りょうさんの映画レビュー・感想・評価

りょう

りょう

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.1

新年から始めたヴィム・ヴェンダースのロードムービー巡りがだいぶ寄り道しちゃって、ようやくこの作品を観ました。

完全にパリからテキサスに移動する道すがらのロードムービーだと思ってた😅そういう話なのね。
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.5

浜辺美波がここまで振り切ってギャグ路線で演技してくれている作品として貴重な一作。

もうストーリーとかありえないし、実際こんなことしたら問題になること間違いなしなのですが、竹内涼真と浜辺美波の2人なの
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.7

最近、興味の対象があちこちにいってしまって集中力のない私です。
夜仕事でため息ついている時に浜辺美波のインスタライブが始まった通知が来て、それを見たらおそろしくかわいくて、癒されてしまったことから何で
>>続きを読む

劇場版 推しが武道館いってくれたら死ぬ(2023年製作の映画)

3.8

ヴィム・ヴェンダース巡りから横道にそれて古畑任三郎観てたらさらにそれて、このB級映画に辿り着きました😅
はっきり言ってB級なのですが!これ、ドラマリアタイしていて、映画館で観るタイミング逃して、気付け
>>続きを読む

さすらい(1975年製作の映画)

4.1

ヴィム・ヴェンダースのロードムービー3部作の3作目!2作目の「まわり道」でかなり理解不能状態に陥ったのですが、この「さすらい」はひねくれた人が出てこないから素直に良かったです。

自分を構成する過去と
>>続きを読む

まわり道(1974年製作の映画)

2.9

ヴィム・ヴェンダースのロードムービー3部作の2作目。びっくりするほど理解不能でした。退屈すぎて、何日かに分けてやっと観終わりました。

終始不協和音っぽい音楽が流れていて、不安感や憂うつ感を演出。ニー
>>続きを読む

都会のアリス(1973年製作の映画)

4.0

あけましておめでとうございます✨今年も宜しくお願いします🙇

2024年の1本目に選んだ作品はこちら。年末に「Perfect Days」と出会い、そこからヴェンダースの作品のおすすめをのんchanさん
>>続きを読む

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

3.9

11歳の女の子はもう大人になっていく準備が始まる頃。対して30歳の男は人生の岐路で自分はこのままでいいのかって思う頃、な気がする。

子供から大人を見た時に、どうしてこんなに怒るのか、どうしてこんなに
>>続きを読む

わたし達はおとな(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

木竜麻生さんも藤原季節もめちゃくちゃうまいのよ。だからこそ、この未熟な2人にイラついて、その気持ちのままこれを書いてるので、自分にしては点数低くなってます!!

藤原季節、最高!直哉、最悪!

付き合
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.5

仕事納めの今日、今年最後の映画館、そんな時に今年最高の一本を観れたかもしれない。

毎日変わらずそこにある、いるもの。でも毎日少しずつ変わるもの。そういうものに目を向けて、手に取り、感じること。日頃目
>>続きを読む

マイスモールランド(2022年製作の映画)

3.9

埼玉県に住むクルドの家族の話。

難民申請が急に切れ、ビザを失効してしまった家族。とても理不尽な制度だと思った。働いちゃいけない、県外に出ちゃいけない。すなわち、死ねと言われているようなものだ。難民を
>>続きを読む

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.8

U-NEXT無料トライアルがまたやってきた!しかも年末年始に跨いで無料期間あるから嬉しすぎ✨ということで今回のトライアルの一発目はこの作品。

フォローさせてもらってるumimiさんから教えてもらって
>>続きを読む

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。(2023年製作の映画)

3.7

いつの間にか読書家になってた娘が原作を読んで映画を見に行きたくなったみたいでその付き添いで。

溺れた子を助けて亡くなった父親、それにより生活も苦しい状態のため、家族より命を助けることを優先した父に憤
>>続きを読む

おろかもの(2019年製作の映画)

3.6

出演者も監督も初めましての人ばかりの作品。ずっとclipに入ってたので、見てみました。

両親が亡くなってしまった社会人の兄と高校生の妹、兄の婚約者、そして兄の浮気相手、4人の話。兄の浮気を知った妹が
>>続きを読む

水は海に向かって流れる(2023年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

めずらしく飛行機に乗っての松山出張の機内にて。広瀬すずと當間あみと猫がかわいい映画。

W不倫した二人のそれぞれの娘と息子がたまたまシェアハウスすることになる話。

北村有起哉と坂井真紀の役が相当クソ
>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

以前から気になっていたこの作品が気付いたらNetflixで配信になってた。

いきなり全然関係ないですが、Amazonの瀧内公美さんが出ているCM好きです。あのCMのロングバージョンで一瞬子供にウィン
>>続きを読む

search/#サーチ2(2023年製作の映画)

4.1

前作観たのがもう5年前か!あの時の感動というか新しいもの見た感は凄かったから、今回はどうなのかなと思ったけど、面白すぎてあっという間だったな。

デジタルネイティブはこんなに色んなサービスやツールを駆
>>続きを読む

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

4.3

年に一度5日間連続で休み取りなさいという制度がうちの会社にはあり、そのうち1日は必ず1人で朝から映画見て、おいしいものを食べて帰るってことにしています。今日はそんな日。

最近映画館にも行けていなかっ
>>続きを読む

クレイジークルーズ(2023年製作の映画)

3.2

こ、これは…Netflixどうしてこんな映画作った…。というか坂元裕二さん、どうしちゃった?

