ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:110分
    監督
    神山健治
    脚本
    神山健治
    キャスト
    高畑充希
    満島真之介
    古田新太
    前野朋哉
    高橋英樹
    江口洋介
    あらすじ
    岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

    「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価

    夢と現実が行ったり来たりする物語。主人公が父親のために奔走する。映像がなかなかリアル。
    ほんわか ほかほか🙂
    かなりまったりしたストーリーとつかみどころのない内容でお昼寝しました
    神山健治の劇場用完全オリジナル作品。制作はIG傘下のシグナルエムディ。
    神山のオリジナルとして期待半分・不安半分だったけど、思った程は振るわなかったという印象かなぁ。

    申し訳ないが、単純にストーリーがつまらないんじゃないかしら。現実世界と空想世界を行き来する展開は見所だったけど、話自体がなんてこと無さ過ぎて盛り上がりに欠けるというか…
    虚実が入れ替わる点では今敏の千年女優を思い浮かべるけど、物語の魅力で差が出るよ。
    やっぱり押井の弟子だけあって、演出至上主義ではあるがストーリーテラーではないよね。“設定を作り世界観を構築”するのが映画というスタイルを受け継いでる。
    例えば2020年の近未来の設定なので、VR技術と自動車の自動運転が今よりチョットだけ進んでる。その設定にリアリズムを持たせるのが押井イズムだ。

    神山監督に子供が出来た事が今作のキッカケとも言うが、細田がおおかみこどもを撮った時と似てると思ったな。その意味でも監督の転換期にもなる作品かと思ったが、次回作は甲殻に戻るらしい。もったいない。

    劇中劇での“魔法”がタブレットだったりするのって、昨今のテクノロジーを「まるで魔法のようだ」と言ってる事の比喩でしょう。たぶんそんな会話が制作のヒントだったのかな?

    個人的には神山には、脚本に伊藤和典を迎えてオリジナル映画を作ればいいのにな、と思っている。
    うーんって感じです。
    あえて言うなら、お父さんの声がかなりのイケボでした笑笑
    これ夢の要素(もしくは現実の要素)いる?
    夢と現実、どちらか一方のみにフォーカスした内容だったら面白かったかも。夢と現実どっちも中途半端で、夢と現実のつながりを紐解く要素も無い。ヒロインが夢遊病だっただけ?雰囲気で繋げただけじゃ何がやりたかったのかわからない。
    なんじゃこりゃ!

    ジブリとエヴァと下町ロケットを足してさらにタイトル負けしてる映画。「ひるね姫」のあとに変なサブタイトル付けるな!

    まずヒロインの顔が可愛く無い、夢でファンタジーの世界に入る設定も後半は無茶苦茶。なんで現実の世界で自分の意思を持ったサイドカーが出て来るのか?(怒)
    女子高生が近所のおじさん達と朝まで麻雀付き合って貰ったお金は伏線じゃないのか?新幹線代に使えよ!

    高畑充希の「お尻触ったらいけんよー。」だけ観る価値あり!
    無料で借りた
    >|