ドッペルゲンガーの作品情報・感想・評価

ドッペルゲンガー2016年製作の映画)

Doppelganger

製作国:

上映時間:6分

2.9

あらすじ

「ドッペルゲンガー」に投稿された感想・評価

2016年アルゼンチン/6分

あらすじ
友達とテーブルを囲み、酒を楽しむひととき。インストールしたてのスマホアプリを自慢し合っては、デジタル時代の変化を満喫していた。ところがそこにドッペルゲンガーが紛れていた。



2人の男と2人の女の会話劇。
それぞれが自慢のハイテクアプリをプレゼンし合うが、その結末はあっと驚くものだった。

デジタル化が進みすぎると、「便利さ」に「恐ろしさ」が勝ってしまうのではないか?
そんな、ほんのりした不安が残る短編。
ブリリアショートショートシアターで鑑賞👀

【あらすじ】
友達とテーブルを囲み、酒を楽しむひととき。インストールしたてのスマホアプリを自慢し合っては、デジタル時代の変化を満喫していたが…

【感想】
タイトル変えた方が絶対面白いって🤣💦
デジタル化の皮肉ってのが良いテーマだったから、あと一捻りあったら面白かったのに…もっと振り切って欲しかった!

2021年鑑賞ショートフィルム71本目。
chaooon

chaooonの感想・評価

3.2
宅飲みでリラックスしながら、会話を楽しむ友人たち🍻
いつしか話題は、スマホのアプリ自慢に。
「こんなの知ってる?」と目新しいアプリを披露していく。

未来を感じる画期的な機能📱
そんな中、最先端の驚きのアプリが登場!?

あらすじとタイトル見たら、オチは読めちゃうというか…そういう目で展開を観察しちゃうと、アイツ明らかに違和感だよなあ〜と思ってしまうという、特に驚きはない作品😇

学生の時ならあのアプリ欲しかったかもね😋
 スマホアプリ自慢大会、優勝は意外な人が持っていくというお話。

 アプリではなくアップって言ってた。だからappストアなのか。
 なんて今さら言ってる自分は、アプリに楽しくなさそうと診断され、知らぬ間にドッペルゲンガーに入れ替わられている類の人間。

 電話とメールのどちらが好きかとアナログ派かデジタル派かってのは全然関係ないないと思うけどね。
 この世に電話ができた時、手紙はアナログだと言われていたはずだし。知らんけどw

(ショートフィルムスコア 3.0)
Tomokiii

Tomokiiiの感想・評価

3.0
デジタル時代への皮肉

実装されたらどうなるんだろ。
代わりに会議に参加する、代わりに飲み会の席に行く、代わりに試験を受けさせる等々。
現実世界のアバターとして遠隔で操作できるようになりそう、、
優勝なappの開発、音声は録音で後ほど、寿司ネタ分かったら便利
hacca

haccaの感想・評価

2.0
スマホの新しいアプリを自慢しあう友達グループ。
餃子?の中身を識別するアプリとかありそう。デジタル技術の進歩で、いずれはこんなアプリ出てくるんだろうな。信頼性は分からないけど。
しかし、ほのぼのお喋りシーンがドッペルゲンガーでいきなりSF感出てきて置いてきぼりを食らった感じだった。
全体的にちょっと起伏に乏しいような。
ユウキ

ユウキの感想・評価

3.0
いつか出てきそうなアプリだなあ、、
時が進んでいくにつれて人とのコミュニケーションが少なくなっていきそうで悲しい

ドッペルゲンガーか、なるほど
Saishin

Saishinの感想・評価

5.0
6分ほどの短編映画。

近未来のアプリが出てきて、どのアプリが凄いかを決め合う物語。

あんな簡単にドッペルゲンガーを作れる時代が来そうな気がして楽しみなような怖いような.........。
みー

みーの感想・評価

2.9
デジタルドッペルゲンガー。アプリで何でもできる時代まであともう少しって感じだよなあ。大した感想はない。「ありゃ」って感じだった
>|

あなたにおすすめの記事