主要な登場人物少ないから誰が犯人か分かっちゃうし、捻りも何もない。ストーリーで強いて良かったところは動機
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.9

何もかもうまく行っていたシーンと、何もかもうまく行かないシーンが交互に流れるので、うまく行かない悲しさが強調されて、目を覆いたくなる。特にシンディの病院にディーンが来るシーン。

2人はお互い興味がど
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.1

これは…劇場で観るべき作品だ…!スマホのちっちゃい画面じゃなくて、大きいスクリーンと振動を感じるほどのサウンドで何倍にも魅力増したのかもしれない。

フォードvsフェラーリというよりフォードのお偉いさ
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

過去の自分のレビューによると、3回目。ですが、5年半ぶりくらいだったので、初めて見たくらい楽しみました。

ユマサーマンとトラボルタのツイストのシーン、聖書読み上げ銃連射シーン、マーセルスがブッチの一
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

何を持って人間なのか、何を持ってAIなのか、その線引きはどこなのか。
エヴァへのチューリングテストを通じて、その問題に迫る映画。

エヴァ、そしてそのプロトタイプであろうキョウコ。ネイサンによって作ら
>>続きを読む

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

3.9

サミュエルLジャクソンがすごい剣幕と言葉で銃をぶっ放しそうな映画と思いきや、バスケを通じた教育の話。あんな怖い表情、パルプフィクション思い出しちゃう。

人生には、特に高校生にとっては、無限の可能性が
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あんな目に遭わされて、裏切られても、お見事ですという言葉に「スパイ」への愛が感じられる。アメリカまで旅立ってもう一度会いたかったのかな。ここまで来ると狂気にも感じる。

優作が聡子を裏切って日本へ置き
>>続きを読む

今夜、世界からこの恋が消えても(2022年製作の映画)

3.9

みんな大好きみっちーの作品。

記憶喪失系恋愛映画ということで、王道といえば王道だけど、みっちー、福本莉子、古川琴音の3人ともとても良くて、かなりちゃんと観れました。

透の死をきっかけに日記から透の
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.1

不朽の名作を初めて鑑賞。イメージしてたハートフルな内容とは違って、結構きつい過去に立ち向かって自分のあるべき姿を取り戻す話と理解しました。

天才的な数学の才能がありながら、PTSDによってやさぐれて
>>続きを読む

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

原作未読です。容疑者Xの献身も、真夏の方程式も好き。映画ガリレオシリーズってテンション高めの実におもしろい!がなくて、抑え気味の湯川先生が好きなのです。

今回の作品は、割と早めにトリックが分かって、
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

劇場に行きたくて、3年ぶりの復習。

冒頭の図書館での本を使った戦闘シーンから斬新でした。たかが本だけどジョン・ウィックの手に掛かれば凶器になるよ!
馬だって思い通りにキックさせられるよ!
ジョン・ウ
>>続きを読む

私ときどきレッサーパンダ(2022年製作の映画)

3.7

インフルでダウンしている娘を見守りつつ、一緒に観ました。

誰もがいい子の面や怪物な面、絶対他の人には見せられないような面を持ってる。思春期にはどれが自分なのか、また自己嫌悪にも陥ることもある。でも実
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

4年ぶりに鑑賞。立ちはだかる資格試験勉強はこの三連休に頑張るという自分自身への誓約を交わして、チャプター2に臨む。

ジョン・ウィックのアクションシーンが飽きない理由として、戦闘シーンのシチュエーショ
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.2

6年ぶりの鑑賞。当時まだスコアだけでレビューも書いてなかったので改めて。

2週間後に資格試験を控えている中、テキストもまだ開いたことないのにジョン・ウィック復習の誘惑に負けました。これ見始めたら止ま
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.9

定点の長回しが自分にはそんなに苦じゃなかった。長回しによって、空っぽな感じとか、おかしさとか、愛おしさとか、映像と共に滲み出てくる感じがして、普段からぼーっとしてる自分には良かったかも。

エル・ファ
>>続きを読む

パーフェクトブルー(1998年製作の映画)

4.0

これが25年も前の作品とは…。
確かにインターネットがまだまだダイヤルアップの時代で、そういうところは時代を感じさせたけど、それ以外の表現が今見ても新鮮。

頭がグラグラする展開。夢なのか現実なのか、
>>続きを読む

私というパズル(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

M:Iシリーズでホワイトウィドウを演じるヴァネッサ・カービーの演技が印象に残りまくり、他の作品も観てみたいと思って鑑賞。

冒頭は家庭内での出産シーン。リアルすぎてヴァネッサ・カービーさん出産経験した
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE(2023年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

やっと漕ぎ着けたデッドレコニング。やっぱり映画は映画館で観るものだな、特にMIシリーズは!!

一気にMIシリーズを駆け抜けてきたので、トムの年齢的な変化をより明確に感じてしまったが、普通だったらお腹
>>続きを読む

>|