ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の作品情報・感想・評価

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れてい…

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価

紫色部

紫色部の感想・評価

1.5
2017.12.10 Blu-ray

夢と現実のリンクが致命的に上手くいっていないのと、アニメとしての活劇要素が全くもって楽しくない。随所に見られる微妙な間の悪さも気になるし、見せ場における上昇や落下の運動も不発に終わっている。事故を起こせば誰が責任に問われることになるのか、という法律上の問題があるから、完全自動運転への移行は日本ではなかなか厳しいよね、という至極妥当な指摘と、レインボーブリッジや瀬戸大橋などによる架け橋や越境のイメージは良かった。ラストのパンも面白い。
P

Pの感想・評価

3.2
ふむ。

日常の雰囲気は好きやけど
夢の世界でなんか
ロボット系とかでてくるのが
ちょっとなー苦手😢

これ日常で
どーゆー状態?!
とか思ってしまうと
のめり込めん感はあったけど
どーしても取っ払えんかった(´・ω・`)

雰囲気は好きやのになー👏
結構好き

終盤のもたつきのおかげで傑作になりきれてない感じはあるが、絵は綺麗・演技は上手い・ストーリーは面白いの三拍子揃ってる。
壮大な設定×シンプルな物語の組み合わせにワクワク。夢ってこんなもんよね~と割り切ってれば説明不十分とも思わないはず。スーパートリップファンタジー
人と車と日本の未来とは…?
予告からは予想つかなかったけど蓋を開ければ車社会日本の寓話である。
"心羽一つで人は空も飛べるはず"

『打ち上げ花火、下から見るか〜』なんかと同じで話が理解出来なかったみたいな感想が散見しており確かに夢と現実が交錯する似たような作りの作品だけど本作は思いのほか劇中説明を入れてくれていたので受取手さんに問題がげふんげふん…
夢の漠然性と同じで皆"鬼"のような漠然としたものと闘っていたりするでしょって観点があれば腑に落ちる話だと思います。

ココネはとにかく未来へ向かって突き進む系の女の子でありまして上手側(左から右へ)に動き続けるんだけどクライマックス近くになると下手側への動きが増え、一番の見せ場では"とぶ"ことの意味が大きく反転する仕掛けはほんとに鮮やかでした!あれは鳥肌が立った。
過去や思い出が重要なファクターである本作において下手側への動きを生かす作りは見事だったと思います。

それらを踏まえた上で本作が大傑作だと言い張れないのはクライマックスへの盛り上がり方がイマイチだからではないでしょうか。
作画もCGアクションも一級品、キャスティングに俳優多数だがとても優秀だったと思う。しかしそれでも熱を乗せきれないチグハグ感、テンポの悪さはあったと思う。そこの移動にそんな尺掛けるみたいな?

そんな秀作ですね
僕は好きだしもっと知られて欲しいと思う
ま

まの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まずヒロインがかわいい。予告で見た感じだとギャルなのかなって思ったけどゆったりマイペースなのほほんとした子だった。そんでもって魔法の呪文がとてつもなく現実的でクスッとした。
はる

はるの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな題材、内容なんだけど、設定の説明に終始する冒頭、単純に下手だよね。小説、漫画的。映画の冒頭じゃない。好きな監督なだけに、つらい。あと30分プラスして映画らしくしてほしかった。いや、それじゃ長いか。とにかく台詞が下手。つらい。

夢と現実の行き来、という意味では、今敏という天才がいたわけでな…夢の描写が説明的なの、もったいない、最高のSFファンタジーに成り得たのに!!というもどかしさ。

『君の名は。』『サマーウォーズ』と比較せざるをえない場所設定、あっちのほうが高品質かつセンスオブワンダーがあったあたり、惜しい。もっと強みを生かして作品つくってほしい。都会的な話、政治劇のほうが向いてると思う。。

東京オリンピックに沸いてる東京に比べて、田舎は違う、という主張は大事だとは思うけど、田舎に設定する必要があったか?と。日本の車産業、中小企業、町工場の存在について描くことはそりゃ大事だが…うーん…田舎で働く男たちを取り巻く女たちの描き方としては雑なのでは…

街のおじさんたちに声掛けられて明るく返事しながら走る、田舎の少女、宮崎駿っぽいというか、古き良き理想の少女像、児童文学の少女、90年代戦闘ヒロインの系譜、と言う感じだが、ちょっと旧いのでは。少年との関係も…もうあと一歩、新しいヒロイン像を打ち出してほしかったというか…好きなんだけど、とにかくもったいない。

鬼の造形にも既視感あり。エヴァか巨神兵か。うーん。

お父さん、おっさんたちのパートのほうが安定してるもんな、やっぱり。無理して少女を描かなくて良いよ。という気持ちになる。娘という存在を都合よく使うな。つらい。

高度に発達した機械技術は魔法と区別がつかない!!いま一番見たい読みたい題材なので作ってくれるひとがいることが嬉しい!!

