ハロルド・スミスに何が起こったか?/ミラクルショー ハロルド・スミスに何が起こったか?の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • イギリス映画
  • ハロルド・スミスに何が起こったか?/ミラクルショー ハロルド・スミスに何が起こったか?の映画情報・感想・評価

「ハロルド・スミスに何が起こったか?/ミラクルショー ハロルド・スミスに何が起こったか?」に投稿された感想・評価

10年近く前に見たはずだけど、チャリ様が変な髪型してたことくらいしか記憶にない…。

もう一回見てみる。
pumi

pumiの感想・評価

3.0
古く地味な日常系コメディ作品で見やすく。
デヴィッドシューリス目当てに視聴〜脇役らしい出番で弁護士クソヒゲ上司役…カツラとつけヒゲで可笑しかった。
犬

犬の感想・評価

3.3
万年筆

1970年代のイギリス
18歳のヴィンス・スミスの父ハロルドは、退職し家で静かな生活を送っていた
しかしそんな2人は、老人ホームでのパーティーで腕時計を止める手品を披露するが、それが原因で老人3人が死んでしまう

マジックか、それとも、、

ちょっと風変わりなコメディ

スプーン曲げなど
いろいろ奇想天外でした

家族の物語

ロマンスもあり

髪の毛がスゴいです笑
70年代懐古ムービー。
トラボルタにかぶれるサラリーマン(学生みたいに若い!)がカッコよくなりたくて、童貞捨てたくて悶々とする青春もの。
父親が超能力者というのがポイント。テレビしか楽しみがなく、妻にもバカにされているパパが、マスコミの好奇の目や社会の迫害もどこ吹く風で息子に人生を啓示してくれる。
「サタデーナイトフィーバー」やロンドンパンクなど当時の風俗てんこ盛りで楽しい。イギリスの父子物ってどうしてこうチャーミングなんだろう。
kiryu

kiryuの感想・評価

-
1970年代衣装参考

時々思い出して、観たくなる作品。

今となってはラストがありがちではあるけれど、観た当時はびっくりしつつ、ちょっとじんわり。

また今度観よう。
たなぴ

たなぴの感想・評価

5.0
たまたま手に取ったけど、何故今まで出会わなかったのかと思うほど、予想外にハマってしまった。
音楽とファッションの関係性が明確な、まさに好きなジャンルの映画。

とても個性的な人たちの集まりの中、超能力を持ったハロルドをテレビ好きで当たり障りのない割と普通な人と描写したのが、引き込まれたもう1つの要因だと思う。
息子を助けるフィーバーポーズのハロルド・スミスには、まさに拍手喝采。惚れ惚れした。

誰かのことを知りたいと思った時に、その人の好きな音楽を聴いて、その人とともにその音楽が好きになる。
そんなビンスの行動や、その他不器用なところも、共感を覚えた。

まさに英国式の部屋の雰囲気など、映像もとても素敵だった。

観終わったあと、思わずThe Clashを聴いていた。
ピーター・ヒューイット監督の【ハロルド・スミスに何が起こったか?】を観ました
ちなみに原題は【Whatever Happened To Harold Smith?】で1999年公開の映画です
ピーター・ヒューイットは実写版【ガーフィールド】や【ビルとテッド】シリーズの二作目を監督したりしてる人ですね
1977年、映画【ショート・サーキット】のジョン・バダム監督が映画【サタデー・ナイト・フィーバー】を世に送り出し、世界はディスコブームに沸いた
またその年はセックス・ピストルズがファーストアルバム「勝手にしやがれ」を
クラッシュがファーストアルバム「白い暴動」をリリースした年でもあった
そんな時代を背景に、【ハロルド・スミスに何が起こったか?】はイギリスの都市シェフィールドを舞台にスミス家の日常を描いた映画ですね
流行り物に感化されやすい息子ヴィンス、売れないマジシャンの兄、まだまだ遊び足りない母親、テレビとパイプが生き甲斐の父親ハロルド
家族にとってはハッピーエンドとは言い難い終わりを迎えるんだけど、そこが魅力的な気もする
あくまでも父と子に焦点を絞った映画なんですかね
名作というよりは佳作、観終わると何故だかディスコへ行きたくなっちゃう
hiro09

hiro09の感想・評価

3.1
ほんわか
あったか
かわいい
主人公の憎めなさが可愛かった^_^

あなたにおすすめの記事