ドクター・ドリトルの作品情報・感想・評価・動画配信

ドクター・ドリトル1998年製作の映画)

Doctor Dolittle

上映日:1998年12月19日

製作国:

上映時間:84分

ジャンル:

3.5

「ドクター・ドリトル」に投稿された感想・評価

ヤギが「おしりが痛いの〜」って言うシーンで3歳の息子が大笑いしていました。しばらくして、息子が「ねこが、おしり痛いって言ってたよね〜」と思い出し笑いしていたんですけど、完全に「おしり」の面白さに動物の存在感が負けちゃってるじゃん。
dokie

dokieの感想・評価

4.1
ジョン・ドリトルは、動物と話せる超能力を持っていた。しかし、父親は異常だと思い飼っていた犬を引き離してしまう。そこからジョンは動物と関わりを持たずに大人に成長した。医者になったジョンは、家族にも恵まれて幸せな日々を過ごしていた。真夜中の急診の帰りに、ジョンは野良犬を轢いてしまう。その時に野良犬が「マヌケ野郎」と怒鳴ってしまうのを聞いてしまう。自分に超能力があると信じたくないジョンであったが、動物が困っているのをみて次第に動物の治療にも力を入れる。
動物の言葉がわかる能力が欲しいですねー。そうすれば飼っているペットも気持ちがわかるから、とてもいいです。ドリトル先生が虎を治療するシーンが勇敢に感じました。みんなが動物の気持ちを知る時代になればいいと感じます。
でん

でんの感想・評価

3.0
字幕
いい意味で子供向け🎶て感じ
あ、いやでも大人が見た時にもクスッとなるようなギャグや渋さは所々あったな?
世界観もそうだし、パッと見単純な物語だから子供が見てても分かりやすそう ただドリトルの心境の変化がちょっと急というか、都合よすぎ?とも思ったかな〜
おじいちゃんがいなきゃこうはならんかったんやろな〜〜〜と!
動物たちがやたら人間くさくていいね
うちの犬はなにを喋るんだろうな…?
gakuto

gakutoの感想・評価

4.0
小さい時に良く見ててワクワクしてました。
久しぶりに見たらやっぱワクワクした。
あとR&B好きは見てほしい
ナオ

ナオの感想・評価

3.3
映画って観るタイミングも大事ですね、分かっちゃいたけどこれは子ども時代に観たかったやつ
シンプルたのしい
きー

きーの感想・評価

-
子どもの時は、本気で羨ましかった。
動物と話せるようになりたい!って本気で思ってた。

今でも少し思うけど
モアイ

モアイの感想・評価

3.5
ロバートダウニーJr版みたいに凝った設定や迫力のあるアドベンチャーでは無いけれど。
私にはこのエディー・マーフィー版の方がおもしろかった🎵動物との会話のおもしろさに焦点が合ってるし、シンプルな家族ドラマも分かりやすくて良い👌☆
動物たち可愛すぎた!
犬たちの演技どうやってるんだろ!めっちゃ面白かった〜🤩
動物と話せたら面白そうだなあーと思った!
ちらほら深い言葉あっていい映画でした🎞
ほっこりしました💕

エディーマーフィー出てる映画って面白いのばっかり😚
adeam

adeamの感想・評価

2.0
19世紀初頭のイギリスを舞台にした児童文学を現代のアメリカに置き換えて映画化したヒット作。
動物の声が聞こえる主人公にエディ・マーフィーが扮し、ユーモラスな動物たちに対するツッコミ役に回ってのかけ合いが見どころとなっています。
動物たちは可愛らしく、映像的な違和感も少なくて良かったのですが、性格づけを人間に寄せすぎているのはイマイチでした。
大笑いできるシーンはないですし、特殊能力に対する主人公の受け入れ方がストーリー上の都合良く変わっていくのが気にはなりましたが、ファミリー向けのハートフルなコメディとしては及第点でした。
懐かしかった、、
平和な笑いで溢れてて
ほっこりしました。

娘とかトラを励ますとこがすき
>|