ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の作品情報・感想・評価

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れてい…

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価

マニ

マニの感想・評価

2.8
夢と現実が交錯するんですけど、昼でなくとも夢を見ればストーリーは進むので、ひるね姫というタイトルに疑問を感じていたら終わっていました。
夢と現実のリンクがいまいち解りにくかった印象
やりたいことも何が起きているのかも何となくわかるけどしっくり来なかったのが残念
WOWOW 録画鑑賞,
夢と現実がクロスオーバーする話。
現実の話として自動運転は、各自動車メーカーの開発が激しく、鬼はこの分野に乗り込んで来たGoogleを指しているのか?しかしGoogleは、撤退したので自動車メーカーの夢は続く。
タオ

タオの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

主人公ココネは寝る度に同じ夢をみる。その夢はココネの父親が、幼いココネを寝かしつけるための導入として聞かせていたおとぎ話であることに本人はまだ気づかない。そして、そのおとぎ話とは死んだココネの母親の過去をベースにした物語であった。
一方、現実世界では、死んだ母親の過去を引き金とした事件が徐々に起きはじめる…。

というストーリー。この夢の内容と現実世界での出来事がリンクしていく展開はおもしろかったけれどちょっとわかりづらい。

とは言え、最後まで観れたのは、ハイクオリティの作画とキャラデザ、そしてコヤマシゲト(ベイマックスのコンセプトデザインを手がける)のメカデザインがめちゃくちゃ俺好みだったから。
キャラデザすごい良かった。
ゆーな

ゆーなの感想・評価

3.0
今時のアニメやね。
自動運転ね笑

ストーリーはまぁうんって感じ。
2020年の東京オリンピックまであと数日。完全な自動運転自動車のお披露目を目指す志島自動車と、地方の片田舎で暮らす高校生ココネ。夢と現実が交錯するSFファンタジーアニメ。
「トランスフォーマー」や「パシフィック・リム」の影響を受けているであろうロボットが出てきたり夢と現実を行き来したりして観てて飽きなかった。
大人も子供も一緒に楽しめそうな映画。
ココネ役の高畑充希は歌が上手いなぁ。
やなす

やなすの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ハーツがすごいベイマックス感
ハーツがガラスを突き破ってきたとこがピーク
夢の世界と現実の世界がリンクしてるのはわかったけど、察しが悪いから鬼の存在が何なのかとか今ぶら下がってるのはどういう状態なのかとかがわからないとこがあった。
お父さんイケメンすぎだし、モリオは結局家族ぐるみでの友達って感じなのか。
最後の3人でスイカ食ってるとことかはすごいほのぼのしてよかった。
面白かったけど、決定打に欠けるような内容。
ちまき

ちまきの感想・評価

3.0
構成する要素が多くて途中から何見てたんだっけ…って混乱することがしばしば、設定が面白かっただけに残念!でもすべてを踏まえてのエンドロールは映像も音楽も本当に本当によかった。エンディングのためにどうか最後まで見てほしい、と思った。
もとも

もともの感想・評価

3.0
エンドロールで全てがわかる映画。

今まで見た映画とは一味違ってました。よく言えば想像で色々可能性が考えられる、悪く言えば説明不足の点が多い!

ゆめと現実を行き来しながら話が進行するけど、後半になればなるほどその頻度は増える。だから後半なぜそうなった!?夢ではこうだけど現実ではそうはならんやろー!みたいなことが多くて謎が多い。

夢を扱ってるから理論的に不可能な部分が可能になるのかな…
エンドロールはすごく歌も含めて素敵だったので加点。
夏にはぴったりの映画だった。
ハミー

ハミーの感想・評価

3.6
夢と現実がリンクし、物語が交互に進むことで躍動感を引き出している。

純な日本の青春映画としてサマーウォーズを彷彿とさせたが、ストーリー的には何が起こるか分からない緊迫感はこっちの方が好きかな。

冒頭シーンで魔法少女とクマさんの幼児向けアニメかと思い失望したが、全くそんなことはなく、自動車メーカーに勤めていた今は亡き母と親父の絆を描いた泥臭い作品だった。

日本人の生活感が存分と味わえて好きだな〜
>|