チェコのおすすめドラマ 15作品

チェコのおすすめドラマ。チェコドラマには、アンドレアス・プロハスカ監督のUボート ザ・シリーズ 深海の狼 シーズン1や、ルカシュ・ヴァツリークが出演するメタノール、Uボート ザ・シリーズ 深海の狼 シーズン2などの作品があります。

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

イルカの群れに気をとられちゃダメなオープニングにも意味があった。(最後まで観終えて最初に振り返ると新たな発見がある) …

>>続きを読む

WOWOW録画鑑賞 潜水艦映画に外れ無し やっと観終わりました。 面白かった‼️ 第二次大戦中期の大西洋の闘いで連…

>>続きを読む

メタノール

製作国:

3.6

あらすじ

実話に基づく。 2012年の夏、刑事たちは史上最悪の事件に直面した。 猛毒の含んだ密造酒は数週間で何人もの命を奪い、国を恐怖に包んだ。 一ショットで失明、二ショットは死を意味する。

おすすめの感想・評価

https://www.afpbb.com/articles/-/3370002 ロシアで、メタノール混密造酒飲んで多…

>>続きを読む

死をもたらす毒の酒。 いまだにこの様な事件が後を絶たない。 本作、衝撃の事実なのに正直面白くない。 いや、この話題…

>>続きを読む

Uボート ザ・シリーズ 深海の狼 シーズン2

公開日:

2021年08月08日

製作国:

ジャンル:

3.4

あらすじ

シモーヌ・ストラッサー(ヴィッキー・クリープス)は、1942年のドイツ占領下の港町ラロシェルに、ドイツ海軍の通訳の任務のため到着する。小艦隊の長官であるグルック(レイナー・ボック)の厳しい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

WOWOW録画鑑賞・吹替版 映画『Uボート』の続編となるTVシリーズ第2弾。 第二次世界大戦を舞台に、ドイツ潜水艦の…

>>続きを読む

シーズン1に比べると陸の上での展開がやたら多く、潜水艦でのシーンが残念ながら少ない。また緊迫感も感じにくい💧 明らかに…

>>続きを読む

静かなる逆襲 シーズン 1

製作国:

3.7

あらすじ

引っ込み思案だが恐れを知らない警視が、未解決事件の解決のため、国境沿いの町に送り込まれる。その場所が、自分と同じぐらい多くの暗い秘密があることを知る。

おすすめの感想・評価

チェコのくらーい刑事ドラマ 画面が暗いし聞き取れない言語だし(英語だってあやしいけど) でもなんか観ちゃう。 なんだ…

>>続きを読む

ボルジア 欲望の系譜 シーズン1

ジャンル:

3.9

あらすじ

15世紀末ルネッサンス期。ヨーロッパの各都市は華やかな芸術に満ちあふれ、商業は繁栄し、人々は文化的な生活を謳歌していた。しかし、その陰で、貴族と下層階級の対立、同族同士の争い、殺人やレイプ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

かなり歴史に忠実で、人物の考えや背景が哲学的に忠実に再現されている。ヨーロッパの人はこんなドラマを観ているのか、と思っ…

>>続きを読む

ヴァチカン法皇の権威をめぐり争うカトリック枢機卿たち、それに群がる女たちの愛憎劇。 まぁひどい。権力、金、欲望…カトリ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドイツの中でもミュンヘンの、濃くて対人距離近い雰囲気がみっちり再現されたドラマ。 存在感の強い祭りには闇が生まれやすい…

>>続きを読む

ネタ系かと思ったらけっこうしっかりドロドロした話だった。ビール売るだけなのにこんなことになるんかい。

ボルジア 欲望の系譜 シーズン2

ジャンル:

3.9

あらすじ

15世紀末のイタリアに君臨した血塗られた一族ボルジア家。 華やかなルネサンス繁栄の影で行われた血みどろの謀略の中心人物であり、カトリック史上最悪の教皇といわれたロドリーゴ・ボルジアと彼の一…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

シーズン1からの続きで そのまんま観ちゃいました お気に入りなんだと思う(笑) シーズン1でわりと良い人だった上…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

VHS時代の似たヤツと間違えて購入したかも。 制作国は、チェコ、ドイツ、シンガポール、アメリカ。 そこに期待したが、…

>>続きを読む

後遺症

製作国:

ジャンル:

3.8

あらすじ

警察官のヴィクトルは、暴れた犬に逆上し、喧嘩の末に誤って飼い主を撃ってしまい、刑務所で5年を過ごす。5年後、保釈され、また、行方不明だった犬の飼い主の娘も、売春宿から逃げ出した。予想外にも…

>>続きを読む

デュクラ鉱山

製作国:

4.6

あらすじ

ペテルは鉱山工学大学を中退し、妊娠中の恋人と実家に戻る。 ペテルは自分に失望した家族の負担になることを嫌がり、父と炭鉱に向かうが、そこで大災害が起きようとしていた。

おすすめの感想・評価

1969年の一月一六日プラハで焼身自殺がある。歴史、政治経済学専攻のチャールス大学の二十歳の学生のジャンパラック(J…

>>続きを読む