コーディーさんの映画レビュー・感想・評価

コーディー

コーディー

モータルコンバット(2021年製作の映画)

3.8

久しぶりに完全なる脳筋映画を観たって感じ、褒めてますw

永きに渡る人間界と魔界の覇権争いに〝選ばれし者〟と言う、この上ない理由のもと参戦する強者達の敗北=酷過ぎる死なデスバトル開幕!
米国産グロ格ゲ
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.1

懸命に生きてるのにダイジェストになる日々、愛する家族の憐憫の眼差しだけが蓄積される哀しき平穏。ならばと善き父としての面目躍如のため暴力リミッター解除!
歳相応に息も切れ、華麗でもない闘いながら傷負う毎
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

4.0

父親という支えを失った絶望的状況であろうと微かな光を頼りに歩みを止めない家族。
赤ん坊や更なる制約を背負うも父の愛を胸に恐れを克服する。そんな確かな成長、絆が一層胸熱な良い続編でした!冒頭の衝撃や静寂
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.9

画力はあるけど独創性に欠ける漫画家が遭遇した鮮烈な悪。
これまで想像し得なかった凄惨な現実に触れ湧き上る創作への衝動、足りない資質を手にした彼が成功と引き換えに招き入れた人格とは…
作者も展開読めず、
>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

4.2

留まる事なく移ろう感情。
結婚5年、夫と1日も離れたことなかったガミが3人の友人との再会を通して虚な心と向き合う…
それは自分探しと言うより寧ろ遭遇により導かれる今迄と違う私。何気ない会話にある虚実混
>>続きを読む

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

4.3

少しずつ削られ自分でいられなくなる。

掴みたいものは手から溢れ落ち何も残らぬまま嘘だけがユカを形成していく。そんな彼女の見えない部分をファインダー越しに察し惹かれる修司との恋。純粋と残酷の交錯を経て
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.8

ようやく公開ですね〜

シャアの反乱から12年、あの日戦場で少年が覚えた不信や無力、初恋の記憶がハサウェイを危うい正義へと導く…
受け継がれる彼らの意志、MS投入で一変する街や人間関係が繰り返される哀
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.0

膨大な素材から物語を紡ぎ、限られた尺の中に感情を凝縮させる!映画制作、特に編集における作り手の飽くなき探究、切って繋げるだけでない作品に心が通う幸せを新人監督の狂気混じりの奮闘と共に魅せる。
彼の成長
>>続きを読む

明日の食卓(2021年製作の映画)

4.1

3人の石橋ユウ君10歳。
場所も環境も異なる3つの家庭で同じ名の子を育てる母親達の愛情に反し生じる綻び。善き母であろうと奔走するも〝なぜ?〟は不意に訪れ、わからないに追い詰められる。
発狂と隣り合わせ
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.9

とうとう終わったね〜お疲れさまでした〜

新時代を拓くため人斬りとなった剣心が不殺を誓った理由…幕末の動乱最中の巴との出会いが物語を〝始まり〟へと導く!
血に狂気に染まった刀に心が宿るように、捨てられ
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

3.6

前作よりは余裕で好き!けど〝双〟の方が好き。

もはやギャンブルと言うより誰が一番根性据わってるか大会な様相w
頭脳戦も駆け引きも控えめやけど最凶ヴィラン視鬼神の謀略により生徒会など学園の均衡が崩れて
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.0

普通になど決して収まらない突出した個性とセンスにより不遇に見舞われながらも、世界の美しさも醜さも心に刻んできたクルエラ。そんな抑圧の中で高められた白黒入り混じった美意識が覚醒する!
壊して動かすヴィラ
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.7

朝から不運続きなイライラをぶつけるには最悪の相手だったね〜w
自業自得というには余りあり過ぎな最凶あおり運転との遭遇、謝罪も届かぬ触れたら最後な怒りが暴走する!ラッセルの話通じない感、猛獣の如き圧がホ
>>続きを読む

藍に響け(2021年製作の映画)

3.8

淑やかお嬢様女子高に通いながらも事情により居心地悪さを感じる環、そんな行き場なくした心を言葉話せぬマリアの和太鼓が導き、波立たせる。
揺らぎを決して言葉で語らず、有りのままの感情を太鼓の音色が映す。不
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.7

OLの腕っぷしが会社の命運を左右する謎の抗争が日常化した世界でw最強の座を巡り今日も廊下で殴り合い!
ヤンキーと堅気が社内に混在してたり、次々強キャラ登場で変化する勢力図など熱と生傷絶えない漫画な展開
>>続きを読む

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

3.9

ドレスに身を包む事が彼女達の武器なき抵抗。

内戦時のアルジェリア、イスラム原理主義による理想が女性を抑圧し続ける中、髪を隠さず奔放に自分らしさを貫く大学生ネジュマ。夜遊びも夢も妥協せず命懸けで未来を
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.3

時間も場所も人も認知できなくなる混沌。

確かだと思っていた記憶が次の瞬間には辻褄合わなくなる喪失の繰り返しに自尊心も揺らいでいく。知性や品性では抗えず加速していく混乱を認知症の父アンソニーの定まらぬ
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.8

英国に名を轟かせる大麻王の引退に色めき立つ闇社会の住人達。紳士の皮の下に策略を忍ばせる曲者だらけの跡目争いを小粋な会話劇となりふり構わぬブチ切れ群像劇で魅せるリッチー監督の真骨頂w
英国紳士らしからぬ
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

4.1

会話も心もこんなに弾むのに、君の恋人ではない。
今の関係を守りたい余り友達を越えられない加藤の片想い、曖昧な部分に答えを求めぬ幸せと儘ならない感情の行き来は周りから見れば臆病なだけ、けどそんなの承知で
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.1

こいつら最高や!

