プープーの物語の作品情報・感想・評価・動画配信

「プープーの物語」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

4.2
ずっと意味わかんないし
特に意味なんてないけど

超ゆるイイ感じなワケ^^

絶対好み別れるから、レビュー観たくない映画上位
わたしも、スキとかキライとかの概念でないかも^^
Timewalk

Timewalkの感想・評価

1.5
2020.11.11 U-NEXT

監督:渡辺謙作
出演:鈴木清順、原田芳雄
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

2.0

有名監督も昔はこういうところからスタートしてたのね、とほんのり優しい気持ちになれる。
話はもうなにがなんだかのロードムービー。

國村隼と原田芳雄だけがちゃんとしてるので良くも悪くも目立つ。
今話題の百合映画であるが、サブカルのダサいところが全面に出てしまっている。
が、原田芳雄と國村隼のスプリットスクリーンのシーンなどは鈴木清順の弟子なだけあってカッコ良い。
てか、ラストで謎のオッサン役として清順が出てくる。
akiospirit

akiospiritの感想・評価

4.2
どの場所も良い。軽やかに捻っているロードムービー。どういう原作。
堊

堊の感想・評価

3.4
びっくりした。鈴木清順を百合映画作家だと引き受けた上でリトルモアの90年代末ノーテンキ感と悪魔合体してる。「1378グラム」を巡る原田芳雄と國村隼のスプリットスクリーン銃撃戦は素直に楽しいし、上原さくらのためにあてがきされたようなスズのキャラクターや松尾れい子のモノローグもハマっている。。脚本の薄ら寒さもリトルモアっぽい鈴木清順オマージュだと考えれば、、それだけで全肯定してしまいそうになる。撃ち殺される鈴木清順、死なない鈴木清順。それにしてもこれがテアトル新宿で三ヶ月レイトショーなんて…景気のいい時代。

ラジカセを武器に殴りかかってそのまま音楽がラジカセから流れ続けるのもめっちゃかっこよかった。なんかでパクる。
過激でキュートなロードムービー。
そして、
ノーテンキで意味不明なおバカ映画。

全力で空回りイコールおもしろいに繋がるはずが、
この映画はそうでもないです。
嫌いじゃないけど、おもしろくない。

上原さくらが可愛くて自由奔放でイライラします!!
こんな子、好きだーって思いながらイライラしてました。
HONEY

HONEYの感想・評価

1.1
なんだこのクソつまらん映画は…(ー_ー;)唯一の救いは72分で終わってくれたこと。こんなアホらしい映画に原田芳雄が出てることが甚だ不思議でしょうがない。あと國村隼がめっちゃ若いね。
あぴ

あぴの感想・評価

3.0
雰囲気が良かった。
前半のテンポはすごくよかったけど中盤からだれた。わざと変に作った感がある。
すずがとにかくかわいい。上原さくらのために作ったのかとゆうぐらいにすずが合ってた。唯一気になったとゆうかいらなかったのはトランクマンだな。