• Filmarksトップ
  • ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の感想・レビュー

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:110分
    監督
    神山健治
    脚本
    神山健治
    キャスト
    高畑充希
    満島真之介
    古田新太
    前野朋哉
    高橋英樹
    江口洋介
    あらすじ
    岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

    「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・レビュー

    Harry
    Harryの感想・レビュー
    8分
    4.0
    あまりに低評価が気になって鑑賞。

    僕には「さすが神山監督だ!」という一言に尽きる。攻殻機動隊でも押井守とは違ったテイストで作りあげる実力がある人ですからね。

    あらかじめ予告編でも“夢”というキーワードが提示されているのだから、その通り受け入れれば楽しい作品である。

    固いアタマ(狭量な鑑賞眼)で鑑賞してたら、ドラえもんですら駄作であると断ずるようなモノである。

    確かに予告編が『君の名は』を想起させるような作りであったが、そんなことで鑑賞眼がブレるようでは寂しい。
    でも、、サイドカー型変型ロボットが空を舞うシーンの残念さには「何十年前のCGだよ⁈」と突っ込まざるをえなかったことは事実だが…。

    世界観にドップリ浸かってしまえば、まさに“楽しんだもの勝ち”である。この作品はそういう類のものだと考える。

    あと、声優陣で固めず俳優に演じさせた作品の中では珍しく良作だったのではと思う。

    そして、これは皆さん納得でしょうけど、高畑充希は凄いです!さすがミュージカルで鍛えた歌声!エンディングでグッと来ました!!

    TOHOシネマズ新宿にて(auマンデイ利用)
    にゃっち
    にゃっちの感想・レビュー
    55分
    3.5
    前半は夢と現実にそれなりの関連性を感じられましたが、後半はぐちゃぐぐちゃでした。全般的に支離滅裂だったにも関わらず、泣けてたのも確か。。意外と好きかも。

    エンドロールが良かったです。
    ulucon
    uluconの感想・レビュー
    2時間
    1.0
    記録。
    ろ
    の感想・レビュー
    2時間
    1.0
    びっくりするくらいつまらなかった!!
    話のスケールの小ささ!!!
    辻褄の合わなさ!!!

    日本のアニメ映画の悪いところですね。
    監督が脚本も書いて勝手にやりたい放題やっていい作品が出来ていたのは、天才が監督やってたからですよ。
    て
    の感想・レビュー
    3時間
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    うーん。夢である必然性はどこ???
    なんというか、劣化版君の名は。?
    なんでこういう映画作ったんですか??

    まず、キャラクターが気持ちが悪いと思う。絵はかわいいよ?
    でも心羽ちゃん気持ち悪すぎるでしょ。言動の一つ一つが本当に気持ち悪い。こんな人間いるの??
    説明台詞おおいし、人間が言葉を発することを想定していない気がする。
    なんというか、表現力なさすぎて一つ一つモノローグいれなきゃ作れません!みたいな。アニメである意味な。。。

    次に夢である意味。
    夢は記憶の整理であると言われますよね?では昔に父がした物語を夢の中で見ました。は正だと思うよ。だとすれば、夢の中の物語と現実がリンクするのは超現実すぎない?しかも途中から完全に白昼夢みたいになったけど、もう完全にラリッたJKの妄想に捕まった集団麻薬中毒者だよ。

    最初、AIという技術革新と古い体質の大手企業が戦う話だと思った。導入部分のイメージは完全にそれ。開けてびっくり、鬼と戦う?ん?現実においての鬼って何?なんで心羽ちゃん、現実でビルの高いところから落ちてるの?ヒゲさんが突き落としたからヒゲさんとりおさえられてんの??
    極めつけ、自動運転バイクが危機に駆けつけるという謎現象。母の愛がシステムに勝てるか。ふざけんな。おとなしく帰れよ!欠陥システム搭載バイクが!!!!
    そんな欠陥システムをオリンピックで使うなよ!!

    開始、25分は楽しかったけど、
    心根一つで人は空も飛べるはず、
    のワードが出てきてからどんどん怪しくなりました。
    唯一、人工知能システムを魔法と表したことだけ共感できた。
    でもタブレットが魔法ならスマホも魔法じゃないの。
    sasa
    sasaの感想・レビュー
    3時間
    1.0
    友達と行くと逆に楽しい
    bluepoint
    bluepointの感想・レビュー
    3時間
    3.3
    思った以上におもしろい。
    そして泣けた
    candy
    candyの感想・レビュー
    3時間
    1.7
    しょーもな!!!笑
    疲れた!!!
    majemajeco
    majemajecoの感想・レビュー
    4時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    高畑充希さんの主題歌が耳に残り観に行きました。

    物語の舞台設定やテーマは魅力的だったのにそれがうまくいかされていなかったのが残念。
    このテーマならもっと面白くできてお客さんも入るのに!と感じました。

    キャラクターデザインや映像、キャラクターは個人的にとても好みで観ていてわくわくできました。ハーツがとくにかわいかったです。
    主題歌もよかったし、主人公ココネの声優は好みが分かれると思いますが私はとても好きでした。

    夢の世界と現実世界を行き来する話ですが夢の世界が魅力に欠けてるなと思いました。
    ファンタジーや機械モノが好きな人には響くのかもしれませんが、現実世界の魅力的なキャラにたいしてそこまで興味がもてなかったです。
    キャラの服装もうーんといった感じ。
    最後の夢の世界のバトルも???といった感じで置いてけぼりになってしまいました。
    車や自動車工場のデザインはかっこよくて好みでした。
    自動車産業に依存している国なのでモデルは日本なのかなー?と思いますが夢の世界でももっと内輪的に楽しめる要素があってもよかったかも。

    現実では日本以外の国も参戦している自動運転の話なのに一日本企業内の権力争いで丸く収まってしまったのが残念。
    大きなスケールな話なのかと思ったらそうでもなかったのか、と。
    悪者として描かれていたヒゲもそこまで悪くはないんじゃないか?と見終わった後に感じました。

    わりと抽象的な表現で描かれている映画なのであれこれ考えたい人にはおすすめ。
    もう1回ちゃんとみてきたいなと思える映画です。円盤を何回も繰り返しみていろいろ考えてみたい作品ですね。


    話のテーマ、世界観、キャラクターデザイン、映像、主題歌○
    キャラクター△
    話の構成、作品名× で4.0ぐらいですかね。

    作品名は英語版の Ancien and the Magic Tablet エイシェンと魔法のタブレット のほうが話の内容とあっていてよかったと思います。
    予告編やテレビCMなどの宣伝もですが、内容とかけ離れすぎていて後悔したお客さんもたくさんいらっしゃると思います。
    ゆっきー
    ゆっきーの感想・レビュー
    5時間
    2.0
    なんとも思わない。笑
    >|