ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の作品情報・感想・評価

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れてい…

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価

coma

comaの感想・評価

4.0
良ファンタジー。いろいろな作品を想起させる…。夢の世界とのシンクロがなんかよくわからないけど、ファンタジーだからってことで、いいのかな…?

エンディングのデイドリームビリーバーのしみることと言ったら!
Thomas

Thomasの感想・評価

3.0
中途半端でモヤモヤ感が終始あり、眠気にも襲われる。
平均以下の作品かと思いきや、ココネ役の高畑充希が歌うエンディング曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」とエンディングの映像は一見の価値あり。
ほぼそこだけの点数。
岡山県が舞台ということで、岡山に住んでいたので観てみましたが、自分としたことか映画館で生まれて初めて寝てしまいました。

話の内容は面白くなさすぎて寝たのでなんとも言えません。

始まってすぐに意味不明な単語がたくさん出てきます。クソです。

結論 糞映画でした。金返せ。
興味深く面白くなりそうな設定・世界観だけに、
1オリジナル映画作品としては構成や整理が練り足らない…エデン同様、色々詰め甘くて惜しいんだよ監督ーッ!!

でも劇伴が下村陽子先生で、いつものゲーム媒体並みに神!とまではいかないものの、本編観る前にBDのトップメニューの出だしの旋律で心奪われたので、
+0.1で総合的には一見の価値を見出だせる一作だった。
浮世

浮世の感想・評価

4.0
全体的に好き
夢も現実も楽しめる

モリオがメガネ外したまま
髪かきあげるシーンいい

また観たい
(これ作ったスタッフ、全員5徹目くらいだったのかな?)って逆に心配になったレベルだった。
hull

hullの感想・評価

4.5
好き嫌いは分かれると思うが、安心して家族で観れる映画。年齢や立場に応じてそれぞれ感じるものがあると思う。

割と同時期に上映された「シンゴジラ」や「君の名は」との比較・類似点が面白い。
adidasGIRL

adidasGIRLの感想・評価

3.0
夢やったり夢じゃなかったり
色々騒がしい映画やったけど
思ってたより面白かったかな?
方言が可愛い♡
ぴぴ

ぴぴの感想・評価

3.0
ストーリー良き!アニメーションよき!
やっぱり主題歌がいい、声がいい。

このレビューはネタバレを含みます

.
.
岡山が舞台!
.
大阪とかの雰囲気、表現表情が
凄い事細かに描かれてた。
いまどきの映画感。
.
現実と夢の交互に出てくる感じが最後は
結構完全に混ざってしまった感じが残念。
寝んでも現実の話だけでよかった、、?
.
ファンタジーものとして
みるならまあまあ👍
ちょっっと物足りない感じが🤔
.
ここねともりおは可愛い。
エンディングだけでお母さんのこと
わかってしまう感じが良かった。
.
ただおもてたんとはちょっと違うかなー。
あと方言は、その地方に住んでた人が
声優したええのに。
大阪弁とかもエセ関西弁みたいなん
聞いてていらってするもん。
>|