イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語の作品情報・感想・評価・動画配信

『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』に投稿された感想・評価

mumbleboy

mumbleboyの感想・評価

3.6
ガチ世代なのでこれはと思い観てみました。The Smiths、日本語表記としたはザ・スミスなのですが最後にsが来る分最後に小さく「ス」を加えて欲しいなと思ったのですがこれはそもそもそんな表記の方法がないんですね。日本語表記もより言語に近づけていくために進化してもいいのかなと思います。

こういうミュージシャンの生い立ちを題材にした作品って大体解散とか場合によっては死に向かってストーリーが進むものが多いので割とネガティブになりがちですが今作はモリッシーがジョニー・マーとザ・スミスを始める直前までの話なので途中は下がる部分もありますが最終的にはこれからが始まりというポジティブな終わりかたなので後味は悪くなかったです。今作は音楽いうよりはモリッシーとその廻りの人間関係を題材としていてその辺の話は聞いたことなかったのでとても興味深かったです。特にリンダー・スターリングという方のこと初めて知りましたけどすごく魅力的でモリッシーやザ・スミスとはまるで違うビジュアルのアートを作る人なのでモリッシーと友人ということが驚きなのですがその挑発的とでもいうべきな作風は考えてみればモリッシーの歌詞にも全然あるのである意味納得かなと思いました。ザ・スミスのドキュメンタリーとかにおけるモリッシーは割と堂々としている感じですがザ・スミス以前のスティーブン・モリッシーは実際どんな感じだったのでしょうか。ジャック・ロウデンが演じた今作のモリッシーはちょっと控えめで独りでぶつぶつと過激なことを言っている感じでしたが果たして現実はどうだったのか。多分それは我々が知る日は訪れないのかなと思います。今作もそうだったと思いますがこれからもモリッシー本人が公認する映画というのは作られることもないと思いますので今作はあくまで1つの解釈ということだと思います。モリッシー本人らしさを求めるとちょっと物足りないかも知れませんが彼の人間関係等をより詳しく知るにはいい作品かなと思います。あとはちょい役でジョディ・カマーが出演していますが彼女が演じてるクリスティーンという人物はモリッシーとリンダー・スターリングがこんな女いるよねって語り合ってた話のネタから作られた架空の人物らしいです。

あと気になる方に気をつけていただきたいのはザ・スミスの曲は1秒も流れないということです。自分もそこはそれほど期待してなかったですが見終えた直後に今作のタイトル「イングランド・イズ・マイン」という歌詞が歌われる「Still Ill」という曲を聴きました。やはり最高ですね。今作では語られないジョニー・マーの音楽的天才っぷりも観れる映画があったら素敵だなと思いますがおそらく作られることはないでしょうね〜。
いや国内版ポスターの詐欺っぷりよ。
お話はなんだかとても良かったなぁ。孤高の天才が少しずつ変わって様。シャングリラスもかかるし。ゆったりしたヒューマンドラマとして好きですね。
non

nonの感想・評価

4.0
ザ・スミス関連でジャクロ主演に惹かれ鑑賞。

モリッシー役のジャクロが可愛い。
リンダー役のジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(ダウントンアビーのシビル役)がいい。ジョディ・カマーも変な役で出ている。遊園地のシーンでsparksのthis townが流れてお!となった。

ビリーとの出会いと別れ、
ジョニーとの再出発。

母の愛。

監督のインタビューも読んだ。
『スティーヴンも最初はモリッシーではなかったからね。モリッシーはスティーヴンが生き延びるために装着した仮面だと思うんだ。』
これはザ・スミスのモリッシーではなくスティーヴンの物語なんだと。
アンジーのご遺族の話も泣けた。

スティーヴン役のジャクロ
とてもよかったよ。
ま

まの感想・評価

-
ザ・スミスのこともモリッシーのことも本当に何も知らないので内容には特に何も ただこのジャクロはかなりいいな〜と思った
Solo1968

Solo1968の感想・評価

1.8
モリッシーのsmith誕生に至る物語。

そもそも自分はsmithのアルバムは3枚位しかもってなく、特に熱狂的なファンでもないことや、モリッシーのキャラクターや歌詞の世界観よりもジョニーマーのアンサンブルが好きなのと、一言で言えばそんなにsmithの良さを知らないので、本作は見終えた限りでは、熱心なファンの人が観て受け取れる感動や楽しさはほとんど感じられず。
当時の時代感空気感は充分に堪能出来たが、モリッシーというアーティストの感性など、口数も少なく、あからさまな分かりやすい言動も作品内には少なく、またかなり文学における基礎知識などをもち得ていない自分には 劇中で引用される イギリス文学の一部やそれの皮肉などの彼らとしては当たり前に交わされる会話にも何一つ理解が出来ず 分かりやすく言えば 置いて行かれて最後までついていけず。という事だ。

