ALWAYS 三丁目の夕日の作品情報・感想・評価

ALWAYS 三丁目の夕日2005年製作の映画)

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.7

「ALWAYS 三丁目の夕日」に投稿された感想・評価

655321

655321の感想・評価

3.3
堀北真希さんと須賀健太君はズルいよ。ビジュアルも含めて絶対応援したくなるキャラクター。

ストーリーもキャラクターも正にステレオタイプなんだけど、山崎貴監督率いるハイテク技術+ミニチュア技術とのギャップが良い。
古さと新しさのお互いが、この美化しすぎだと言われる程の眩しい世界を引き立てあって作り上げてると思う。
yukke

yukkeの感想・評価

4.5
邦画のヒューマンドラマを代表する一作。
今さらですが、観終わってそう思いました。

ストーリーは分かりやすく物足りないと感じる人もいるかもしれないが、その分、子供や家族と一緒に観たいと思わせてくれる映画だった。

まだまだモノは少なく、贅沢はできない暮らしをする人が多かった時代。
幼い子供が働き、捨てられ、今よりもずっと貧しかっただろうけれど、

血が繋がっていなくても人との繋がりが深くあたたかかったこと
たくさんの人たちが未来に向かって夢をみて努力して走っていたこと

そんな日常が優しく描かれていて自然と涙が溢れた。

堤さんの頑固オヤジが昭和の父親!って感じでとても好きでした。
次作もすぐに観たい。
naf

nafの感想・評価

3.5
家族で見られる映画って意外と少ない。
笑いあり涙あり、これぞ日本映画。

このレビューはネタバレを含みます

好きな邦画ベスト3にランクイン。下町の優しい感じとか、吉岡秀隆と小雪のプロポーズのシーンには泣いた。
k

kの感想・評価

4.7
4月18日(水)
久しぶりに鑑賞。
もう何回も見ていて、ストーリーもオチも全部分かっているはずなのに、何回見ても胸の奥が締め付けられて、あったかい気持ちが溢れてくる。

淳之介と茶川さんが、少しづつ家族になっていく様子が最高で、ラストの茶川さんが走り出すシーンなんかはいつも気付いたら泣いてしまっている。

テレビが来ただけで町中の人が集まって熱狂する様子だったり、堤真一演じる一昔前の頑固オヤジだったり、ちょっとクスッとしてしまうけれど、どこか愛しい、人間味溢れる人々が暮らす古き良き日本に出会える作品。
古沢さんだから楽しみだったけど、全て予想出来てしまった。
ただ、内容は良かった。
KOTARO

KOTAROの感想・評価

3.9
レトロな人情もの。スコ。
モノとか暮らしが豊かになっても忘れちゃいけないものって感じ。
eg6

eg6の感想・評価

2.2
まぁ、美化し過ぎよね。
この時代に生まれたかったとか昭和に行きたいとか言ってる人もいますが、

殺人も交通事故死も強姦も今より何倍も多く起きていて、川には工業廃水が垂れ流され酷く汚れ悪臭が漂い、排ガス規制されていない全ての車からの排気ガスで空気は汚れ、全ての飲食店でタバコが吸われていて、火災の件数も多く。
一概にいい時代とは言えないと思うけどな。

成長し続けるパワフルな時代ではあったと思うが。

日本の映画は昭和の方が良かったのは確かだ。
鑑賞回数:1
物語:★★★★☆ 4.0
配役:★★★★☆ 4.5
演出:★★★★★ 5.0
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★★☆ 4.0
再見:★★★★☆ 4.0

泣いたわ、泣いたね、泣きました
オート三輪が出てきた時点でセンスの良さを感じたけど、とにかく世界観と登場人物に魅了された
ネットも携帯もエアコンもない、今よりずっと不便な時代に何故か憧れを抱かされる
役者さんも全員素晴らしかった
特に須賀健太君が可愛いし演技上手すぎだしで完全にKO負け
泣いたわ、泣いたね、泣きました
みっき

みっきの感想・評価

4.4
昭和を知らない私でも、古き良き時代を感じられる温かい作品でした。
堀北真希の方言とほっぺたを紅くした田舎娘感がとっても初々しくてかわいい!

吉岡秀隆、初めて見たけど主人公にぴったりでしたね。
>|