メールで届いた物語(ストーリー)の作品情報・感想・評価・動画配信

「メールで届いた物語(ストーリー)」に投稿された感想・評価

sari

sariの感想・評価

2.5
終わりが好きじゃ無いものがちらほら。
加瀬さんはいつの時代も加瀬さんですね。サイコー
ni

niの感想・評価

-
「アボカド納豆。」「ボクはキライです。」加瀬亮にしか出せない雰囲気。
若かりし頃の加瀬亮さんが見られたことと、その物語が特に印象的でロマンチックで素敵だった。切なかったけど、こういうのいいなあ。手紙を書きたくなった。
mii

miiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

泣いてる女の子をタクシーに乗せて、何も聞かずに音楽掛けて音量を上げる運転手さんの優しさが好きだった。
その後忘れ物の携帯を届けてがてらドライブし、取れたコミュニケーションのシーンが印象的でした。
「世界に暴力と悪が溢れているのは当たり前。でも私に出来ることは...ーーーーーーくっそぉどうすりゃいいんだよ〜」
なんとかしたいのになんとも行動の結果を得られない。に、繋がって物凄く共感のシーン。
E

Eの感想・評価

2.7
出演者がこんなに豪華なのに全然頭に入ってこなかった。ながら見してると話の繋がりもほぼ分からないくらい薄い。
最初のやつが普通に可愛かったから意外といいかも?と思ったらそのあとからがほんとうに、感想特に…ってかんじ。よく分からない。

相武紗季ちゃんめちゃくちゃかわいいな〜ってのと、北村一輝さんかっこいいな〜くらい。
parfait

parfaitの感想・評価

2.8
3つのストーリー同士の繋がりがもう少しあるともっと面白い気がする。
DVD📀所有。加瀬亮、相武紗季、吹石一恵、岡田義徳、大倉孝二、北村一輝、原沙知絵、津田寛治ら、人気キャストで届けるメール恋愛オムニバス。「mail」は「生きない」(98)で高い評価を得た清水浩が、「CHANGE THE WORLD!」は「新・静かなるドン」(97)などのヒットシリーズやVシネマを手がけた伊藤裕彰が、「アボカド納豆。」は『夜逃げ屋本舗』(99)などのヒットシリーズを手がけた鈴木元が、「やさしくなれたら…」は「京浜抗争史外伝 最後の組長」(01)など骨太な演出に定評がある鳥井邦男が監督している。
いろいろ詰まってる、を楽しむアンサンブル。
ベタな一作目が平和に観れて良かったです。
s

sの感想・評価

2.0
動画
・1つ目の加瀬亮と相武紗季のがベタだけど可愛くて良かった!
・2つ目と3つ目は謎
・4つ目のストーリーはつまらんけど若い北村一輝イケメンw
minorufuku

minorufukuの感想・評価

1.6

このレビューはネタバレを含みます

メールを題材にしたオムニバスショートストーリー。
2005年制作。

穏やかだがユルめのお話しで軽く観るにはちょうど良いものばかり。基本優しさとか癒しをテーマにしているのだが、全てのお話の中に2、3コおかしなところが必ず含まれている下手な脚本揃い。郵便局員が客の封書を勝手に開けて見るとか、網膜剥離手術後すぐにタクシー運転手になるとか、架空請求の被害者リストに入れられた恋人を救うために全データ消してしまいヤクザに捕まるとか。恋人のデータ1件だけ消せば良かったのでは?
全体的に不快というほど粗くはないが、感動できるほど深い話でもなかった。許せないほど酷い出来のものはなかったけど。一応全ての話がリンクしているのだが、まさしくどうでもいい繋げ方なのでやる意味なかったかなあ、と。

第一話のヒロインが相武紗季で、二話が吹石一恵という最近結婚した女優さんが続いて出てくる。10年前なので初々しい。多部未華子はおそらく高校生くらい。若い。
>|