夕方のおともだちの作品情報・感想・評価

「夕方のおともだち」に投稿された感想・評価

深緑

深緑の感想・評価

3.0
劇場の拘束力を借りた事で何とか完走までこぎ着けたイメージだが、ムラジュンがインポを克服したシーンは軽く感動した。

「単にムラジュンに引っ張られてるだけ」っていう説が濃厚だが、2020年代の作品って感じがしなかった。
SMクラブに通う生粋のドM男性と女王様との交流を描いたお話。

Mも行くとこまでいくと生か死なんだなと思ったヒューマンドラマ。

SMクラブで繋がった人々のお話ゆえ、なかなかキワモノの印象を受けた序盤でしたが、蓋を開けてみると普通に三角関係的恋物語で、気づいた時にはラブストーリーとして普通に観てる自分がいました。

主人公 ヨシダさんの女王様も唸るMっぷりが凄まじく、Mの極地を垣間見れたような気がします。

お金を払ってサービスを受ける関係性とはいえ、人と人とのセンシティブな側面での関わりゆえ、独特な関係性になりやすいのかなと思う部分がありました。

主要な登場人物みんなに幸せになってほしいと思った映画でした。

冒頭、痛そすぎて、こっちがソワソワしちゃったわ〜

大橋トリオさんの曲で全てが爽やかに〜

長々とすみません。
atom

atomの感想・評価

5.0
村上淳(贔屓)M男と菜葉菜(贔屓)女王様の裸が瑞々しくて嬉しかった✨
寝たきりごっこ?の我儘毒母はありゃま、烏丸せつこで嬉しかった💝
「#夕方のおともだち」SMクラブに通う男の一時を描いた、漫画原作の映画化です。面白いです。
https://t.co/e2Inxyruyf
コ

コの感想・評価

4.2
性的嗜好ってその人の芯の部分で。共有した2人の友情と愛情ともつかない中間の「情」にグッときた。
とてもよかった。

主演二人の好演と廣木隆一のバランス感覚に長けた熟練の手捌きで、甘過ぎず、エロ過ぎず、全くストレスを感じさせないのは凄い。タイトルはジェイムス・テイラーの『You've Got a Friend』からで、ハードMと女王様の異色の友情物語でもあった。
SMの話を取り上げたがる作家は多いが、意外とリアルプレイヤーしか分からないことって多く、大体ツッコミどころ満載になるだけで面白くないものが多い。
こちらの作品も期待通りのツッコミ映画ではあった。
村上淳が体張ってたくらいしか評価なく、リアルな体型もよかった.
知人が割と絡んでる映画なのであまり表立ってdisれなかったが、いやはや、つまらなかったです。
原作の漫画はもう少し面白いらしいですね.
BBoyX

BBoyXの感想・評価

3.3
こういう映画を見たことはなかった。正直なところ主人公の性癖に共感できないからあんまり面白くはなかった。
もう少し人間模様の描写が欲しかった。
けど、人の心の拠り所みたいなのを描きたかのは分かるけど、自分には刺さらなかった。
人生経験が足りないのかなー
KentF

KentFの感想・評価

3.4
いたって真面目。性癖とか異常とかの言葉で片付けられる異端ではなく。追い求めるものがそこに。
真性のM男で、ハードなプレイを好むヨシダヨシオ。
田舎町に一軒あるSMクラブで、
縛られ、鞭打たれる日々を
村上淳が怪演。

ブリーフのわきからはみ出た
玉袋に五寸釘を打たれるシーンは、玉袋がない私でも、痛っ!てなる。

ミホ女王様はバイトの女王様で、ヨシダとの間に奇妙な関係がなりたっていく。
そして、ヨシダを目覚めさせた
伝説のユキコ女王様との再会。

SMをモチーフにしながらも
愛の形であったり、
性の問題であったりを
割とさわやかに描いている。

ラスト近くのシーンも素敵。

冒頭のナレーション。
“マゾにとって、「お仕置き」が
快楽であるならば、
「お仕置きされない」ということが、最大の「お仕置き」である。
ということはマゾにとっては
「お仕置きされない」ということは最大の快楽、ということになる”。

Mは切ないのよね……。

山本直樹の原作漫画を
読み返す。
原作にかなり忠実。
>|

あなたにおすすめの記事