ペット探偵 エース・ベンチュラJr.の作品情報・感想・評価・動画配信

『ペット探偵 エース・ベンチュラJr.』に投稿された感想・評価

黙ると死ぬジム・キャリー主演のエース・ベンチュラシリーズからベンチュラを抜いた作品。子役(ベンチュラJr.)がベンチュラと同じようにひたすら喋りまくる一本。

【キャスト】
ベンチュラJr.:ジョシュ・フリッター
ローラ:エマ・ロックハート

メリッサ(ベンチュラJr.の母):アン・キューザック

監督は、デヴィッド・ミッキー・エヴァンス

【ストーリー】
動物園に勤めるメリッサとその子供ベンチュラJr.の物語。ある日、メリッサの務めている動物園で中国から借りていたパンダが盗まれメリッサはその犯人だと目されてしまい逮捕されてしまう。ベンチュラJr.は母の無実を証明するためパンダ探しを始めるのだが…。

【総評】
いや、無理があるだろ。ベンチュラ(ジム・キャリー)だからあれだけウザく喋っても見ていられるのであって身も知らないガキがベンチュラのコスプレをして話してもウザいだけである。

特段褒めるところはないが強いて挙げればパンダ以外は全て本物の動物を使っていた所だろうか。そのお陰で着ぐるみパンダを見た瞬間に爆笑した。まぁ、映画に呼べないわよねパンタは。

【あとがき】
ベンチュラJr.の祖父は出すのにベンチュラを出さないのはジム・キャリーが出てくれなかったからかなぁ…。
エース・ベンチュラはジム・キャリーだからこそ成り立つ映画。

仮に本作単体で評価するならば割と良い映画だが、過去作と比べると質の低下が否めない。
またクスッと笑えるシーンはあれど、ゲラゲラと笑える様なシーンはほぼ皆無。

評価が低いのも納得の作品。
tk

tkの感想・評価

2.8
エースベンチュラのキッズリメイク。
何かあのナンセンスさ?が薄れてて何見てるのか途中でわからなくなった。
T

Tの感想・評価

3.6
動物の連続誘拐事件をJr.が捜索する話。
子供向けバージョン。

ハードルが低かったのもあるけど、思った以上に面白い。
よしを

よしをの感想・評価

3.8
エースベンチュラの意志を受け継ぎながら小学生の面白さが混ざってて可愛かった。
ちょめ

ちょめの感想・評価

2.7
ジムキャリーは出てきませんが、エース・ベンチュラというキャラが大好きなので鑑賞!

今回は幼少期のお話。どうやってあんな強烈な人になったのか気になっていたから彼の昔が観れて良かった◎
大人の時ほどぶっ飛んではないけど“普通の子”になろうと頑張るエース。動物に対する深い愛情は相変わらずだし、子どもながら探偵として頑張る姿は愛らしい。

ストーリーはツッコミどころも多いけど、コミカルな動きや色んな種類の動物たちの活躍がまた観れて嬉しかった。
あと、ベンチュラ一族がクセが強くて面白い。まさかダーウィンまであの髪型で、一族だったとはwww

ジムキャリーほどのヘンテコさはなかったけど可愛いベンチュラ少年だった。ジムキャリーの唯一無二さを改めて思い知らされる。
なり

なりの感想・評価

3.0
主人公はエースベンチュラの子どもだった。エースの子ども時代の探偵になるきっかけの話かと思ってた。

エースは残念だけど子どもだから可愛いとかない。。ヒロインの子はかわいい感じ。

2009年のものとは思えないくらい何だか古くさいのはなんでだ。

あなたにおすすめの記事