ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の作品情報・感想・評価

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れてい…

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価

観ている最中は結構面白かったけど
いざ感想を述べるってなると
薄味な作品だったなと思ったかな。
残るものは少ないけど
映像美や近未来に想いを馳せれる
いい作品だと思う!
naonaohr

naonaohrの感想・評価

3.3
なんかストーリーいまいち乗れない。
親のことを知っていくのが主題なのか。
ぽこ

ぽこの感想・評価

-
高校生の女の子が出て来るアニメーションのなかでは頭ひとつ出ない感じで、普通に面白かったかな、という思い出。
BEKNE

BEKNEの感想・評価

3.7
これはただのアニメじゃなくて、
現代日本風刺じゃん!面白い!

大企業病にかかった日本企業の経営と
リスクばかり考え、制度に縛られてばかりの日本政府に喰ってかかってる。

絶対トレーラーの作り方と宣伝をミスってる。

こう捉えると面白い。
一見「君の名は」的ファンタジーアニメかと思いきや
「日本の産業は、このままでは世界に負け、経済は低迷する。」
という揶揄だと。


【面白く見るための前知識】
最近世界的大手コンサル会社、アクセンチュアから出された本で
「インダストリーX.0」がある。
これを読んでから見れば最高に面白い。

以下要約。

・自動運転、Uberなどテクノロジーによる第四次産業革命が起きている。

・日本政府は、メリットを理解し「いかに実現させるか」ではなく、リスクを捉え「そんなに実現させたいなら、こんなに厳しい制度の中でならどうぞ。」というスタンス。国民性もある。

・その遅れは、ヨーロッパ、アメリカ諸国を比べれば一目瞭然。

・スマホは、ただの機械にアプリというソフトウェアを入れてカスタマイズしていくように、IIoT化が進む今、クルマも、ソフトウェアによりカスタマイズできるようになる未来が近い。

・クルマ会社は、ソフトウェアのイノベーション力を持たなければ、ソフトウェア企業の下請けの製造業と成り下がる。

・日本経済は、トヨタといったクルマ産業によって支えられている。

・つまり、クルマ産業の衰退は日本産業の衰退につながる。

この日本の状況を知ってみると映画の内容が、違って見えてくるんじゃないだろうか。
SUI

SUIの感想・評価

1.5
ちょいちょいどこかで見たことあるようなデザインや、聞いたことあるような設定が散見されてどうにも受け付けない。
それでいて独自性をアピールできる「夢」の部分が、現実とごっちゃになってしまっていて、どこまでが夢でどこからが現実なのかの区別がつけづらい。見ていて混乱する。
ていうか、むしろその設定いらないのでは?

いやいや、その設定を無くしたらこの作品のコンセプトが根底から崩れるぜ? というのなら、もうちょっとうまくやるべき。
このクオリティだと、その設定が無くても成立しちゃうし、極端に言えば邪魔でしかない。

この作品で何を見せたいんだ?
まぁ

まぁの感想・評価

1.7
ファンタジー&現実世界が…ごちゃごちゃで…
肝心の「物語」が…よく分からないまま…終了…^^;
昼下がりに観たせいで…睡魔との闘い…(笑)

何が言いたかったんだろう?…(笑)
何を伝えたかったんだろう?…(笑)

主人公のココネが夢を見るのは
「母の死」の真相を知る為だったのか…な…?(苦笑)
…それすら…分からない…(笑)

エンドロールを観て…
「家族の物語」で…良いのかな?…と自分なりの着地点…(笑)

作画…人物、背景ともとても綺麗…♡
音楽…主題歌…良い…🎶 (高畑充希の声って…分かっちゃうけれど…笑)

ファンタジー要素を思い切って無くして…
「現実世界」だけで…表現してくれれば…
もっとシンプルで分かりやすかったと…思う…(笑)

酷評…ごめんね…(汗)

眠い〜(笑)
面白いか?お母さんとの家族の話はいい感じだけど、2つの世界が混ざりすぎてよくわかんない。
高畑充希、歌は上手いけど声優は微妙

なんでこんなに評価が低いのか?

SF好きの私にとってまるで想像のつかない展開がすごく面白かったし、それに親子愛を絡められると感動必至。。

よかった!

逆に皆様言っているエンドロール印象に残ってない。あれー?なんか見てるポイント違うのかな?
次男

次男の感想・評価

3.1
現実と夢が交錯して…!
なスキームとても面白いはずなのに、なんでこんなにも悪い方に悪い方に作用してまうの!現実⇄夢の変換にすごく気がそがれて、しかも腑に落ちる回答は得られなくて、結果ぜんぜん乗れなくて、イライライラ…!

瀬戸内の町の雰囲気や、線の少ないフラットデザインな作画はとてもスムーズに受け入れられるし、高畑さんのお声は心地いいし、アクティブ系ヒロインもアニメ主人公っぽくてとてもいい。のに!

◆◆

ファンタジー調にすることで、チャイルディッシュっていうか、「物語に秘められた訓示をわかりやすい隠喩に変換して伝える」って役目だって受け手としては捉えるのに、とにかくわかりづらくて、でも目線下げられてる不快感だけはあって。いっそパプリカみたいに「より抽象的で感覚的な隠喩」まで昇華してくれてたらいいのに。国王とか、鬼とか、そんな子供向けな言葉を使われてるのにわからないっていうストレスがなにげに大きかった。ファンタジーってすごく難しいんやなあ。

反面で現実世界のストーリーラインはなかなか凝ってるものだから、IQが高いんだか低いんだか。

◆◆

音楽がひどく弱かったのはなんでだろう?「君の名は。」のときは親切すぎる音楽が煙たかったのに、これだけ音楽が役立たずな作品はそれはそれで不満で。

エンディング曲が群を抜いて良い雰囲気だしやがって、高畑さんの歌唱もすてきで、余計取り残された気持ちになったんす。「やばい、(この曲に追いつくくらい)感動してない…」っつって!

◆◆

この方言!この町並み!これはきっと尾道やな!と確信してたら、倉敷だった。
believe

believeの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

物語としては序盤からぶっ飛んでいた感じがしました(笑)お父さんが急に捕まったり展開がコロコロ変わり難しかったです。夢と現実がリンクしていて、理解出来た時は上手いことつながってるなと思いました!ここでそう来るかと!最後にお母さんが作りあげた車?バイクが来たり。自動モードを使ったりして東京に来てたのはおー!っとなりました!他にも色々ありましたがそういうところが評価出来ます!
>|