おとなの事情の作品情報・感想・評価

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

SU

SUの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

すごい!すごい映画でした。

ワンシチュエーションで描く、
人間のエゴと欲望にまみれたもはやホラー映画。

三組の夫婦と、一人の独身男性の7人で
お互いの携帯にかかってきた電話や、メールを見せ合うというゲーム。
なにも出てこないわけないだろうというものなんだけど、まあ出てくる出てくる。

とくにゲイのカミングアウトのシーンでは、ひとつ唸らせるものがありました。

これラストが本当にすごいんだけど、
結局あのゲームはなかったことになっていて、いつも通りみんな解散して行くんだけど、あれだけのことをそれぞれが隠してるっていう、お互いに隠し事しながら何事もないかのように日々過ごしてることの、おそろしさがひしひしと伝わってくる。

脚本が、うまい。おもしろかったです。
urashun64

urashun64の感想・評価

3.6
腐れ縁の幼馴染の四つの夫婦がホームパーティで、皆で携帯電話を出し合い、掛かってきた電話やメールを皆で共有するというゲームをする物語。
携帯電話こそ現代社会最大のブラックボックスとは、言い当てていて妙。カメラは殆ど皆で食事をするテーブルだけで、まるで舞台を観ている感じ。
また、俳優達の演技も素晴らしく、こんな話になったらヤバイなということばかり。
「人には三つの顔がある。公的な顔、私的な顔、そして秘密」
佐藤

佐藤の感想・評価

5.0
泣いた泣いたああ泣いたこんなにも秘密があって携帯を出した彼等にベスト男気賞を
人は大なり小なり秘密があって
些細なことでも壊れてしまうことがある
ーーその人のすべてを知っていると言っても過言ではない、携帯電話。
余計なことまで含めて。
ではその携帯を覗いたことで相手の知らぬ一面が出てきたら
果たしてそれに耐えられるだろうか…。


倦怠期を迎えているレレ&カルロッタ夫妻、
新婚ホヤホヤのコジモ&ビアンカ夫妻、
反抗期真っ只中17歳の娘 ソフィアのことで悩むロッコ&エヴァ夫妻
そして個人的にイチオシ ペッペ 笑
と彼の新しい恋人 ルチッラ

アンナ・フォグリエッタ、
アルバ・ロルヴァケル、
カシア・スムトゥニアク、と
みなさんそれぞれ魅力的でしたね〜


会話の応酬、
程よいテンポ感、
隠し事なのか、特に深い意味はなく大事でないから言わなかっただけなのか、
浮気、
建前と本音、偏見、
うまくやり過ごそうと起こしたアクションがかえって裏目に出てしまったり、
家族間を超えた意外な関係性、…。

お遊び気分で始めたゲームが
ここまで人を疑心暗鬼に陥らせ
衝突させる要因になろうとはね。
一つのアクションからの連鎖反応やタイミングを意識させられる場面がところどころにあって
切り口も面白いし
観てて楽しめましたね。

月食の最中、たかだか数時間ですが
それでも”濃密な”時間に変わりない 笑
そして満月に戻れば
みな各々の”日常”に帰っていく。
そんなところですかね。
うっわぁ。。。
ニヤニヤしながら観ちゃった。
最高に恐ろしい暴露ゲーム。
これ、夫婦とかカップルで観ない方が良いよ〜。
人間不信に陥りそうになる。
相手を信じている、愛していると言い切れる間柄でも、ちょっとした事で簡単にほころびができちゃう。
脆いなぁ。。。

どこかの国では人の携帯を黙って見たら罪になるとか。
うん、見ちゃいけないし、知らない方がいーんだよ。

この映画のように、あそこまで知ってしまっても関係を修復していつもの生活に戻っていけるカップルがいるとしたら、多分それは違う次元で物事を考えられる人たちなのかなぁ。
いやぁ、でも無理だよね、絶対。

ラストはえーっ⁉︎って感じ。
ああいう終わり方だったからこそ、余計に怖かった。

やましいことがない人は安心してパートナーとご覧あれ。
大人には大なり小なり隠し事がある

友人たちの食事会であるゲームをしようと言い出すエヴァ

それは全員携帯を出して今から連絡来るものは全てみんなで共有しようとゆうもの。

みんな何も隠し事はないとゆうが…


最初はフッて笑えるシーンが多かったが
中盤からは徐々に笑えんくなってきて
最終的にホラーになった笑

夫婦で隠し事はあかんのやけど
とりあえず携帯はやっぱ見ない方が良いよね笑

知らないってことはある意味幸せなんよねー。

オチにいくシーンは気持ちよかったです。

こんなんダメだよって教えられる映画でした。
hamabondz

hamabondzの感想・評価

4.0
見入ってしまった。面白い。
ラストもうちょい分かりやすいと尚◎
kou87

kou87の感想・評価

3.5
スゲー面白かった!!
これはコメディであり、究極のホラー。

いわゆる「気まずさ」をこの短時間で、しかもワンシチュエーションでここまで表現できるのは凄いと思う。

携帯を勝手に見たりするのは良くない、人のスマホ勝手に見てろくなことにはならない。
そんなスマホのマイナス面を描いた映画かと最初は思った…。

そうじゃなく…
そんなプライバシーを暴かれたり辱しめをうけてでもそれを乗り越えてパートナーや友達と一緒にいれるか?という事。
そして、そもそも携帯なんかに頼らずとことん面と向かって会話する大切さ。
この二点をテーマにした、凄く前向きな映画だと思った!

まぁーそんな深く見る必要まったくない、ブラックユーモア溢れる作品だけど(笑)
俺はなんか、深く見てしまったなぁ♪

終わり方も意味深で好き(笑)
tomo

tomoの感想・評価

3.0
あとあじ悪かった。

でもこれは、あのまましてたら?ってことだったのかな?
なんとなく。
やっぱり、他人のケータイは見ないほうがいい。
ケータイにはその人のプライバシーかたくさん詰まってる。
humanity of 4 couples, each with own secrets, gradually is revealed when a game takes off
>|