暇くらいは潰せるんじゃないかと。
それ以上でも以下でもないと思うが。
ななな

なななの感想・評価

3.6
特殊部隊っこのパパママ殺されて、復讐しますってストーリーはじまったのに、警察のボケボケ具合にテンポ乱される。
復讐のバリエーションは、なかなか良き✨遠慮がちに遠景になるので、しっかりみましょう👀

1番の驚きは、主人公が 普通に脱走して帰国してたってことでした。(脱走常習者)
全部不幸。全部ナンセンス。はじめから悪しかないから。どちらにもどこにも。
見終わった感想としては中途半端だったなあという印象。ハラハラドキドキしきれないのは、言い表しにくいほどの不完全燃料さかな。表紙がかっこいいだけに少し残念!
>|