コーディーさんの映画レビュー・感想・評価

コーディー

コーディー

知識はないけど映画が大好き!
普通に面白かったら3.5〜で4以上はだいぶ好き!4.5以上はスーパー大好きなやつ!3を下回るとう〜ん、、な感じ。 Twitter @_co_dy

映画(1282)
ドラマ(0)

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.5

いや〜めちゃくちゃ良かったです!

自由のため蜂起した者への悼みを抑えらなくなった若者達。反逆などではなく純粋な意志表明に対し統制と言う名の心の侵害を繰り返す国家。社会主義の強権に晒されつつも仲間と共
>>続きを読む

リトル・フォレスト 春夏秋冬(2018年製作の映画)

4.0

待ちに待ったキム・テリw

韓国版も良い!日本版に通底する癒しを存分に感じれたのがまず嬉しいしドラマ増しで多少改変もあるけど生きるために食す敬意や慎ましさ、上品さが受け継がれてた。橋本愛に負けず劣らず
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.0

見様見真似、生々しい程に未熟な悪人ではない人間が一線を越える際の迷い、そんな早まる鼓動まで伝わるような遊びではない強奪計画。リスク承知な彼らを駆り立てる特別への羨望とそれでも顔を覗かせる凡人としての躊>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

4.0

嫌いで好きを終われなかったり、そもそも嫌いになる程相手を知らなかったり全部見えないからこその感情。少し曇ってるけど晴れてないからこそ研ぎ澄まされ感じる事のできる愛おしさ。この曖昧さに不思議と安心感があ>>続きを読む

ハイ・ライフ(2018年製作の映画)

3.8

地球のゴミ達に託された人類のネクストステージ。時間という概念の極めて曖昧な宇宙空間での意識の変化。自分と地球を繋ぐものが刻々と薄らいでいく生活の中で密室に充満し支配する性欲エネルギーwそしてグロテスク>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.7

心優しきチャイナマンを修羅に変える理不尽な世界。拳のみに頼らず復讐成就のため周到に準備し潜む。あくまでも大義のための戦さに挑むジャッキーの生気を失い身も心も満身創痍ながら奮い立つドラゴンの血。何かを守>>続きを読む

芳華-Youth-(2017年製作の映画)

4.2

いや〜濃い!素晴らしい!大好き!

歌舞団とは言え人民解放軍。文化大革命まっ只中激動の中国70年代を国への忠に捧げた若者達の一糸乱れぬ舞。けれど訓練、統制、禁欲に従順に見える彼らの多感な心の揺れはそん
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.4

アクション映画かと見紛う程の浜辺美波の躍動w
何の変哲も無い恋物語にこれ以上無いクセを注ぎ込み正に全力で走り切る!ほぼ脱線や的外れやけどそんな全力は笑いを経て健気を経てなぜかグッときたw彼女の熱に尽き
>>続きを読む

12か月の未来図(2017年製作の映画)

3.8

移民問題が招いた格差や貧困により都市部と分断された郊外、そして子供達の学業不振。そんな悪循環打開のため送られたパリ名門校エリート教師の奮闘。不遇であっても学ぶ事が無意味なわけはないと厳しくも寄り添う事>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.9

良い映画だ〜

とことんまで落ちてこそ見えてくる己の欠陥。誰だって落ちずに真っ当な生き方をしたいに決まってるけど時に手厳しい人生に心壊される者もいる。弱者として憐み留まるか受け入れた上で光を探求するか
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.0

めっちゃおもろい!

窮地の切り抜け方がいちいち胸熱過ぎるし機雷原ステルスとか微かな音波を頼りに敵領海に潜行する緊張感やら全部盛り最高!バトラーの動きを封じ制約ある原潜内でそれでも躍動する男達の想い、
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.9

面白かったぜ〜!

原作未読なのが悔しくなるような激熱展開と魅力的な登場人物、剣圧を顔圧で補い魅せる俳優陣の説得力も申し分ない!説明過多な台詞も初見に優しく1本の映画としての詰め込み具合も程良い。大沢
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

ネタバレ一切なしでサラッと。
もうとにかく見事!MCUの10年への感謝の気持ちも込めて5点つけときますw

歴史が駆け巡り知らぬ間に刻まれてたもんのデカさを思い知らされる。こちらの想いを全部受け止め圧
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.4

やっぱ思った通り大好物なやつでしたw

中心でなく濁っていても彼の世界と繋がれないよりずっとマシ。そんな執着にも似た虚勢ではない偏った好意。都合良いも頼りに変換でき愛どころか自尊心さえどうでもいいに達
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~(2019年製作の映画)

4.5

待ってましたのユーフォ新作!どうしても贔屓目入っちゃいますw

とにかくこの成長が沁みる!葛藤抱えつつも2年生となり導く立場となった久美子の不安や決意。我の強めな後輩に辟易しつつも模索し向き合う姿、そ
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.9

おもろかった!

頼んでもないのに突如与えられしヒーローパワー、特に何ができるかも教わらずな丸投げ状態に対し悪ふざけの延長で神の力を探り探りな感じが超楽しいwまだ絶賛ティーンムービー中なのに割と容赦な
>>続きを読む

荒野にて(2017年製作の映画)

4.2

なかなか厳しくも良い映画でした!

