96時間 リベンジの作品情報・感想・評価

「96時間 リベンジ」に投稿された感想・評価

1には及ばないにせよ、かなり良質なアクションには間違いありません。
でもどうしても比べちゃうし、ずっと舞台がイスタンブールなので画が地味でした。
続編があったらまた観てみたいです。
96時間の続編。ブライアンは元妻レノーアと娘キムの3人で家族としてイスタンブールを訪れた。しかし以前の事件でブライアンに息子を殺された犯罪組織のボスが報復を企てており…。

前作に引き続きアクション盛りだくさんでハラハラドキドキ、最後はスッキリ終わる一本。犯罪組織のボスも、ブライアンも同じ父親としての立場があって引くに引けない感じが可哀想だった。ブライアンが前より強くなっている気がする。
また前作と同じようなテンポで進んでいくので、続けて見ると既視感があるように感じた。
St

Stの感想・評価

2.4
前作で、リーアム・ニーソン演じる元CIA工作員のブライアン・ミルズが殺した男の父親、アルバニア・マフィアの首領であるムラドは、息子を殺した犯人を見つけ出すべく、様々な手を使ってブライアンの居場所をあぶり出す。

その頃、ブライアンは元妻・レノーアと娘・キムと3人で、イスタンブールでの束の間の旅行を楽しんでいたが、彼らを尾行していたマフィア達によって、ブライアンとレノーアが拉致されてしまう。

ブライアンは監禁された場所から、隠し持っていた携帯で娘に連絡。父親からSOSを受け取った娘は、父親の"安全に大使館に逃げ込め"という指示を断って、2人を救い出すための行動を開始する...。


んー、正直今作は、素晴らしく面白かった前作より、アツくはない。

前作は父が売春組織に捕らわれた娘を救出するためひとり奮闘するという話で、自然と主人公に感情移入は出来た。

しかし今作は、主人公の元嫁を救い出す話なのだが、前作含めそれほど直接的に物語とは関わってこない人物だし、主人公とどれほど愛し合った過去があるのかも描写されない為、ただ"主人公の元嫁という設定を置いただけの人物"を救い出すという内容に終始し、だいぶ薄味に感じられる。

その上、今作では、主人公がとうとう拉致とは一切関係のない警察官まで殺している。前作でも一般人に迷惑は割とかけていたが、今回は無関係の人間にまで手をかけた。そのくせその後の言及は無くてガッカリだし、大使館突入の場面もやり過ぎ。どうも主人公の行動を肯定的に見る事が出来ない。

それに、"ウザさ"も健在。いくら前作であんな事があったとは言え、娘にGPSを付けて彼氏の家に乗り込むなんて...。ちょっと親バカも度が過ぎてないか?


あと、もうひとつ気になった事がある。

主人公が拉致される直前、娘に電話をかけて報告するのを、どうして目の前にいる犯人達は見過ごしてくれたんでしょうか?律儀に電話を切ってから気絶させてるし、ホラーゲームやっててアイテム取る時に襲わず待っててくれる敵キャラ的な感じだったのが、少し違和感を感じた。

ストーリーや細かないくつもの気になる点も含め、やはり"1作目を絶対に超えられない続編"のパターンだった。
ntk

ntkの感想・評価

3.0
お父ちゃん、そんなに娘を守りたいなら、娘から離れるべきでは?
とか思っちゃうけどなぁ。

爆発音の聞こえ方の差で距離計算したり、自作コンパスで2つの円かいて交点から場所推測したり。
すげー!算数っぽい!笑笑
と笑ってしまった(´∀`)

2作目は観んでよかったかな。
nana

nanaの感想・評価

3.7
前作よりは劣るけど親父無双は止まらない!!!(笑)
手榴弾そこら辺に投げるリーアム兄さんそれはアカンやろ。(笑)
かっこ

かっこの感想・評価

3.0
今回もリーアム・ニーソンが暴れます。
今度は自分が捕まったり、奥さんも捕まってしまったり。
典型的な何も考えずに観られる映画。

リーアム・ニーソンの最強パパっぷりは健在。強い。
スピーディーなアクションは見ていて気持ちいいです。
カット割が激し過ぎて目がチカチカしそうになるところもあったけれど。
さらなる見どころは前作には無かったキムの大活躍。
パパから指示されて、手榴弾を迷いなく投げたり、屋根の上を走り回ったり。
免許持ってないのにパパから「銃が撃てないなら運転しろ」と強要されてイスタンブールの狭〜い路地を爆走、シフト操作も慣れたもののキム。
最強のDNAは着実に引き継がれてるなぁ〜……。

ま、何も考えずに観られて楽しいのだけど、もう少しストーリーがあってもいいかな?
前作を見ずに初鑑賞。
イスタンブールを舞台に、(前作の?)復讐に燃えるテロリストとリーアム・ニーソンの闘い。
正直突っ込みどころ満載すぎて、感情移入出来なかったな。敵の前で娘に逃げる方法電話で指示したり、捕まってもボディチェックも見張り無しなので、携帯かけ放題だったり、敵は真面目に復讐する気あんのかって…。コメディなら兎も角、アクションとしてはちょっとゆる過ぎるかと。格闘シーンも、カットが細切れ&早送りで誤魔化した感じで驚きが無かった。
前作の方が評判良いらしいので前作も観てみます。

このレビューはネタバレを含みます

 映画が始まっていきなり、14時きっかりに娘と待ち合わせをして1分でも遅れるとそわそわする主人公。もうこの時点で、怖いキャラクターでもはやホラーとなっていました。その後、GPSで彼氏の家にいる娘を迎えに行く。絶対嫌われること間違いないお父さんです。

 この日常の序盤30分で、このお父さんをはじめとする家族に感情移入させないといけないのに。見てると、めちゃくちゃ怖い家族で、不気味な家族でした。Jホラーを見ている感覚に陥りました。
 
 誘拐される主人公ですが、娘に自分の位置を知らせるために手りゅう弾であることをさせますが。イスタンブールなら何をしてもいいのかと、この時点で見るのが嫌になる展開でがっかりでした。とんでもない行動をする娘に対して、何の罰もなく。むしろ守られる対象として描かれるので不快なままで進んで失敗だったと思います。あれによって、あの町の人たちにいつかリベンジされるんだろうな。と思いました。

 悪役も魅力的でなく、クライマックスで激しい銃撃戦をしますが。誰が誰だかわからずナイフ使いとラストバトルをしますが。あんた誰状態でカッコよく戦われても何も思うどころかむしろ引いてしまいました。
 
 肝心の肉弾戦も動きまくるカメラにカット割がめちゃくちゃ細かくて、何が起こってるかわからずテンション下がりっぱなしでした。
 
 「彼氏がいるの」と娘に彼氏がいると知らされたときの主人公の哀しさの表情といったらたまらなかったです。さすが名優リーアム・ニーソンでした。
 警備員の仕事って終わった瞬間に給料が取っ払いで支払われるのだと勉強になりました。しかもその場で封筒開けて笑顔になる主人公、それって失礼なんじゃないのかと思う映画でよかったです。
shunK19

shunK19の感想・評価

3.0
リュック・ベッソンらしい映像…迫力あるのが良かった!内容はないですw
相変わらずリーアム・ニーソンの無双を堪能する映画。
それを求めてみてるんだけど。

前作と比べて知的なお父さん無双が増えたかな。
それでいてスピード感が圧倒的に増した。まるでジェットコースターを見てるような映画だった。
>|