おとなの事情の作品情報・感想・評価

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

f

fの感想・評価

2.4
会話劇。スマホを他人に見られたらマズイってのは今の時代当たり前の事なので、そりゃそうだろうと冷めた目で観てたら終わった。大人の事情って感じのオチも安易で薄ら寒いし何でこんな映画が賞取ってんのか意味不明。
ISAO

ISAOの感想・評価

4.0
間の悪すぎる携帯はホラーもしくはコメディのよう。脚本の優れた会話劇です。
くみん

くみんの感想・評価

3.8
うわ、最悪〜と思いながらもおもしろくみていたらこの結末とは!話としては悪趣味だけど、ひとりひとりはみんな魅力的で、イタリアのホームパーティは美味しそうだった。

まずはキッンでアペロ、その後着席して茄子の前菜?、ズッキーニの花のグリル?、トマトソースのニョッキ、ミートローフまで、一皿ずつでてきて最後はマスカルポーネのティラミスのはずだった、パーティの始まりから終わりまで。

それにしても日本人ってそう思われてるのか、ジャポネはねばるって、笑いのタネに。ビオワインをdisっていたのにもほほぅと。あとそれから、パパと娘の会話、これは素晴らし。
新婚カップルや娘の反抗期に悩む夫婦、倦怠期を迎えた2人など、食事会に集まった7人の大人たちが、「メールが届いたら全員の目の前で開くこと」「かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すこと」というルールを設定し、「信頼度確認ゲーム」を開始する。
ゲームが進むにつれ、夫婦間のもめ事や家庭の問題、仕事や性格についての悩みなど、7人の本当の姿が次々と露呈していく。


リアルすぎるくらいリアル。
携帯なんてブラックホールそのものでどんな秘密だって隠されている。
他人の携帯なんて見るもんじゃないのに、こんなゲームするから隠していたことがバレるのだ。
最初にこんなゲームやろうって言い出したエヴァが一番の悪だったような気が。

みんなそれそれの秘密を暴露されたのに、この食事会が終わった頃にはみんな何事もなかったかのように振る舞い、見て見ぬふりをしてやり過ごしいる。
これこそが「おとなの事情」なのだ。

このレビューはネタバレを含みます

タイトル : 鍵付き日記帳
ー映画「おとなの事情」ー

小学生4年生の時、鍵がついた日記帳がクラスの女子の間で大ブームになった。
ブームの火付け役はたしかスミレちゃんだったか。
親に買ってもらったそれを学校に持ってきた。
日記帳はたいそうなものではなく、可愛いキャラクターが描かれた表紙のノートに小さな南京錠がついただけのものだった。
けれどスミレちゃんが持ってきたそれに、クラス中の女子の心が鷲掴みにされた。
部屋は兄弟と共有で、小さな町内が世界のすべてであった小学4年生の私たちにとって、鍵付きの日記帳は、初めての「じぶんだけの秘密」だった。

ポップなハムスターの絵が表紙の鍵付き日記帳を、私もすぐに買ってもらった。
小さくて金ピカな南京錠に、薄っぺらい鍵が(予備用なのか2つ)ついていたのを覚えている。
すごく興奮して南京錠をあけたのだが、真っ白な1ページ目と対面すると、かしこまって、何も書くことがなくなり、困ってしまった。
サッカー部のあの子のこととか、自作の小説とか、私にも女子小学生なりの秘密があったけれど、どれも鍵をつけるほどの秘密じゃないような気がした。
仕方なく、お気に入りのシールを貼ったり、日記みたいなものをつけてみたけれど、数日で飽きた。
結局、私以外のみんなも「じぶんだけの秘密」を十分に扱いきれなくて、中身を見せ合ったりして、最終的にはただのノートになっていた。

あの時の日記帳はいつのまにかどこかにいってしまい、今わたしの手の中にはスマホがある。
映画「おとなの事情」は、幼馴染の友人同士が集う夕食の場で、スマホを見せ合うというゲームを始め、それぞれの秘密が徐々に明らかになっていくというあらすじである。
縦13センチ、横7センチの、板チョコみたいに薄っぺらい機械。
これが私のすべてではないけれど、家族や友人が知らない”私”がこの中にあるのも事実だ。

恋人とごはんを食べているとき、机の上にはスマホが2つ並ぶ。
たまに彼のスマホがピロンと鳴る。
誰かがこの人を呼んでいる。
私の知らない、誰か。

大人になるにつれて秘密が増えた。
鍵をあけて中身を互いに見せ合いっこするような無邪気さは、あのノートと一緒にどこかへ失くしてしまった。
けれど、お腹に秘密を抱えながら生きている大人の私たちも、それはそれで良いかなって少し思う。
秘密の中身を共有しなくても、秘密という”人間の奥行き”を互いに認め合えたなら、私たちはこれからも一緒にいられる。 

大人には大人の事情がある。
タニー

タニーの感想・評価

3.0
ホームパーティーでふと始まったゲーム。スマホをテーブルの上に置いて・・。
絶対いい事ありゃしない!

このゲームの中でははっきりバレてないけど、エヴァが一番悪い女かな?
夏草

夏草の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

おとななら誰でも秘密の一つや二つはある…と言うのは割と良くあるテーマかな
誰でも秘密はあるよみたいに言ってた主人公の夫には特に何も秘密がなく、娘に厳しくしてる妻は友達と不倫という皮肉
不倫相手の友達共々最低だな
おとなの秘密とか言うけど大体不倫ネタばかりなのがゲスい
aya

ayaの感想・評価

3.1
最後はグルだったの?と思ったが
これが大人の事情で
なかったことにするという意味では
この映画は深いなと思った。
NAO

NAOの感想・評価

3.8
2018.06.11 on dvd
-----------------------------------
史上最悪のゲーム 真似しちゃダメ
-----------------------------------
カップル&夫婦必見③
『At the terraceテラスにて』から背徳感と居辛さを抜いた下位互換会話劇。ただ唯一、最後何事も無かったように帰っていくシーンはイタリア人ならではなのか月食の影響なのか理解できず、いい意味でもやもや、特にカジモとカルロッタね。意外にジーンとくるシーンも多かったなぁ、子育て論に関してはかなり的確なので、『ハングリーハーツ』『メイジーの瞳』同様夫婦は一緒に見るべきかも。

しかし個人的にはソフィアの択一が気になる。。
nozomi

nozomiの感想・評価

3.7
お父さんがすごく素敵な人。

それぞれの癖が面白い。
ラストは意地悪で素晴らしい。
>|