ALWAYS 三丁目の夕日の作品情報・感想・評価・動画配信

ALWAYS 三丁目の夕日2005年製作の映画)

上映日:2005年11月05日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『ALWAYS 三丁目の夕日』に投稿された感想・評価

泣けます!
昔の日本の雰囲気が観てるだけで、
感じられる。
笑えるシーンも多いけど、話が終わりに
近づいていくにつれ感動してしまう。
記憶の中ではいちばんはじめにしっかりと見た映画で、ことあるたびに見てます
当時5、6歳のがきにこの話のどれだけが理解できたのかとは思いますが、子どもの時に見た映画は無条件でなんか好きです 

とにかくろくちゃんがかわいいのと宅間先生が好き 原作をちらっと読んだらろくちゃんはぽやぽやした男の子だった

3作あるけど、全て茶川先生にボロボロ泣かされている 人間って醜くて、愛しいね……と思う
感動BGMを頻繁に流すから、全然感動しなかった。親として見たら感動すんのかな
Yosei

Yoseiの感想・評価

4.3
やっと見れた。
やはり高度経済成長期の日本は活気があって、タイムスリップできるならこの時代に行きたい。
いろんな人の人生を見れて、おもしろかった。
子供の時見たなあ良く。
なんだか知らないけど好きだった。

指輪をはめるシーンをなんとなく覚えてる。
冒頭から当時の世界感に入り込める。そして当時の雰囲気を現代の技術でここまで再現できるのかと感銘を受ける。

戦後の勢いのある日本は技術は発展途上だが、人が明るく前向きな空気感がとても今では味わえずタイムスリップしたくなる。
不器用だが人情に溢れる登場人物たちは現代に欠けている部分だと感じた。
ワタ

ワタの感想・評価

5.0
涙で溺れた

素敵すぎるこの映画

本当に心が温かくなる

ないものねだりだけどこの時代に夢に向かってひたむきに生きてる人たちを見て羨ましい気持ちになってしまう

我々が生きてるこの時代には当たり前のように存在しているものが当時ではすごく珍しくてそれを見るだけで興奮してたってめちゃくちゃ素敵

シンプルに泣けるシーンが多すぎるけどお涙頂戴映画じゃないのがまたいい

戦争が終わって日本に元気のあるこの時代ってなんだか素敵に感じてしまう

やっぱり大切にすべきなのは身の回りにいる人たちなんだなって改めて感じることができる

夕日は今の時代でも綺麗だよってこの時代の人たちに伝えたい
がっく

がっくの感想・評価

3.8
昭和っていいなぁと思った
特に駄菓子屋さんが良い
あと、今とは違ってご近所の人との
距離が近くて温かさを感じた
K

Kの感想・評価

5.0
ちょっと良すぎ
吉岡秀隆の表情はなんでこんなええんや
昭和行きてぇ〜
めちゃくちゃ泣けた。シンプルに号泣できるシーンがどんどん出てくる。
>|

あなたにおすすめの記事