おとなの事情の作品情報・感想・評価

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価


恋人、友人にスマホの中身全て晒せますか??

事実だが知らないほうがいいこともあると考えさせられる作品。

ただし、スペイン語かなこれ、英語とは全然ちがうので聞いてて違和感すごい。


トイレにこもってて、扉も突き破ったときのあの口紅を塗ってるシーンが不気味すぎて震えた。

冷静に怒ってる人が1番怖いわ。


誰しも知られたくない秘密はある。

隠し続けるのもしんどいけど、その事実があらわになったほうが余計しんどい。


よく、恋人同士で
隠し事なんかないっ!
って言ってるひと、ひゃくぱー嘘やでそれ。

ただこの映画の秘密の濃さがすごい。

子供ができた、人殺しとかは
さすがにやばいけど、

少しの浮気とかは許してほしい

そのほうがお互い長持ちするってなんかの映画で言ってた。
夏帆

夏帆の感想・評価

3.9
友人夫婦7人が集まる食事会で、あるゲームを始める
そのゲームというのが皆自分の携帯をテーブル上に出して、その食事中に来た全てのメールやメッセージを読み上げる、電話はスピーカーにして話すというもの

ある意味怖いもの見たさ?で気軽に見始めたけど
ちょっと笑えないレベルに恐ろしい
こんなにも、誰もが多かれ少なかれ秘密を抱えてて(そりゃそうだろうけど)
それが暴かれていくうちに、どんどん深みにはまっていって…

人って、こういう時に本性出ちゃう
人っていうのは日常には満足せず秘密で刺激を求めてしまうものなのか?
それは人によるかw

キャッキャッと笑えない面白さだった

学んだのは、安泰のためにも、他人の携帯には関わらないのが賢明ってことかな^^; お互いに
映画JP

映画JPの感想・評価

4.0
夫婦の携帯には何かが隠されている。ある日食事会を開いた時、そんな話になり携帯を見せ合うゲームを始めることに…!まさか最後そうなるとは思わなかった。珍しいオチを観た気がする。どんでん返しの作品。
sena

senaの感想・評価

-
良くも悪くも結果的には公開処刑された方が、それぞれにとっていい気がする
早かれ遅かれいつかバレるのだとしたら早い方がいい
あんなに素敵な旦那さんがいる奥さんが、1番したたかでゲスなやつだとは。
risako

risakoの感想・評価

3.1
パッケージが面白そうで観たけど、思ったよりダークコメディ
ソフィアとパパの会話が唯一まともだった。素晴らしい回答だった。
世の中怖いわぁ、人のケータイって恐ろしい
yurina

yurinaの感想・評価

4.0
私の好きなワンシチュ映画。ストーリーが面白くて気まずいいや〜な空気を存分に楽しめた!携帯って恐ろしー。ラストまで見てから相関図考え直すのすごい楽しかった

このレビューはネタバレを含みます

明らかに「真夜中のパーティー」を範としたであろう密室劇。
夕食会(向こうはパーティーだったけど)に集まった仲良しメンバー云々って設定とかはまんま「真夜中のパーティー」だが、本作の主軸はあくまでも“友人夫婦お互いの秘密”で、それにより大勢が共感を得られるようにしたかったんだと思う。

そしてもう一つ、この夕食会はifのもので結局お互いを知ってるフリして元に戻っていくというラストになっているが、そもそも“映画”そのものが虚構なワケで、虚構の中で虚構を描く(というかラストでしれっと触られる程度)ことが只々混乱するだけに留まっているし、別にだから何?って感じ。

「真夜中のパーティー」だけ観ればいいと思う
MIKI

MIKIの感想・評価

3.7
次々と暴かれる隠し事
面白かったけど
テンポが早いトークやから真剣に見なあかんし最後の終わり方がちょっと微妙?
iidayo

iidayoの感想・評価

4.3
脚本の構成がすごくて、これはめちゃくちゃおもしろかった!!
2回見たくなる
幼馴染みの食事会で、最初は「男女7人夏物語」風なのかなと思いきや、なんのなんの、携帯暴露大会からどんどんシリアスになっていく。純粋に、この映画は食事会のシーンだけで大方を占めているんだけど、それだけで90分以上間を持たせてしまうのはいい脚本だからだとおもう。食事会シーンだけで90分持ってしまうなんて日本映画では考えられない。スマホ操作の現代的な脚本がまた身近で惹きつけるものがある。しかし、wowowのあの写真とこの邦題、正直コメディ映画かと思った。(まあ本編もコメディといえばそうかもしれないけど)こんな邦題なら、原題のままの表記でいいような気がする。

登場人物ではクズと良心、観る者によって異なると思うのでそこはいいとして、人間なんてどんな人でも何かしらの秘密を持っていたりするし、それが自然でいいんじゃない?という作者のメッセージでもあるのかな。
>|