DEAD OR ZOMBIE ゾンビが発生しようとも、ボクたちは自己評価を変えないの作品情報・感想・評価

「DEAD OR ZOMBIE ゾンビが発生しようとも、ボクたちは自己評価を変えない」に投稿された感想・評価

わか

わかの感想・評価

3.5
不登校、ひきこもりの早希とゾンビが溢れる世界。

あれだけ外に出ず、家族との関わりを断っていた早希が、ゾンビになった家族のために外に出て食料を拾ってきたり、自分が生きていくために外に出ていくようになるのは何という皮肉なのか。

でも、世界がどうなろうと自己肯定感が低いのはそのまま。
外的要因だけでは、自分自身を変えるには足りないってことかなと思った。

どうでもいいけど、主演の方がずっと橋本愛さんに観えてました。
ヴレア

ヴレアの感想・評価

3.0
まさにタイトル通り。
ゾンビが発生したからと言って自己評価は変わらないし、家族は家族なのだ。
ゾンビ映画なのにあまり怖くなく、家族愛とホラーをかけ合わせた感動作品だった。
『湖底の空』が素晴らしかったので期待したんだけどなあ、、

夕暮れの終末ショットは良かった。

あなたにおすすめの記事