チャーリーは競走馬ピートに何か埋めてもらおとか殺処分許せない!ではなく逃れる術のない敷かれたレールを只々見過ごせなかったのかな。人生の非情さも身寄りのある幸福も骨身
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.8

祖父の訃報により久々に親戚が一同に会するも各々家族、何かと問題抱えてたりと故人を悼む心持ちもそれぞれ。喪に服す慎ましさなんて何処へやらな罵り合いもあり〜のそれでも家族、煩わしくとも切れない縁を一際感じ>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.9

祝!マイケル・マイヤーズ再降臨!

殺人鬼に使う言葉じゃないけどやっぱりブギーマンは実直で律儀w時を経ても薄れぬ使命感はまるで40年が地続きのようで執念とは違う無感情さが最高!余計な後付けを極力削いだ
>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

3.7

傷付き壊れゆく心を救済する一条の光として敬い仕える宗教。けれど万能ではなく救いの幅には矛盾もある、加えて利権も絡むしで牧師として慎み深く生きるトラーを足下からガタガタと崩す不信。縋るものを見失い断ち切>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.8

思ってたより重たかった、、

幾ら愛を注ごうと目の前にいる最愛の息子は薬物に壊されていく。献身、擁護思いつく全てを試し愛で包もうとするも届かない遣る瀬無さとそんな父の想いを理解しつつも心を上回る薬物汚
>>続きを読む

サッドティー(2013年製作の映画)

3.9

〝ちゃんと好き〟って何ぞや?をとうに見失い何を欲するでもなく流れのままに不毛な二股に明け暮れる映画監督。彼を軸に満たされないが折り合いつけて恋する数人の男女の群像劇。他愛ないが外しの効いた恋模様、そも>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

4.4

先週の『ペパーミント・キャンディー』に続き、リマスター版観てきました。初見です!
それにしても観終わった後の途轍もない疲労感はあんま記憶にないレベルw

重度の脳性麻痺を患い表情や言葉で感情を表現する
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

4.2

皮肉を重ねながらも立場を表明しない自由過ぎる告発は〝極悪〟を凌駕する軽快&爽快さw面白い!尊重し守るべきものが明確なタカ派チェイニーが取り憑かれた権力。ここぞと大統領を転がすも妻への愛と野心に転がされ>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

4.2

楽しい!最高!良い外伝!

正統性を賭けたイップマンとの激闘に敗れ詠春拳を封じたティンチ、己の名声という望みを絶たれた男が誰かの為に心と武を解く時、真の高みに達する。詠春拳ギア入ったマックスチャンの攻
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

4.4

前から観たかったやつ。4Kレストア版公開って事で観てきました!

荒み壊れて行く中で甘美な記憶に縋ることを畏れたヨンホの脆さ。好転の機もあった筈なのにあの第1幕に至った彼を愚かだと言えるのは時間や選択
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.5

めっちゃ飛ぶや〜ん、良い!

アニメ版とは違い動物達が言葉を操れない分、より人間目線な身勝手さも際立つけど駆け足過ぎる序盤からの話膨らましはもはや別物、正統派な制約の中でも顔を出すバートンな味わい。エ
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.5

自殺に他殺、無念抱えてこの世を去り成仏出来ずにその地に留まる霊たち、そしてそんな幽霊と交流できちゃう御子。望まずして授かった煩わしい能力がワケあり物件&ワケあり心をやんわり癒す。生きてる人間よりよく喋>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.3

最高ぉ〜完璧!
心にポッカリ穴が空いた二人が寄り添い共鳴し友の為に闘う!ビーとヘイリーちゃんの魅力が見事に対対だからこそのバランス!80年代カルチャーを介しての豊かな異星間交流は笑いあり涙ありの青春バ
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.8

永きに渡り幾ら女権を訴えてもラチが明かない男権社会、当然のように慣例化した性差別を打破る突破口として女性としてだけでなく人の多様性を訴えたルース。そろそろ社会や法律が個人の生き方を縛るのやめろや〜な熱>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.4

超面白かった!

決して交わる事のない自尊心。向かう先もゴールも見えず不毛にも思える潜入捜査、過激な白人至上主義にブラックパワーという攻撃的思想で迎え撃つしかなかった時代の何が彼らを?を暴く程に及ばな
>>続きを読む

ダンボ(1941年製作の映画)

3.6

実写公開前に観とこ〜ってことで実は初鑑賞!

耳が大きいってだけで笑い者にされ弾かれる、赤ちゃん子象ダンボの寂しさや悲しみを言葉では無く大粒の涙やよく動くアニメーションで描く圧倒的情感。母の愛やねずみ
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.9

不倫相手の狩猟仲間に凌辱、崖から突き落とされ木に腹貫かれてからの血みどろ復讐劇。引っ切り無しにドピュドピュ血が流れるにも関わらず皆結構元気に追いかけっこw応急手当もいちいち痛いし寄りで長めに観せるw相>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.8

ちょっと前に観たけど感想投稿するの忘れてた。

最恐人形アナベル誕生の物語。弱き心に真っしぐらな悪魔の悪戯は初陣からフルスロットルw前作より遥かに面白いし王道を一歩進めた恐怖演出は怖いと言うよりニヤニ
>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

4.0

〝クイーン・オブ・スコッツ〟

愛を貫こうとした女王と理性で抑え込んだ女王。共に愛を渇望し孤独を理解し合いながらも相容れる事を許さない権力を巡る政略や陰謀、宗派の対立も激化し君主としての権勢ですら容易
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.6

ここから始まったんだと言う感慨と今一度ヒーローとは?を問うアベンジャーズの原点。何故彼女なのかの答えこそEGに繋がる大いなる希望!ここに来てのシンプル且つ本質を伝えるMCUの粋な繋ぎ、若き軽快なニック>>続きを読む

>|