おとなの事情(2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • イタリア
  • / 上映時間:96分
    監督
    Paolo Genovese
    脚本
    Filippo Bologna
    パオロ・コステッラ
    Paolo Genovese
    キャスト
    ジュゼッペ・バッティストン
    アンナ・フォリエッタ
    マルコ・ジャリーニ
    エドアルド・レオ
    ヴァレリオ・マスタンドレア
    アルバ・ロルヴァケル
    カシア・スムートニアック
    あらすじ
    「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

    「おとなの事情」に投稿された感想・レビュー

    マローナ
    マローナの感想・レビュー
    1時間
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    イタリア人のホームパーティ。
    月蝕と人々の重なり合いを文字通り重ねた作品だと思う。

    夫婦、親子、義母と嫁、娘と彼氏、不倫、親友、幼馴染み、妻と旦那の友達、同性、新婚、SNSだけの繋がり、仕事仲間、などなど。。

    私が言うのもおこがましいが、うまく出来た映画だと思った。

    月がいつもに戻った通り、曝け出した内容にフタをして家にそれぞれで戻っていく結末にはちょっと驚いた。苦笑
    tonga
    tongaの感想・レビュー
    5時間
    3.0
    🇮🇹イタリアのホラー映画です。
    アデージョとアデオス達が、満月の灯りの下、スマホで神経衰弱ゲームをします。

    自分のスマホに電話がかかってきたら、音声をスピーカーモードにして、皆んなの前で、会話を丸裸にします。
    たとえみんなには内緒の秘密の相手からの電話でも、容赦なし。
    帰着スルーはNG.

    さて、いい雰囲気で食事と会話が進む中、1台のiPhoneが、🎶ピコリロ ピロ ピッピッって鳴ります。
    1月前に付き合い始めた、グレッグからの電話ではありません。
    大切な妻が隣りに居て、
    『早く(電話)出なさいよ』と急かしますが、手が震え出します。
    だって電話の相手は、愛する男性だもん。
    『出れるかいっ!』

    …ってな感じの、大人達の心情、下情、愛情のいろんな話が、
    🎶ピコリロ ピロ ピッピッって鳴る度に始まって、ひとり、またひとりと、
    吊るされていきます。

    火遊びも、水遊びもほどほどに。

    夜の国会の予算委員会で、このスマホゲームをすれば、きっとこの島の住民は、もっと幸せに過ごせそうです。

    二の腕がテーマの日本映画
    『at the terrace』のイタリア版。
    imnr
    imnrの感想・レビュー
    7時間
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    全員の携帯を卓上に並べ、メールや着信を全て晒すという危険極まりないゲームを酒の席の余興位の気持ちでやってみたら...
    出るわ出るわ、ストロンツォな秘密の数々。

    もうちょいバカバカしくても良かった様な...
    無駄にしんみりした方向に持ってきたがる(BGMとか笑)感じがちょっと違和感。
    ところがオチできっちりバカバカしくやってくれ、思わずズッコケそうになった。

    やってなかったんかーい!って笑

    あと軽く飯テロ。
    トマトソースのニョッキ、美味しそうだったなあ。
    ジョージ
    ジョージの感想・レビュー
    11時間
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ラスト手前まではとても楽しく観れていた。が、オチが僕には理解出来なかった。結局、携帯公開ゲームは芝居だったということ?? なんか夢オチの作品を観てしまったかの様で、モヤっとしたというかイラっとした。

    この手の人間模様に、トリッキーなオチなんかいらないから、それぞれのカップルが破綻からどう繋がり直して行くのかを丁寧に描いて欲しかった…

    ただ、オチまではものすごく良かったので、ギリ3.0点です。
    朝子
    朝子の感想・レビュー
    13時間
    4.0
    正直者は馬鹿をみる?思いやりや優しさが必ずしも正直者の得にならないなんて!と思いつつ、世の常と考えながら帰途に着く。周囲が全て不幸になると、正直者には幸が降る。何も見ないと...うわべの笑顔で上手くいく。でも正直者は馬鹿を...(涙)
    いくらご飯
    いくらご飯の感想・レビュー
    17時間
    4.0
    題材が現代ならでは、面白かった。
    目が離せない会話劇。
    たけむ
    たけむの感想・レビュー
    1日
    3.7
    イタリア語の畳み掛ける話し方と静まった緊張感ある演出によって飽きない会話が繰り広げられる
    ネギトロ
    ネギトロの感想・レビュー
    1日
    3.8

    月食の夜、四組のカップルの会話劇。まあ7人だけど…。

    隠し事や秘密を全てさらけ出したらどうなるか。きっと傷つくことになるし、関係も崩壊するかもしれない。

    でも、もっと分かり合えるかもしれない。失った愛が取り戻せるかもしれない。
    単純なゲームのなかにこんな微かな希望が存在しているはずだ。


    予想通りゲームによって皆マズい状況に陥る。傍観しているこちらにとっては面白くて仕方がない。モラルをちょっと取り払えば、終始笑いながら見ていられるくらいに。

    結局、秘密はさらけ出さない方がいいっていうのがこの映画の結論だろう。ただ一組関係が崩壊しなかったカップルもそう言う。

    面白いのはその後のラスト。月食が終わりまるでいざこざを全て忘れたかのように帰るカップル達。
    彼らを見ると、秘密をさらけ出すことで深く分かり合えるという可能性は微かに残されたように思える。


    2017-54
    odagasukaru
    odagasukaruの感想・レビュー
    1日
    3.5
    笑いどころ多くて、面白かったです。ただラストは非現実過ぎて、そのまま受け取っていいのか解釈に困ってしまった。
    ぴろもーど
    ぴろもーどの感想・レビュー
    2日
    3.2

    多かれ少なかれ、人は隠し事を持つもの。
    秘密ごとはなしね!そんな夫婦間、友人間の中でも、やはり隠し事はある。

    全てをさらけ出すと、その関係にヒビが入るから。

    それこそ私達の関係は脆く壊れやすいものであるから。

    今作は主に会話劇メインです。イタリア語ですし、苦手な人は苦手かも。
    しかしながらですよ、低コストかつこれだけテーマをはっきりさせた作品はやはりいいものです。良作。
    今作に関してはラストがまたいい。

    私達に秘密ごとはないでしょ?
    そこで始めたゲーム。

    ゲーム内容は至ってシンプル。

    みんなでケータイをテーブルに出し、届いたメールをみんなに見せる、電話ならスピーカーで話す。

    ほっこりするような秘密ごともあるんです、しかし、ケータイというブラックボックス。

    当然ながら、みんな秘密があり、それが次々と明らかになっていきます。

    ハプニングもあり、途中からは着信音がなるたび、私が冷や冷やさせられる。今はあかん!ってwwww

    設定も面白いし、余韻も残る。
    >|