昭和物語の作品情報・感想・評価

昭和物語2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

1.8

「昭和物語」に投稿された感想・評価

うーん、こうじゃないんだよなぁ。

この際昭和懐古描写はいいとして(それもすごい浅薄なんだが)人物がみんなとても記号的でつまらない。

厳格でパブリックイメージとしての父親や思春期で男に傾く娘。ほかにも多数。

それ自体は良い悪いではないんだけど、どの人物も悩みや葛藤がテンプレートで、そこに制作側が訴えたいものや、熱い想いが微塵も感じられない。

「この時代のこの人はこうだよねぇ」なんてとても投げやりにすらかんじる。

劇場版の三丁目の夕陽しかり、込めるものが中途半端だと昭和の時代が空虚に見えてしまうから、中途半端ならやらない方がいいよね。
nori007

nori007の感想・評価

1.0
昭和30年代の蒲田、川崎が舞台となっているノスタルジック満載の映画。
当時は高度経済成長で急速な発展をしている世の中が描かれるものの、家の中は異常に閉鎖的で厳格な父親。やたら干渉する母親。などなどものすごい閉塞感満載な物語だ。
特に感動的なことも起こらず、どんよりしたエピソードばかりが描かれる。
昭和ってこんな暗黒時代だったっけ?(笑)まあたしかに見方によってはその通りだけれど、これのどこが面白いのか?いや~な感じだけが残る映画であった。
RIM

RIMの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

東京オリンピックの時期の話
父親が典型的な亭主関白
大声出されるってこういう感じかあ疎ましいなあと思った
昭和の時代のもどかしさ
友達と姉の万引き
友人の引っ越し
映画の10割が苦しい
全員が老眼鏡
説明が多い
青二歳

青二歳の感想・評価

2.8
いろいろ惜しい。でもアニメだから観れる。このテンションで実写にされたらたまらん。60年代半ば、東京蒲田の旋盤工場を舞台に昭和の家族を描く。街は新幹線開通、東京モノレール開通、そして東京オリンピックの開催にわいている。
お姉ちゃんのエピソードは50年代邦画でよくあったモチーフなんだけど64年の東京オリンピック当時かと思うともう少しパンチが欲しい。みゆき族。
N*

N*の感想・評価

1.0
うーん…微妙。開始30分で観るのとやめちゃった。。