プロジェクトA子 完結篇の作品情報・感想・評価

プロジェクトA子 完結篇1989年製作の映画)

Project A-Ko

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.0

「プロジェクトA子 完結篇」に投稿された感想・評価

青二歳

青二歳の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

完結編というけど元々ストーリーがあってないようなアニメでどんな落とし所つけるのかと思ったら…クリィミーマミもとい先生の見合い結婚話で話が始まるとは…一応初期の設定が活かされてC子の出生の秘密につながって行きました。もう忘れていましたよ王女C子なんて話。
3作目の“シンデレラ”で登場したKくんは、少女たちの世界を拡げる役所になるんですね。いやKくんの扱いはもうヒドイ有様ですけども。
A子とC子の友情は幼稚とも思える仲の良さで(原作の同人誌では百合関係と明記される)、B子も幼い独占欲をフルスロットルでぶつけていて、少女時代の緊密な関係性に終始する“プロジェクトA子”。Kくんは一応その少女の世界において変数として働きます。一応。なるほどなー

お馴染みのパロディでは"あしたのジョー"くらいかと思ったらまさかの石ノ森章太郎“サイボーグ009”やりやがった…
さらになんとラムちゃんランちゃんの幼少期でカメオ出演やらかしとる。後ろ姿ですけども…いくら“うる星やつら”チームが作ったOVAとはいえ…これ許可とってなさそうだなぁ〜。こういう大らかさがいい時代だし、この作品の魅力ですね。
highland

highlandの感想・評価

2.0
完結編ながら、全く収拾をつける気がなく最悪なぶん投げだった記憶。精彩を欠いており全くまとまりがない。
A子をはじめとする生徒たちから好意を抱かれている美人教師が、ワケアリの青年とのお見合いを決行したことにより、生徒たちの日常生活があらぬ方向へと転がっていく。80年代に人気を博したSF学園エロバカ格闘アニメの4作目にして完結篇。

過去作のキャラが「あの人は今」状態で総登場して、良い意味で期待を裏切ってくる。思ったとおりになるフラグと、思ったとおりにならないフラグが同時に立つあたりが、プロジェクトA子らしくて、すごく楽しい。

他作品のパロディがふんだんに盛り込まれてあるのは従来どおり。アウトにならないようギリギリのラインで回避しているのが笑いを誘ってくる。(今でいうと、アニメ「銀魂」のパロディ演出が近いかも知れない)

グリグリ動くアニメーション技術と、メカニックの精緻な描き込みはあいかわらずハイレベルなもの。総合的には第1作目のクォリティに及ばないものの、日本のクリエイターにしかできないイマジネーションの世界を存分に堪能することができる。