ひとえにロックスターの誕生エピソードと言っても
分かりやすい?破天荒な荒くれ者とか、そういうキャラでなく詩の世界観が大きな才能として活躍しているモリッシーだけに、やはり後にsmithとして世に送り出した名作はこのような彼の経験ありきというドラマを見てより深く味わえるのも 限られた熱心なファンの方だけになるだろう。

モリッシーの独特の見た目とはかけ離れた 皆の知る モリッシーのヘアスタイルになる前の 主人公からは、全くそれが想像しづらく、劇中で使用される楽曲もやたらと短く そのあたりもストレスを感じた。
Seiudinho

Seiudinhoの感想・評価

4.4
ザ・スミス何曲か聴いたことあるけど実際全然知らんしモリッシーも知らんし!
けどすごい良かった。響く。
1人だけヘッドフォンで音楽聴いてる赤いシーン絵的にめちゃくちゃカッコよかった。あーいうの撮りたい。
ghost

ghostの感想・評価

3.1
話し方、すごくモリッシーだった。

スミスを死ぬほど聴いてきた人はすぐわかると思う。
モリッシー役ジャック・ロウデン、話し方、立ち振る舞い、すごく研究したことがわかる。

彼はインタビューで「たぶんモリッシー本人は気に入らないと思う」って言っていたけど、誰でも知ってる程度に気難しいミュージシャンだ、彼が気に入るなんて誰も期待できない。
気にすることない。

ほら、もう1人のイングランドの伝説-そしてやはり気難し屋-ジョニー・ロットンもセックス・ピストルズのドラマに難色を示してる。
2人とも気難しくて皮肉屋で頭はいい。

でも彼らの気に入るものができたとして、それが僕らの気に入るかは別の話だしね。

とはいえ映画としての良し悪し、スミスを知らない人もそこそこ納得できるものだろうか?

ということでつけた採点は僕がスミスを知らないで観たテイでならこのくらいだろうな、って点で。

映像はヨーロッパ映画の詩的な美しさ。
若者の自分探しと葛藤。
そういう映画。

思えばモリッシーにすれば自分の内面や人となりを自由に想像して描かれて「そう、まさにその通りだった!」なんて、そりゃならないよね。
ジョニー・ロットンもそうだろう。
ロットンを描く方がハードルは高そう。
彼の過去インタビューなんか読むとほんと頭いいなって思うこと多い。
頭のいい人をきちんと描くのは難しい。

ともあれ、
観よう、スミスが大好きな人は。
楽しめるよ。
何度観てもだいすきな作品。
この世界に居場所がなくても、私の世界は私をちゃんと必要としてる。
"あなたはこの世にひとりしかいないの。レプリカは存在しないし、ありのままで特別なのよ。そのために戦って"

映画の終わりがザ・スミスのはじまり。バンド自体はあまり詳しくないけど、昨日しょうパパとマーク・ギル監督の話をしたので熱いうちにと即鑑賞!タイプライターでの作曲素敵◯
私も、《何もしない安心》のほうをとっているのかもしれない。戦いたいな!
kuu

kuuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

メモ+タイプライター+壁紙◎



スティーブン・モリッシーがジョニー・マーと出会い「ザ・スミス」が誕生する直前までのお話です

暗くて陰鬱な印象ですが『ショップリフターズ』より遥かに良かったです
本人は内容を否定しているようなのでフィクションとして観ることをお勧めします

スミス結成までの話なのでスミスの楽曲は出て来ません
そこが私にとっては好印象でした

読書家で才能を秘めたモリッシーが他者を鋭く観察し毒を吐くのが面白かったです
自己肯定と自己嫌悪の板挟みに苦しむ姿もリアルでした
私生活では社会不適合と思われるシーンも多く紙一重の人物だったのかも知れません

モリッシーの信者でもファンでもないので描かれいてるであろうキーワードや描写は拾えませんでした
夢と現実の間で揺れ動き傷付き悶々とする若者の前に道が開けるラストが救いでした💕
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品