ALWAYS 三丁目の夕日の作品情報・感想・評価・動画配信

ALWAYS 三丁目の夕日2005年製作の映画)

上映日:2005年11月05日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ALWAYS 三丁目の夕日」に投稿された感想・評価

ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.9
原作はコツコツと見ていたので大まかなキャラクターは分かる。
全部で3本作作られた今作は1作目としてわかりやすく作られている。元々続編あり気だったのかな? 茶川先生と淳之介のハートフルドラマでありベタながらもラストは感動させられてしまう。
六ちゃんと鈴木家の出会いも良い。

昭和30年代の街並みはCGとセットみたいだけど、すごいリアルでタイムスリップしたみたいな世界観。
後の作品で建てられた建設中の東京タワーとか、三丁目の街並みは今見ても美しい。

この時代を知らない人でも楽しめるし、知ってる人なら懐かしめるのがこの映画のいいところ。
山崎監督の中では三丁目シリーズが1番好き。
カメラワークがすごい
裏切らないコミカルさあり、感動あり
指輪のシーンたまらない
堀北真希がかわいい
昭和ノスタルジックでファンタジックな「フェリー二のアマルコルド」な感じは嫌いじゃない。でもバリバリ現代口語だし、エピソードがあまりにも陳腐で、世界観や演出は軽薄。感動シーンでもないのに感動させようとするからダメになるんだ。昭和の生活風俗にバカボンみたいなギャグ詰め込んだらまだマシだったかも。
邦画の中ではかなり好きな作品
単純に楽しめるし、昭和のあたたかさや
貧しくても心の豊かさ等がしみじみと伝わる
世界鬼

世界鬼の感想・評価

4.0
金銭面では鈴木オートとエラく対照的だけど、どちらも溢れる位幸せそう。
masato

masatoの感想・評価

4.0
古き良き東京タワーがまだ建設中だった頃の昭和の時代のお話。

本当の親子じゃないのに親子の様な関係が築けていた時代。

良いヒューマンドラマに仕上がっております。
多くの日本人が未来に希望持って生きていた時代。明日の活力が湧いてくるような暖かい映画です!
金ローで何度も観てるのにストーリー展開覚えられない映画ナンバーワン(いつか見返したい)
ちん坊

ちん坊の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

三種の神器、建設途中の東京タワー。

この何年かで、非常に暮らしやすくなったなあと。僕はこの時代に生まれて良かったです。

戦後の高度経済期の下町の情景や、風情等のクオリティは高いが、登場人物それぞれのお話が深くまで響かなかった。

心が温まる系の良い作品ではあるが他作品との差別化を図るための評価。

続編が2つあるので機会があれば。
サ

サの感想・評価

5.0
この時代に生まれたら、たとえちょっとしたことでも、色んなことにワクワクしながら過ごせただろうなと思った
>|