散々だった余興を終えての友人の披露宴と二次会の狭間、不毛なダメ出しも程々にw甦るあの頃の記憶。何にも変わらぬ6人のアホな関係性と、少しだけ動き出す止まってた時間。昼でも夜でもない曖
>>続きを読む

人数の町(2020年製作の映画)

3.7

居場所なくした人間が入所する謎の町。そんな社会から弾かれた者達にとって衣食住を与えられ性欲も満たされる不自由ない施設の筈が…
しがらみなき世界にもある柵の真実、安全と引き換えの与奪管理に順応していく人
>>続きを読む

海辺の彼女たち(2020年製作の映画)

4.1

劣悪な労働環境から脱走した3人のベトナム人技能実習生。不法就労の罪に怯えながらも今度こそはと辿り着いた港町で懸命に未来を見据えるも…
右も左もわからぬ異国で選択の幅も視界も更に狭まり孤立する。覚悟が及
>>続きを読む

ビーチ・バム まじめに不真面目(2019年製作の映画)

3.8

何事にも決して怯まず、今日も高笑いしながら酒と女とドラッグに溺れる天才詩人ムーンドッグ。〝気持ち良い〟を妥協せず日々享楽に耽る負けない生き様、常に自分に賭けて全て勝つ!な逆境さえ栄養分に変える酩酊ポジ>>続きを読む

14歳の栞(2021年製作の映画)

4.1

気になってたドキュメンタリー、良い!

周りとの違いが明確になり始めるも和を乱してまで自己主張する必要もない、通過点としての中学2年3学期。
自分は自分!を通せるほど自由でもなく、時に誰かの抑えた感情
>>続きを読む

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

4.2

とにかくペムザムちゃんの可愛さがとんでもないw

教師の自覚もなく態度も悪めなウゲンが派遣されたのは人口僅か56人のブータン僻地ルナナ村。

早々に心折れる彼を思わぬ厚待遇で迎える村人、そして学べる喜
>>続きを読む

名前(2018年製作の映画)

3.6

特に何かから逃げてる様子でもない中年男が偽名を騙る理由。そんな過去を捨て漂うように生きる男と、彼の〝偽り〟を知る謎の女子高生との交流。
擬似父娘のような奇妙な関係性ながら二人の時間を通して互いに見失い
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.9

12歳の少女と知りながらネットを通じ平然と性的嗜好を浴びせる男たち。
スタジオに作られた3つの子供部屋、幼く見える3人の女優という偽設定が現実に潜む醜悪な欲望を炙り出す。未熟な心にトラウマを植え付ける
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.1

やっぱ凄いよ〜この再現度は!

不殺を誓った剣心の癒えることなき十字傷の因縁。背負った過去と向き合う私闘はこれまでの剣戟より更に激しく哀しい!
相変わらず気合の入った画により映し出される情景や強敵、縁
>>続きを読む

スクールズ・アウト(2018年製作の映画)

3.5

ただの生意気ではない優秀な思考により辿り着く絶望という真理。子供の可愛げどころか人間性の基準が他とは異なる6人の生徒。彼らにとって薄っぺらな教師の言葉など何の意味も持たず嫌悪しかない。一向に溝埋まらぬ>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

4.2

宿命から逃れようと懸命に愛を燃やすウンディーネ。水に導かれ、時に翻弄される彼女と潜水作業員の多難な恋の行方。
傷みを伴いながらも愛に生きる喜びとただ前には進ませてくれない哀しみ。現代のベルリンに水の精
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.9

何も明日に繋がらない連続する今日への虚無、考える事をやめたナイルズのバカンスに身を委ねる無意味な毎日。が、共有を経て知らない今日がやってくる…
繰り返しの中の昨日と違う目覚め、多様な時間の捉え方をドタ
>>続きを読む

ロード・オブ・カオス(2018年製作の映画)

4.2

本物を突き詰めていく程に悪魔に憑かれていくブラックメタルバンド〝メイヘム〟の狂乱。
悪魔崇拝の思想のもと邪悪を競い合い、覚悟の基準も跳ね上がる。そんなある種の快楽に溺れながらも正気と狂気が入り混じるカ
>>続きを読む

あの夜、マイアミで(2020年製作の映画)

3.9

モハメド・アリが王者となった1964年2月25日に集う各分野に名を刻む4者による架空会話劇。
黒白分離を掲げるマルコムXが影響力ある友人らに賛同求めるも同じ人種間でも食い違う自由への歩み。過熱する討論
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.7

人の枠をはみ出す悪党どもに人の筋は通す狂犬たちが噛み付く!
服役中の元極道や過失警官による〝特殊犯罪捜査課〟要するに腕力だけで腐った社会の元凶を根こそぎボコる課wまあ多少捜査してる感もあるけど基本は暴
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.7

待ちに待った公開!今泉力哉監督の舞台挨拶付き回に行ってきました。もう最高です!

何も変わらぬまま通り過ぎてく人や会話、けれど変化と呼べるほど大層なものでなくても誰かを想い笑顔になったり、悲しくなった
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

4.0

後輩に追い越されたり、陰口叩かれる悔しさなんかより自分に納得いかないまま挑戦をやめる方が余程悔しい。
負け続けボクサー瓜田の作り笑いに滲む想い、情熱だけで越えられない壁を前にしても尚、突き動かされる挑
>>続きを読む

>|