ドン・キホーテ in Cinemaの作品情報・感想・評価

ドン・キホーテ in Cinema2021年製作の映画)

上映日:2021年07月02日

製作国:

上映時間:113分

4.0

「ドン・キホーテ in Cinema」に投稿された感想・評価

米

米の感想・評価

-
舞台で観るより表情とか細部まで観やすいな
キトリのブルーの衣装が印象的だった💙
コールドの丁寧な踊りとかお芝居を観察するのも好きなので、映像だとそこが見切れるのが残念。
表情がアップで見れるのは良い。
キトリの飯島さん顔ちっさ!
ライブ配信なら3800円だったと後から知る。
今回劇場で2500円で観れたのはラッキーでした。
時々映るオーケストラの演奏者がマスクしているからコロナ真っ只中の公演だったと物語る。

主役のキトリ(飯島望未)バジル(山本雅也)も良いけどナンバーワン闘牛士エスパーダ(杉野慧)に注目。
バジルの黒い衣装に対してエスパーダは白だから大きく見えた。
マントのピンクの裏地や同じ色のハイソックス?に目が行く。
エンジェルの衣装と踊りも可愛かった。

ドン・キホーテはお爺ちゃんで踊っていなかったかな。
 バレエの舞台を映画館で観るのは始めてなので他の舞台と比較してどうこう語れないが、ちゃんとストーリー仕立てで、誇張された身体の動きで感情を表現するのがクラシックなサイレント映画を観てるようだった。

 想像以上にバックダンサーが多けど、ただ後ろで踊ってるだけじゃなくて、ドン・キホーテが風車に突っ込む場面やバジルが自殺しようとする場面で大勢のリアクションを見せる事が舞台における物語の盛り上げ方なんだと思った。

 でも、これってキトリとバジルの恋物語なのでドン・キホーテはあまり関係がない。
Saaaaa

Saaaaaの感想・評価

4.5
ピンクの靴下がやけに現代的であった。あえてピンクを選んだ理由を知りたい。
生でバレエ見るよりも、バレリーナたちの表情がよく見えたことが映画館で見てよかった。
客席から見て舞台の左上には話をしてらっしゃるおばさま方や、ギターを弾いている方、右側には窓から覗いている人がいたりと、踊りはしないけど細部まで雰囲気を醸し出してるところが好き。

「バレエはこういう服を着てこのように踊る」という概念をぶち壊して(規格の範囲内かもしれないが)、美的な芸術的要素もエンターテイメントなところも兼ね備えている様を見て、バレエや舞台装置についての興味が増した。
3拍子の時、やけに足が忙しく動いていたのが印象的だった。
真っ赤の衣装がヒラヒラするたびに目が釘付けになり、踊りだけではなく、旗まで緩急つけて操ってるシーン見てついつい練習量のこと考えた。笑
みなさんで激しく踊る様に、見てる私の脳が飛びそうになった。

ドラマであったら三角関係は別々カットで撮るのだろうけど、舞台上であからさまな三角関係の演出、過激ではないが大胆なところにキュンときた。
Shirota

Shirotaの感想・評価

4.2
映画館でバレエ🩰が見られるせっかくのチャンスなので、鑑賞してきました😊

映画館だからポップコーン🍿食べながら見られるなんていいわあ、と思ったけど、キトリ役の飯島望未さんの華奢なデコルテ見てたら、食べてる場合じゃないと反省😖💦


ドン・キホーテのヨボヨボ具合、
従者のサンチョのコミカルさ
金持ち貴族ガマーシュのメイク💄や仕草にクスクス🤣

スペインの街並みや酒場の立体的なセットが素晴らしい。
巨大風車🌬のセットは、その大きさにビックリ😵

キトリや町娘たちのフラメンコ💃のような衣装も、脚を上げるバレエの動きと合ってて素敵でした✨

バジル役の山本雅也さんのリフトの高さ、長さも凄かった‼️
彼のジャンプはとても高いし、ターンもキレイに何回もクルクル…。

”世界一のバジル”と言われた熊川哲也のバジル、見てみたかったな…と思わされました。

ウェディング💒の終盤でキトリとバジルのターン合戦はもう素晴らしくて興奮して、思わず拍手👏しそうになりました😅
会場も、割れんばかりの拍手に包まれていました👏👏👏


さすがKバレエ、お金かかってるし、派手で見応えありました😆

三大バレエ作品なんかも見てみたいけど、その前にこの『ドン・キホーテ』もう一回見てもいいなあ😊
上段で人知れずギターを弾くルンペンがいやに素敵なおはなし。


しなやかでノビノビとしたキトリの演舞に心を奪われた。美しい。いつまででも観ていられる。
また女体の美と男体の美、つまるところ人体の美が音楽と相俟って歓喜を生み出す一劇一劇には、本に感嘆した。
なるほど映画館での鑑賞には相違ない。しかしバレエとは、かくも滑稽で然し美しいものだったのかと慄ずにはいられない。いつか生で観てみたいところ。

そうして去りゆくドン・キホーテ。滑稽ながらも物悲しい男の背中に、敬愛の念を感ず。

似ている作品