でも物足りなかった…技術によって産み出されたモノではなく、モノによって変化した世界について描いてほしかったし、となると、ネットによって広がった世界についても言及してほしかったかな。自動運転で社会が世界がどう変わっていくのか…

過渡期を切り取ることは大事だが成功してたろうか、はたして。

日本のファンタジーに、日本の昔話、桃太郎のイメージを持ってくるセンスも好きだ。しかし詰め込みすぎだった気もする。

機械に詳しい男の子、使い方に長けた女の子、という描き方は悪くないと思ったけどな。SF機械は男の子のもの、ファンタジー魔法は女の子のもの、そのステレオタイプイメージの交錯、それぞれの良いところ、力を合わせよう、というコンセプトは悪くないと思う。ま、そのステレオタイプイメージが旧いといえば終わりなんだけど。

「お尻触っちゃいけんよ〜」「触るか!」の後のモリオ少年の反応、もうちょい…きちんと描いてほしかった気もする。あれくらいが普通だと思うけどさあ、変に赤面されても困っちゃうけどさあ、上着かけてあげるとか優しさを見せるシーンにもなってない、あの、無機質さ…わかるんだけど、あれはあれでリアルなんだけど、ボーイミーツガールものとしては足りなくて、モヤっとしちゃった。

「当意即妙に話しとったなあ」ってどんな語彙だよ、しかし。好きだけど!とにかく映画の台詞としては上手くないよな。

「これだから田舎者は」この映画でこの台詞はタブーでは?

それでハッピーエンドでいいのか。
とにかくツッコミどころだらけなんだけども。ファンタジーに必要な生活実感、リアリティが足りなかったと思うけど。

地上波テレビアニメで、せめて1クール、25分×12話でたっぷり見たかった…という気持ち。惜しい…
YUCHI

YUCHIの感想・評価

2.9
とにかく色々詰め込み過ぎで忙しい感じがした。
雰囲気が良いだけにもったいない。
あと夢と現実の境目をもっと明確にしたほうが初見でももっと楽しめるのにと思った。
今敏作品を噛み砕いて商業的にしたような内容。高畑充希の声優はなかなか良かったと思う。後半の夢と現実の混ざり方が無理矢理な感じがあったけど、全体的にはまぁまぁ面白かったかな

このレビューはネタバレを含みます

 いつも眠たい高校生が両親の秘密や大手自動車メーカーの内紛に巻き込まれる話。

 ヒロインが現実世界と夢を行ったり来たりしながら、両親の秘密に追いかけてくる自動車企業の内紛とが明らかになっていって、アニメーションの見所であるダイナミックな映像はあって、夢の世界での鬼とロボットの戦いとかはアニメーションらしくてよかったです。

 ただこのファンタジー要素がこの映画に必要だったのかが謎で、主人公は田舎暮らしで序盤は高校生活が描かれて将来や進路の不安や同級生たちの平凡な生活が描かれていてアニメーションも綺麗でよかったです。話が動き出すのは父親の逮捕がきっかけで謎の人物とかに追われたりしての逃走劇が始まりますが、そこから現実世界と夢世界が交互に描かれていきますが、その境目やリアリティーラインが見ていてわからず混乱する演出のため、この映画の世界はどういうルールで動いているのかを常に探ってしまって主人公たちの戦いに入り込めなかったです。「30階で大変なことになっているってなに?」「鬼って何者?」「お金がないって言ってるけど最初にもらっていたバイト代1万円は何だったの?」と疑問点が次々にノイズになってしまいました。

 丁寧に描かれた映像を見るだけで退屈しないしエンドロールの両親のラブストーリーが1番感動してしまいました。

 そして自動運転推奨映画で大手自動車企業からお金出ているのかな? と思ってしまう設定の映画でした。
なんかそこまで評判よくなかったイメージだけどまあまあ面白かったよ、よくわかんなかったけど😅
夢と現実がごちゃ混ぜでなんじゃそりゃって感じ 笑
まあこの映画の魅力は高畑充希の岡山弁でしょ(*´ω`*)
岡山弁って広島弁と似てるから好き😊
方言ってええのう…
>|